ゴリゴリの原因TOP3くらいの場所【REPAIR】

すこーしずつ暖かくなってきたような気がする2月中旬


相変わらずの情勢ですが今日も元気に営業


少し前に自転車や部品の生産状況をお伝えしましたが

状況は好転しておらず逆に納期がすこーしずつ伸びてます


このままでは春が来ても売る自転車がない!笑うしかない!ははは!

なんてこともありえなくもない未来が実はすぐそこまで来てる可能性が浮上


歯車が一つおかしくなるだけで他も芋づる式に崩れてしまうのがなんとも機械と似てます


機械物みたいに頻繁に壊れてくれると世界経済が大変なことになりますが

世界経済が大変になろうとも先ずは自分の自転車の修理が大切です


今回はBB交換作業


というのも走ってるとゴリゴリやパキンパキンと音が鳴るので

BBがダメになってる可能性が非常に高いので交換となりました


ここで

音鳴りのTOP3を上げると

第三位 BBの緩みや壊れ

第二位 ペダルの緩みや壊れ

第一位 油切れ


だいたいこのへんです

シートポストの軋み音やヘッドパーツの音鳴りなどもありますが

だいたいのTOP3がこれ


特に自転車をこいでると音が鳴るのはどこが鳴ってるのかの特定が難しいので

一個一個確認していかないといけないので途方もありません

ただ、音の種類によってはこの辺と当たりを付けることが出来るのでこれも慣れ


とうことで早速BBを交換


先ずはクランクをいつも通りに外して

専用の工具を使ってBBを外します

どえらく固かったので大変難儀しましたがなんとか外すことに成功


BBはやはり軸とベアリングでガタが出ており

そこからゴリゴリとした音と感触がアリ

やはり原因はココ


ネジ山なども確認してみましたが本体側は特に問題なし


BBはTANGEのカートリッジBBを仕様

2段で溝があるのはチェーンカバーを取り付け受けを取り付ける溝


バレンタインはまだですが

チョコレートを塗ってBBを取り付け

ここで改めてガタやゴリゴリとしてない事を再確認


最後はクランクを取り付けて完了



作業工程としてはこれだけですが

やはり交換するのは割と大掛かりな作業

時間が取れる時に一気にしてしまうのが良いですね

Recent Posts