てててて展示会へ

どうやら暑い時間は一時退避したようです 最近の日中は涼しくなりました(約28℃) 風があるのとないとでは雲泥の差です そして涼しい今に行ってきました 展示会です 今回は総合の展示会なので自転車パーツから自転車外でも使えるものまで 幅広くありました あまりにも点数が多いので いくつかピックアップしてご紹介です まずは面白いタイヤレバー マジックワン スマホスタンドタイヤレバー ¥900 +tax こちらはスマホスタンドにもできるちょっと変わったタイヤレバーです 出先で撮影をしたいときなどにスマホスタンドを持ち歩かなくても そのままタイヤレバーをスタンドとして使えます うーん 出番は少ないだろうがちょっと面白アイテム お次はお菓子でも有名な 井村屋です これは見本ですが こんな風にノベルティーとして並べても楽しめるパッケージを作ってます ちなみに 中身は羊羹です どうやら調べてみると 東京駅のアニバーサリーで作ったり 他企業などもノベルティーとして作ったりとしてみるたいです 個人からの製作にはちょっと不向きかもしれませんが イベントなどで使うならアリな面白い商品です また、自転車要素をちょっと出しておくと cateyeから限定のサイコンやライトなどが出ます たまたま近くにスタッフの人が居たので どうやって限定商品を選定して作ってるのか聞いてみました すると以外や以外 ・販売店に協力してもらってお客様にアンケートを取る ・社内でも案を出してコンペをする ・他のメーカーとコラボの話を提案したり貰ったりして作る などなど いろんな方向からの案や提案で作るようです なのでこんなのが欲しい!

そこそこに明るくて安いライト【parts】

ここ最近、やけにライトが売れてます それも自転車に乗ってる方がライトだけを買いに来る現象です 考えられるのは ライトを食べる妖怪でも出たかもしれません 大変悪いやつです 暑さにやられた頭が回転するとこんな感じになります 食べる妖怪は出てませんが ライトはちらほら売れてます そこで最近入荷した安くて使い勝手のいいライトをご紹介 SERFAS SL-80 ¥1,900 +tax 単三電池1本と経済的なライトです 使用時間は最大で250時間とかなり長め サイズも小さく手のひらに収まるサイズ ボタンは本体裏側にあり 長押しすることで電源を入れることが出来ます 付属パーツはこんな感じ 本体を取り付けるブラケットと ゴムが2種あります ブラケットとライトをくっつけるとこのようにガションとなります IPX4の製品ですので 雨にも強いモデルです ただ、完全防水ではありませんのでご注意ください ハンドルに取り付けもかなり簡単にできるので 必ず自転車から離れるときはライトも一緒に持っていってあげましょう ついついまぁいいやと放置してしまうと ライトが食べられてなくなってしまうかもしれません

これからの時期に必須アイテム【parts】

夏日 春がなかったのでそのまま梅雨に突入かと思いましたが どうやら梅雨もなさそうです 梅雨の後に来るのは夏です 自転車に乗っても乗らなくても 水分補給は必須です むしろここ数年は水分補給をしないと 熱中症まった無しの暑さです 水分補給をせずに歩いてるとふらふらとしてきますが 自転車だとそうも行きません なのでしっかり水分をいつでも取れるように これを付けておきましょう TOPEAK モジュラケージⅡ ¥1,180 +tax 新色のオールブラックです 以前はシルバーカラーしかラインナップはありませんでしたが 新色追加ということでブラックです プラタイプのモジュラーケージEXとの違いは ワンタッチ式で幅を変えることが出来ます この後ろのボタンを押しながら前後に動かすことで 専用ボトルやペットボトルも使用可能 使い勝手はそこそこに良く 見た目もすっきりしてるので 外観を損なう事もありません 使用頻度は間違いなく暑い時期はフル稼働してることでしょう これからの時期に必須アイテムです

早く気がついて良かった例【カスタム】

Di2の記事は書き終わりました あれで1週間ほどがんばれたので良かった。。。 今日は同日に作業を行って発見したあるものがこのブログのメインです 先ず パーツを乗せ替えです バイクはARUGON18です ここ数年で日本でもメディア露出が増えてきたブランドです コンポは105がついてますが コレをR3から外したアルテに交換です ということで早速いつも通りに分解します ワイヤーも交換とのことで全部引っこ抜いちゃいます R3と同じようにリードをちゃんと付けてその後も作業をしやすいようにします ワイヤーを外してる作業中に何やらカタカタと。。。 うーん 何処がカタカタ言うてるんだ。。。 しかもカタカタはどこかの緩みからなる感じです そこで換装中でパーツが少ないこの状態で犯人を捜します すぐに判明 ヘッドです どうやらここが原因のようです 触るとスペーサーが回ったり前後にヘッドが動きます これではと思い調整をします ゴリゴリ・・・ ちょ。。。調整をします ピタッ えー ハンドルが劇的に重たくなりました パワステが切れてたハンドル並みに動かなくなりました まさかヘッド部分が壊れてる!? 大丈夫であれーと願いながらヘッド部分を外してみると どうやら原因はヘッドパーツの部品が一部足りないのが原因。。。 ヘッドキャップが締め付けと同時にベアリングを押さえつけてしまうようです なので ちょっとアレをアレして動くようにしました 写真で見ても判りづらいと思いますが ちゃんとヘッドキャップとヘッドに隙間があります これで締め付けても問題なく動かせます そうしてヘッド問題を解決して一応の山場は終わったなと慢心

仕上がりは好みによる【カスタム】

最終章です 章というほど何もありませんでしたが とりあえず今回でDi2のお話は終わりです いつもブログを書いてますが いざ文章に起こすと色々と考えるものですね 構成とか画像とか文字の大きさとか 特に気にしてませんが 前回のおさらいです ケーブル通したヨ! はい 今日はその続きです ケーブルを各所に通し終わったら次は接続です ケーブルは ハンドル周辺(ジャンクションA) その他(ジャンクションB) と言った形で繋いできます 先ずはジャンクションBに各ケーブルを 次にジャンクションAとハンドルも繋いで全体の配線は完了です ここで一度電源が入るかと変速機が動くかの確認です ポチっと入れると問題なく電源と変速機が動きます 配線は問題なしですね では次に配線を収納してきます ジャンクションBはBB裏に入れることで解決法を見つけましたので このようにタイラップ又はインシュロック又は結束バンドを取り付けます これはフレームの中でカタカタと音を出さないための方法です 保護材を巻きつける場合もありますが こっちのほうが万が一水が入ったとしても溜まる心配がないのでオススメです あと水が溜まるといえばここも水が入るポイントです なのでここも自作したキャップで塞いでおきます 次に無修正秘蔵のとある部分の写真です とある部分と言うか シートチューブの中の写真です 今回はシートポストに内臓するので このボトルホルダーを取り付けてるネジがケーブルを引っ掛けて傷つける可能性があります ということでコレを使ってケーブルを養生します ついでにシートポストに固定するためのシムも取り付けて こんな感じにします シム自

下準備で作業効率アップ?

どうも 最近の天候がおかしい京都からこんにちは 以前の記事 ちょっとあせった編ではケーブルが通るかどうかを四苦八苦しながら作業をしました 今回はその続きです ちなみに今回で終わりではありません あと1回分あります だって貴重なブログのネタだから一回で終わらせるのはもったいない 前回はワイヤーが通ることが確認できました 今回はそこにケーブル(Eチューブワイヤー)を通していきます まずワイヤーが通ることは以前に確認が取れました じゃあ次はこの図を見てみましょう これはDi2の配線図です これ以外にもいくつかの図はありますが 今回はこのように配線を行います ここで(D)を見てもらうと ジャンクションBとあります これはジャンクションA(図B)からのケーブルを引っ張ってきて FD、RD、バッテリー、ジャンクションAの4つのケーブルを一つにまとめるアダプターです これも外装用と内装用の2つがあります 今回は内装用です さてここでこのジャンクションBですが 「何処から入れて、何処に収納する」のかが問題になります 理想はBB下の隙間から入れて配線を行えるのが一番です ということで サイズを調べてジャンクションBを作成しました ちゃんとBって書いてあるのでこれはジャンクションBとします ただし幅と厚みは1MMだけ増してます これをBB下に差し込んで見ます これで問題なければここでの配線が可能となります 結果は問題なく入れることが出来るのが確認できました よし、これでここで配線が行える あとはこのジャンクションBの位置を基点として RD、FD、バッテリー、ジャンクションAの長さを決定します 測り

パーツ換装でグレードアップ~ちょっと焦った編【custom】

以前にちょっと記事をあげましたが そのバイクの記事です 色を見て判った方はなかなかのアレ好きです Cervelo R3 今回はこちらをカスタムアップグレードです といっても既にアルテR8000が組み込まれますので これ以上のアップグレードはデュラかDi2くらいです ということで 今回はDi2に換装です で 現在のバッテリー事情は フレーム内装 フレーム外装 この2パターンです 最近は内装タイプが多いので 今回は内装式で組もうかと思います ということで 早速ケーブルを通す為の確認です 先ずはクランクを外してBBの内側から通せるのか確認です クランク外してー 確認するとー まさかのBB内は全面覆われたタイプだったー しょっぱなから出鼻を挫かれました うーん BBの中から通すことが出来ないのかキミは。。。 じゃあBBを外したらいけるか? ということでワイヤーを緩めて裏から通せるかを確認したところ やぁ! と言わんばかりにBB部分は成型されておりました Oh・・・ と言うのも ここが成型されてるとなると シートポストの部分まで合わせて成型されてる可能性が高く そうなるとポストにバッテリーを内蔵するのがめんどくさくなる大変になるからです さて如何すべきかと一休さんをしてた所 いつまでも一休さんではいられないので とりあえずケーブルを通せるところの確認 先ずはダウンチューブの確認 よし 一筋の光が見えた 最悪ここにバッテリーを入れてしまえる 次は問題の シートチューブからBB下までワイヤーを通してみます これで途中カツンと詰まった場合は詰みです どきどきしながらワイヤーを通してみます する

実はこっちが元祖カラー

夏かと思うくらいのうだる暑さ かと思ったら涼しい気温。。。 まだ5月です 夏は7月です 2ヶ月もはやい。。。 もう気温がめちゃくちゃな感じですが 毎年同じこと言ってます どうもひよこです 少し前に「元祖○○」と言うのが流行ってました あの時はルーツはウチだ!って感じでよくありました 肉じゃがの発祥はいったい何処なんでしょうねと火種を投下してみます その元祖は実は自転車の世界でも色々とあります 特に知ってたら知ってたで「へぇ~」ってなるようなものばかりですが この元祖カラーも同じく「へぇ~」と言われるような感じです GIOS ミストラル ¥51,000 GIOSといえば青いカラーが有名です というか今のブランドカラーが青色です ですが実は当初はオレンジがブランドカラーだったのです カラーが変わったのは当時のチームカラーに合わせたのが元です 復刻版 というわけではありませんが 知ってる人は知ってる そんなカラーです パーツ仕様もまったく同じです サドルはクッション性が高いオリジナルサドル ホイールはR501とシマノ純正ホイール ホイールだけでも1万以上掛かってます ブレーキやレバーなどもシマノで統一されてるので スペックは非常に高く 価格は非常に安くと お買い得なバイクです ちなみにサイズは430で165cm前後の方が丁度いい感じです 現行のモデルカラーではなく 限定カラーですので お探しの方は要チェックですよ

久しぶりの・・・【custom】

ぱたぱたぱたとしておりました そしてご縁逢ってカスタムのご依頼を頂きました! 今はまだパーツを取り寄せ中ですが 久しぶりに組み組みです 今から楽しみです

実はだいたいは取り付け可能

タイトルはなんとなくです 自転車は特にこういったのが多い乗り物かなーと インターネットが普及して BBの交換の仕方や ワイヤーの調整方法まで 今や判らないことがなくなる位には情報がたくさん出てきます が ニッチな部分まではさすがにヒットしにくいみたいです 例えば このモデルにフロントカゴを取り付けする場合 どんな取り付け方が出来るか パッと見て「あぁーこのタイプならこの取り付け方はいけるな」と気づく方 「そもそもカゴがついてないから付けられるのか?」と思う方 いろんな方がいます 逆に取り付けが出来ない組み合わせもあることも 知っていれば対応できます こちらは通常の自転車と同じく カゴ首とカゴ足を使っての取り付けです ただ、カゴ首は車体によっては取り付けが出来ない場合もありますので 取り付けの際には注意が必要です カゴ足ステーは車輪に当たらないくらいの高さであれば大丈夫です ただ、こちらもサイズが大きすぎたり小さすぎたりすると 取り付けの際にどこかしらが干渉する場合もありますので 気をつけましょう あとはカゴ足をどこに引っ掛けるかですが これは可能ならばナット止めしてる部分につけましょう クイック式は固定するシャフトが細いので 曲がる可能性もあります なのでクイック式の場合はフォークにボルトがないなら 大人しくVブレーキもしくはカンチ台座を使ってカゴ台座を作りましょう カゴを取り付けるだけでも 色々と知識が必要なことがあります もし、自分の自転車をカスタマイズしたいなら お気軽にご相談ください

台数限定で現行モデルが特価で入荷【SALE】

4月は何かとバタバタしてましたが 5月もGWは比較的穏やかな時間だったので お店の在庫も少しずつ復活です そして復活しつつお買い得なバイクをこっそり入荷しました ライトウェイ シェファード ¥55.800 ↓ ¥44,640 +Tax 以前もありましたが 今回はサンプル車ではなく展示車モデルです ですので基本的に機能は現行モデルと変わらず お値段だけが安くなりました 展示車なので細かい小傷などはありますが ぱっと見た感じは先ず傷が発見できないくらいには綺麗です 強いて言うならクランク部分でしょうか? 左右ともに小さい小傷が入ってます メッキ塗装なので傷はまぁ仕方ありません カラーはホワイト サイズは24インチサイズですので女性向けのサイズです 身長によってはお子様でも乗れるサイズです ちなみに サドルとグリップは展示品だった為か 新品に変更されてます タイヤも太いタイプで安定した走行が出来るので スポーツバイクが始めての方にもオススメできる1台です カゴを取り付けたり 荷台を取り付けたりとある程度なんでも出来るので 自分の使いたいようにカスタマイズするのもひとつです 台数はごく少数ですのでお探しの方はお早めにどうぞー

日本で1台しかないメーカー未発売モデルが入荷

タイトルがなんとまぁ力強いこと ある日メーカーさんより声を掛けてもらったバイクの中に 興味深いバイクがありました そのバイクはなんと未発売モデル つまりメーカーより発売されるかもしれなかったサンプルモデルです おっとコレはレアなモデルを見つけてしまいました ということで早速1台しかないこのバイクを確保です ライトウェイ シェファード SALE PRICE ¥44,640 +Tax 今や日本のスポーツバイクブランドの一角として 有名になったライトウェイのクロスバイクです このモデル 先ほどもチラっと書きましたが サンプルモデルです で サンプルモデルってなんなのって所のご説明をしますと 「今年はこんなモデルを作ったよ!こんなモデル作る予定だよ!」 とメーカーより展示会の案内が自転車屋に来ます その時に「見本」として作られたバイクを指します ここで面白いのが 商品化されなければサンプル車になります 今回はそういった経緯のサンプル車です そしてここで誤解をしてしまいがちなのが どこか不具合や使えないから製品化されなくてサンプル車になったのでは? と思われる方がいらっしゃいます それは不良品なので 先ず店頭に並ぶことはありません ではなぜサンプル車が存在するのか 至極簡単です メーカーはニーズに合ったモデルを作るからです まず、シェファードはモデルとして2種類のラインナップがあります ひとつは大人用としてのシェファード もうひとつはキッズバイク用のシェファードです そしてこのバイクはその中間に当たります よく言えば兼用できるモデル 悪く言えばどっちつかずなモデルと言えます 更には、スロ

そういえばオプションで取り付けも出来ます【parts】

先日のルイガノをご紹介しましたが ルイガノの記事はこちら 通勤通学に使えるバイク そういえばフロントキャリアにカゴが取り付けもできるのでご紹介をします いや すっかり忘れていた訳じゃないので。。。 こちらのフロントキャリアは専用のカゴが取り付け可能です 取り付け方法によっては 別のタイプのカゴも取り付けは可能だったりしますが。。。 今回は純正品を取り付けです ではまず台座の形状を見てみましょう 取り付けボルトの位置が通常のカゴよりも低い位置に来てます カゴの下取り付け位置はそのままでも大丈夫そうです ということは ブリヂストンのMシリーズと同じようなカゴが取り付けできる可能性がありますね 今回は純正品なので 先ずはカゴ下の側から取り付けます そしたら次にカゴ首側も取り付けです やはり専用品は取り付けが楽です たまーに専用品でも加工しないといけない場合もありますが。。。。 これ以外にもカスタムもやってますので 自分の自転車にカゴを取り付けたい! とお考えの方はお気軽にご相談ください 取り付けできる方法は何かしらあります

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags

© 2017 by Shimizu Bicycle Site

Orange Bike Co., LTD.