2019年モデルのDAHONとternの自転車【展示会】

前回につづいて今回も展示会の内容です FUJIをご紹介したので 今回はDAHONとternです ternは折り畳みとROJIバイクがありますので 先ずは人気のROJIから紹介しましょう Clutch ¥53,000 +tax 人気のクロスバイク フロントシングルでリヤのみのギヤだが あえてのフロントシングルで走破性をしっかりと考えたモデル コラムも少し長めにしてあるので 前傾姿勢を取りたい場合にセッティングがしやすくなってるのも特徴の一つ Crest ¥52,000 +tax 小径車でありながらヘッド部分はクロスと同じようになっており 小径車特有の長いヘッドではないモデル 理由としてはフロントフォークが2段式になっている こっちもコラムが長いので深い前傾姿勢が取れるモデル カゴを取り付けたり、泥除けを取り付けたりも出来るモデルなので 意外と何でも出来るモデル Surge ¥92,000 +tax / ¥95,000 +tax(POL) ミニベロロードとしてかなりのイカしたバイク 自転車としてはフレームも他のメーカーで見ないような扁平フレーム 小径車ながら存在感は◎ パワプロで言う威圧感○みたいな感じ あとポリッシュは工程が少し違うので価格が違うので注意です Rip ¥79,000 +tax / ¥83,000 +tax(POL) 同じく扁平フレームでクロスバイクと言えばこれ ブルホンにしたらカッコいいバイクだろうなーと思ってたら 隣にカスタムバイクがあってやっぱりブルホン化してた うん カッコいい ROJIはここで終わって お次はフォールディング Link N8 ¥76,000

2019モデルFUJIの展示会にGOしてきた【展示会】

どうも 関西の展示会をスルーして関東の展示会に行ってきたひよこです 忘れていたわけではないのですが 休日に合わせていけるのが関東の展示会だったんです 合わせてターンやDAHONもあったんですが 合計100枚近くいったんで 流石に分けます なのでタイトルは変わりますが 実際は2部構成になると思います 一部FUJI 二部tern DAHON ではまずはMTBからのご紹介 NEVADA27.5 1.9 ¥60,000 +tax このお値段でディスクブレーキとかなりコスパが良い感じです 代わりにディレーラーはターニーにしてあり駆動回りでのコストダウンのよう ダウンチューブの下BB付近にボトル台座がある辺り ボトル増設も考えてあるんでしょうか 考えてますね カラーはカーキとグレー どちらもマット塗装タイプです ネバダの上位モデルは油圧に変わっておりDEOREが装備されてます これだけでもかなりパフォーマンスが向上してます 1.5と1.2です こっちが1.2 こっちが1.5 ただカラーは1.5がマット塗装 1.2がクリア塗装です 続いてはロングセラーバイク ROUBAIX 1.1 ¥215,000 +tax ルーベですね シリーズがクロスバイクにもあります こちらはロードでアルテ仕様です 次はロードからシクロへ FEATHER CX + ¥98,000 +tax 昨今はグラベルが出てるので少し減ったようにも思えますが シクロクロスです ただディスク装備なのでシクロなのですが グラベルと言ってもいいんじゃないかなぁと でもケーブルがトップチューブ上を通ってるんで やっぱりシクロ カラーはブラ

こんなの探してた!って人が意外といるコレ【parts】

さぁいよいよ8月です 7月の京都歴代最高気温は見事に記録が総塗り替えされました もはや京都史に語り継ぐべき案件です リトルリーグに大リーガーが来たようなもんです ツールだと7連覇して後のドーピングで剥奪されたあの人のようです 最近だとユヴェントスが7連覇してましたが前人未到だったようです ツールは現在スカイが総合1.2位ですがフルームは2位です これでフルームが総合優勝すると5勝クラブとして名前を連ねます これはこれで楽しみですね そんなツールの機材はロードバイクです そして日本ではツールとまでは行きませんが ロードバイクもそこそこに走ってます そしてない方がいいんですがやはりあるのが盗難 こればっかりは防犯意識をしっかりしてても盗まれてしまう場合があります なので基本的には「自転車から離れない」を徹底です といってもトイレや食事と言った生理現象には勝てないのでその場合に人気があります でも主にサドルを守るアレです GP Combination Lock ¥1,000 +tax 小さく持ち運びの簡単なワイヤーロックです 主に用途としてはサドルが盗られない為のサドルキーパーで人気です 今でも偶ーにサドルが盗られたといった案件があります 自転車。。特にスポーツ車はプラモのようにパーツの集合体で 工具さえあれば簡単に脱着が可能です なのでトップチューブに乗って走るわけにもいかないので 高価なサドルを付けている場合は予防も大切になります 当店でもたまーに問い合わせがあるんで 全国規模で考えたら相当数あるんだろうなーと思ってます さてこのコンピロック ダイヤル式です 変更方法は裏面に記載

夜のお供に人気だったアレが改良されて帰ってきた

7月は大雨だったり京都で39.8℃を出したりとカオスでしたが 8月はどうでしょうね。。。 雨が。。。 多少の雨でもいいから涼しくなってほしい。。。 すこーしずつ 本当にすこーしずつですが 陽が落ちるのが早くなってます 夏至が終わったのでこれから冬至に向かってるので 日照時間が減っています まったくそんな気してないけど 逢魔時ですね 別名だと「黄昏時」とか「大禍時」とか言われます この時間は薄暗くなり魔物が出そうな様子の事を言います 厄災が起こりそうな時間帯とも言われますね 時間にしたら昼から夜に移り変わる18時前後でしょうか 確かにこの時間はまだ周囲は見えるけど少し影が出て薄暗く感じる場所が増える と言った時間帯を言い得て妙です 事故が起こりやすい可能性も昼より夜の方が多いです 特に夜間はライトの存在がとても重要になります そこで今回はコレをご紹介です CROPS EZ500mu ¥3,700 +tax 前モデルのEZ400を改良したEZ500 基本的には性能のアップです オートライト(明暗視認振動感知センサー)なので暗くなれば自動点灯です もちろんスイッチ一つで通常のライトのように光らせ続けることもできますし 点滅、点灯パターンもスイッチ一つです USB充電式なので 一度充電した場合 連続点灯させれば約5.5時間 点滅モードでは最大で約200時間ほど使うことができます 取り付け方も 元がクリップ式なので アタッチメントを取り付けてシートポストに取り付けたり そのままリュックやサドルバックのトップ部分にクリップで引っ掛けたりとできます あー あとコレ バッテリーの残りもわかるイ

スポークが折れちゃうと大変【repair】

雨はしばらく降らないだろうとのことです あんだけ水があったのに今度は水不足の可能性とか なんと極端な気候でしょうか。。。 あまりの暑さに小さいプールに足を突っ込んでブログが書きたいひよこです 最近はそこかしこで熱中症と言われてますが そりゃ歴代最高気温を更新し続けてる今年は異常としか言えませんね ほんとう、エアコンなしは自殺行為です エアコンあっても熱中症になる人いるんですからね。。。。 暑いと言えばツールもかなり盛り上がってますね 総合1.2位がチームスカイと圧倒的な強さ しかもフルームは現在2位ですが 忘れてはいけないのがツール最序盤で落車してタイムを失ってたんですよね 流石と言うべきか恐ろしいと言うべきか 徐々に巻き返してからの2位に一気に躍り出ました 第3週目が楽しみになってます さて、本日はホイール交換の作業です スポークが折れてると持ち込みがありまして 1.2本くらいならあまりキツイ状態でなければ入れ替えて修理はできるんですが 流石に6本近く折れてたので緩めてみてもリムがかなり曲がってたのでホイール交換になりました 既にゆるい状態だったのでスプロケを外すにも少し手間がかかりましたが なんとか外せました あとは簡単に掃除してスプロケは完了です ホイールを取り寄せしてスプロケとタイヤを取り付けて完了です 変速も合わせて調整しますが 恐らくハンガーが少し曲がってる様子 現状で乗れる状態であるのでこのままでいいとのことなので 調整だけしておしまいです まだ京都で「熱のせいでタイヤが溶けた」とは聞いてませんが 流石に暑さ本番の8月はなるべく日陰に自転車を置いておく方がよさそう

ちょっと変えるだけで印象はこんなに変わる【custom】

京都の最高気温予想は39℃らしいです 今年なら40℃は超えてくれるでしょう ちなみに、歴代最高気温は 7月は39.8℃(2018年7/19) 8月は39.8℃(1994年8/8) うん これ絶対に更新できる K点突破も余裕で絶対にできる。。。 だって7/14から18日まで連日で記録塗り替えてますからね。。。 この気温を測ってる場所って 下が芝生になってて1.5mの高さにある日陰になってる箱の中で計測しているので 実際のコンクリートジャングル+直射日光だと 体感温度は40℃絶対に越えてます 打ち水作戦でもしたら1℃くらい下がるでしょうか。。。 涼しくなるならなんでもいいですね。。。 さて今回はカスタム編です 元をベースにしてそこからカスタムしたバイクのご紹介です ライトウェイ シェファードシティ はい 素体はコチラ パープルフレームにクリームのタイヤが入って 白いサドルとグリップがついている涼しげなバイクです これをベースに改装します と言うことで改装したのがコチラ かなり印象が変わりました グリップは白からカラフルなグリップに変更です 使ってみて判る握りやすいグリップ 単体なのでカラーを好きに選ぶことができますよ そして荷物を載せるキャリアも取り付け 通常であれば積載する荷物は紐で括り付けるのですが リアカゴを取り付けてあります リュックなどは背負えますが コンビニやスーパーで買い物しても入れられる! 6個入り卵を買っても置けるスペース! ・・・・ 積載量的にはパニヤの方が入りますが やはりカゴの方が何かと便利なのは便利です カラフルなカスタム かっちょいいカスタム 自分の愛車

お出かけのセットとして人気ですコレ

あまりの暑さにアスファルト溶けるんじゃねぇかと思いつつ クーラーの効いた店で仕事してます ひよこです いつだったかのツールでフルームのメカトラ原因が 溶けたアスファルトが付いて起こったってありましたね あれを聞いた時にアスファルトって溶けるほど向うは暑いのかと思った事があります 夏到来してます 冷やし中華のタレも蒸発するような暑さです 夏と言えば自転車での旅行をする人が多いのです これは何年経っても変わらないので メインは学生さんが多いようですね 夏休みになる今ぐらいの時期にボチボチと問い合わせが来ます コレ TIOGA コクーン ¥4,500 +tax 前輪を外すだけのすっぽりタイプの輪行バックです 写真ではサドルも差し込んだまま袋に入れてますが 実際はサドルを一番下げた状態にするか 外す必要はあります そしてこれはクロスバイク対応のバックです しかも後輪側を立てると転がせる仕組みなので ずっと担いでってことをしなくて良いのでなかなかに便利 これはボトルに入ってるので ボトルホルダーに差し込むこともできるし ボトルに入れてる状態でバックなのに入れても嵩張らないので かなりオススメですよ ロードバイクにはこっちを TIOGA ROAD POT VP ¥5,700 +tax こっちは前後輪を外すタイプです 後輪を外すので リアエンド金具もセットになってます なのでこっちの方がよりコンパクトに持ち運べますね こっちも同じくボトルホルダーに入れることもできますし バックに入れることもできます ただ、袋は撥水効果があってもかなり濡れると浸みこんでしまうので その辺は注意が必要ですよ あ

OUTLET自転車のご紹介 part3

猛暑が続いてバテています。まだまだ暑いのが続くみたいです。 この夏を無事に乗り切れるか不安しかありません。 睡眠不足、食欲不振、暑さの疲れで毎日ボーッとしています。 日本でもシエスタ制度を導入するか、3勤1休制にならないかと切望します!! サマータイムは嫌ですけど・・・。 そろそろ本業の自転車の紹介です。 のOUTLET自転車はこちら!! ミニベロタイプです。6段変速になります。 気になる傷はこちらです。 フロントフォーク右側に塗装ムラあります。 チェーンステーの所に小傷あります。 最後に気になる価格ですが・・・ OUTLET価格・・・・・・・・・・・・・・¥19,980ー(税別)です。 楽●市場とかで販売価格が¥32,000(税込)ぐらいなので1万円程度お買い得になっています。 傷とか気にしない方は衣笠キャンパス店にお急ぎを!!

大改装びふぉーあふたー【custom】

なかなかカオスな梅雨が過ぎ去って夏到来! 到来・・? 35℃は平均で越えてるから夏と言っても大丈夫 今回の大改装はよくあるカスタムです ではまずはこちらを ほい 今回の素材となるエスケープRX3です それが こうなります 3か所ほど見てわかるところを変えてます 答えはグリップ、サドル、ホイール周辺です サドルは当店でも人気のRe:med クッション性が高く男女共に使えるサドルです グリップはエルゴングリップ しかも日本限定の黒/黒仕様 握りやすく初めから自分専用のグリップを握っているかのような握り心地のグリップ そしてホイールはアクシウム タイヤはコンチのGP4000SⅡ 足回りは持ち込みでロード系に クロスバイクならなんでもロードホイールが入るわけではなく エンド幅と言うのが肝心になってきます 現在はディスクブレーキの関係で主流のエンド幅は変わりますが クロスバイクは130mm・135mmとだいたいこの2種に判れます そんで130mmはロードバイクと同じ規格なので 取り付けが可能です ただし取り付けが可能なだけで その後のシュー調整などはしっかりと行わないと実はタイヤに当たってた なんてこともありえます なので基本的に規格が合えばクロスバイクにロードバイクのパーツを取り付ける なんてことは可能です そして 一部は持ち込みで組み付けだったりします 確実に言える事は固いホイールになってるのでガシガシ踏んだらグングン進んでくってことですね ちなみにホイールを変えるときにスプロケも外すので 軽く清掃 その他フレームも汚れている部分を軽く清掃してからの組み付け サドルも破れているので外

今度はクランク交換【repair】

以前の記事の続きです こっちを先に見ても見なくても大丈夫です 前回はリアディレーラー巻き込みで割と大惨事な具合でしたが 無事修理も完了しました そして次はクランクを交換です これが外す前の状態 見るとチェーンリングが尖ってます これだと歯飛びする可能性があります なのでチェーンは新品に変わったけど 噛みあわせが悪くて踏ん張ったらガシャンと滑ってしまうかも と言うことでクランクも交換となります 先ずクランクを外してBBもグルんグルんして外します 今回は呪いは掛かってなかったので 比較的簡単に外せました 入れるBBとクランクはこちらに用意して BBは少し錆びが出てるので掃除して 綺麗になったらチョコレート塗って BBはホローテックⅡなので入れて クランクを填めて完了です あとは変速調整も再度行いチェーン落ちしないかなどを確認して作業終了 これで前後とも問題なく走れます スプロケは?と思う方も多いかもしれませんが なぜかチェーンリングより綺麗で削れがほぼ無かったのでそのまま流用です あとはFDが壊れた場合は流石にストックはもうないので STIレバーごとの交換になります

direct attachment is strong【repair】

翻訳すると「直付けは強い」です 直付けとはもちろんアレです 毎度、お馴染みのディレーラーハンガーです あと今回はちょっとした互換性(周知の事実)も少し入ってめう 今回は直付けのハンガーの修理なのですが ディレーラーが見てわかる通りバックリです ついでにチェーンもスプロケの裏に入り込んでたりと どうやら変速を切り替えた時にスプロケを飛び越えたらしく そのままリヤメカが引っ張られて巻き込まれた感じです もはやここまで壊れてしまってはチェーンも交換ですし リヤメカに至っては修復不可ですので交換です 車輪を外して スプロケを外して チェーンを外します そのまま外したスプロケはついでに清掃 汚れてたから綺麗になりました お次にハンガーの修正です 今回はかなーり曲がってしまってるので修正が上手く行くでしょうか 今回はかなり3D構造的に曲がっていたので 流石にぽっくり行きそうなくらいでした なんどかグニグニして修正完了 新しいリヤメカとチェーンを張り直して修理完成です 現行のSORA(RD-R3000)を取り付けてます レバーはST-3400です 2世代前のレバーに現行モデルのR3000は動きます これは「おじいちゃん」と「孫」の互換性あったと言うことですね(意味不 ちなみにTIAGRAは現行モデル(4700)と旧モデル(4600)では ディレーラー系統の組み合わせはNGです これは4700系の引き量が変わったのでどちらにも互換性がないというわけです(1敗 ちなみにスプロケはOKです チェーンはダメなのになんでスプロケはいいんでしょうねぇ? とRシリーズになってなくとも互換性がなかったりとす

OUTLET自転車のご紹介 part2

昨日も今日も暑いですね。きっと明日も明後日も暑いんでしょうね。夏だから・・・・。 最近は春も秋も暑いですけど・・・。 寝苦しい日々が続くと思うと憂鬱です。気分はブルーです。 そんな気分の時にご紹介するOUTLET自転車はこちら!! グリップ、サドル、タイヤ、チェーン、リム、ブレーキアウター、シフトアウター全てがブルーです。 まさにオールブルー。(誰かが探している場所みたいなですけど・・・) 6段変速のスポーツ車タイプになります。 気になる傷がこちら ダウンチューブ左側に傷あります。大きい傷2つ、小さい傷1つ合わせて1cmくらいになります。 こちらの自転車OUTLET価格¥18,980(税別)で販売中!! もちろん1台限りの自転車になりますので 気になる方はOrange Bike衣笠キャンパス店に急いでください!!

あやとりしました【repair】

遊んでませんよ 1つの作業に対して言い方って様々あるなーと思いました ホイール組み、あやとり、編む、仕立てる これら全部 スポークからホイールにするまでの言い方です 「ホイール組」とか「仕立てる」はまさにそのままですが 「編む」とか「あやとり」って言われるまで全く気にしてませんでしたが 面白い言い回しです 確かにスポークを編んでホイールを組むので「あやとり」とか「編む」はしっくり 起源をちょっと調べてみても特に出てこなかったので あやとり=編む=ホイールを組むになったんでしょうね なんでこんな話題で3分の1も消化してるかと言うと ホイールを組んだからです はい すっかり作業を終わって写真だけ撮って忘れてたやつです スポークがバッキバキだったので交換作業です リムとハブはそのまま使えたので組み直しですね しかしベルト式なのでスポークを抜いたり入れたりするのに ハブ軸を抜いてとかでちょっと大変でした(4分くらい如何にかして抜けないか考えた まぁ無理だったんでバラして清掃です この白いのはグリスですね 一応、ハブはメンテナンスフリーですが ガタが出たりするとその隙間から水が入ったりグリスが流れたりするので 厳密に言えばメンテナンスフリーではありません 今回のハブはガタがなかったので綺麗な状態でした リムとハブを清掃してあたらしく組み付けて完成です これでまたハードな日常に使うことができます LINEでクーポンとかやってるんで よかったらどうぞー

OUTLET自転車のご紹介 part 1

やっと晴れたのですが、蒸し暑くてたいして仕事をしてないのに汗だくです。 ニュースになる事はないのですが自転車は毎年値上がりしています。 新しい自転車の見積もりを見るたびに「高っ!!」と思ってしまいます。 久しぶりに自転車を買い替えられるお客様の予算と希望の機能を備えた自転車の価格が かけ離れている事は、残念ながら当たり前になってしまっています。 そんな中、キャンパス店ではOUTLET自転車の取り扱いを始めました。 1台目がこちらになります。 REGURANです。オートライト、外装6段変速、ローラーブレーキ、定価¥37,800(税別)です。 通常なら当店価格で¥25,000(税別)ぐらいでしょうか・・・。でもこの自転車は新車ですが、 上の画像のトップチューブの5mmぐらいの傷と パイプキャリアにこの傷があります。 こちらの自転車OUTLET価格でなんと¥17,980(税別)です。 防犯登録と消費税をいれてもギリ¥20,000に収まります。 OUTLET自転車は、入荷が不定期、車種やカラー等が選べない等欠点はありますが お値打ち価格で販売しております。 他にも入荷していますがブログのネタ確保の為、今回は1台のみのご紹介でした。

パッと見で判らないけど実はこっそりと手を加えてます【repair】

夏到来の気がしてるけど エアコンは実は苦手で扇風機の方が好きなひよこです 今年の夏は熱帯夜がなければいいなぁと思ってますが実際はどうなんでしょうかね さて 料理には最後のひと手間と言うのがあります 読んで字の如く 少し手間になるけどコレをすることでよりおいしくなると言う意味です 料理だけに限らずどんな分野にでも手間をかけるとより良い物が出来たりします もちろんその反対も まぁでも悪いよりは良い方が何かといいのでしっかりとした作業を心がけてます 整備前 整備後 こちらはタイヤ交換をした作業 この写真を見比べてもパッと見は判りませんが 実はひと手間加えた整備をしてます もちろん地味ですが 判る人にはわかる作業だったりします

本日休業

いつもご利用ありがとうございます。 本日7/5は臨時休業します。 今後とも、清水自転車、オレンジバイクを宜しくお願いいたいます。

ジャパニーズブランド2019の展示会へGO

先日の話ですが 気温が30℃軽く超えしてる中、大阪まで展示会に行ってきました 道中は電車で涼しい中を移動していたので 外に出ると湧き出る汗 盆地やないのに蒸れる感じ+暑さがミックスされるので 京都以上にねっとりしてて やるな大阪と思いました んで目的の展示会ですが ライトウェイです ついでにGTとFELTの展示会も兼ねてます さっそく受付を済ませて涼しい会場内へ。。。 手前からライトウェイ 中がGT 奥がFELT 壇上がチャージですね 写真の枚数が多いので 今回はライトウェイとGTとチャージを重点的に FELTは。。。 まぁ。。。 カッコいいのいっぱいあったよ!( では早速ライトウェイを グレイシア ネイビー ブラック シルバー グリーン 小径車ですね しかしタイヤも少し太く 通常なら20x1.5ぐらいが使われてますけど こちらは20x1.95と太めになってます またまた、ディスクブレーキとそこいらの小径車とは違います リヤ側 フロント側 しっかりと止まる事が出来るのとタイヤサイズを太く出来るメリットが大きい これよく見るとキャリアダボもついてるから キャリア取り付けも可能だったり 続いては ソノマアドベンチャー コチラは去年と同じでブロックタイプのタイヤ んでこっちが今年から出るスリックタイプのタイヤを履いたモデル 何が違うって ホイールサイズが700Cか650Bかの違いです でも700Cはスリックタイヤで 650Bはブロックタイヤの方と18年モデルとは ちょっと違ってたり そんでもって バイクパック装備でツーリング仕様にもできます 写真のはどちらかと言うとボトル運びっぽい感

無事に旅立っていったDi2がほぼおまけのアレ

先日に無事、店内でも高額な商品がご成約になりました 購入の決め手はメーカーにあったようです コレですね KUOTA KURARO 6750アルテDi2 今はもう11速になってます こちらは10速の6750 Di2が組み付けられてます ホイールはMAVICのアクシウム ハンドル周辺はDEDAとありありな感じのバイクでした まぁこれ ほぼフレームとホイールぐらいでDi2がほぼタダに近い価格になってましたが 無事オーナーを見つけて旅立ちました では変わらずに組み立ての様子をダイジェストで コラムカットはやはりカーボンと言えどカットする時は緊張します こういう時は一思いにズビャビャビャと行けばいいのです そしてカット あとはセッティングをして組立して完了です バーテープは黒を巻いて完成 ステムとサドルとタイヤは以前から使っていたものを取り付けです ハンドル距離までのジオメトリを合わせたのでほぼほぼ前のモデルと同じ姿勢になります でもまぁホイールやらフレームが変わると乗り心地も変わるので ここからのポジションの収まりがどのように変わるかが面白い所でもあります KOMの冠を持ってるバイクです 山ばっかりの京都にはピッタリですな

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags

© 2017 by Shimizu Bicycle Site

Orange Bike Co., LTD.