あまり気にしてなかった部分の交換【REPAIR】

木枯らし吹いて道に落ち葉が溜まってく季節

程よい寒さで自転車に乗ると丁度体も温まるシーズンになってきました


あまりに落ち葉が多い道は注意して走って下さい

一気に足元が持ってかれます

特に雨の日や降った翌日なんかはスリップ地帯になるので要注意



滑りそうになると咄嗟にする事と言えばブレーキ

そのブレーキが効かないとスッテンからの骨折コンボにも繋がるので

定期的に確認をしておきたいところ


特にディスクブレーキは雨であろうが悪路であろうが

しっかりと効きくのでその分チェックはしっかりとしてあげましょう


今回の作業はディスクローターの交換


作業自体は特に難しい事もないのですが

見た目がそこまで変わらないのでついつい見逃してしまうポイント


このローターは結構使ってて年季は入ってるので

パッドが当たる部分は削れて磨きがかかってる


通常のローターはメーカーによりますが1.8~2mmくらいの幅があります

これが日常生活やレースなどで使って乗り込んでいくと

すこーしずつ削れる

すると厚みはどんどん薄くなり1mmくらいまで削れてしまう事も


交換目安の厚みはこれまたメーカーによりますが

大雑把に言うと1.5mm前後くらいが目安

シマノは1.5mm以下になれば交換とアナウンスがあります



そんでこれが削れるとどんな悪影響が出るかですが

削れてくるとブレーキの性能が落ちるので効きが悪くなる

加えてブレーキをすることで熱が溜まるので

ローターが薄くなると放熱機能も低下、剛性も下がるのでローター本体が曲がりやすくなる

簡単に挙げるならこの2つ

もちろん他にも事故の元になる要因は出てくるので早めにチェックして交換するのがオススメ


パットの厚みも目視で確認は出来るものの

砂利が噛んでたり汚れが溜まってるなどあれば掃除も兼ねて

この時にローターだけでなく併せて確認しておくと楽


ディスクローターはリムブレーキで言うリム側になるので

チェックを一切しなくても大丈夫と言うことはないので

パット交換やブレーキの不調を感じたなら一度チェックしてあげるのが良いでしょう

Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
Store inventory