修理するときはごっそりと【REPAIR】

9月も後半

もう10月となり今年も残り僅かです


ぼちぼち台風のくる季節なので

自転車も飛ばされない様に注意したいところ


今回は使い込んだ自転車のギヤ周辺をゴソっと新しく

基本的にチェーンの交換時期に来たらチェーンのみ交換すれば

また走り出すことは可能です



そのままチェーンを使い続けると伸びたチェーンに噛み合うように

ギヤ側がどんどんと削れます

そんで削れ過ぎると今度は上り坂で歯が噛み合わなくなり

チェーンが「滑る」ようになります

それでも使い倒すと

今度は平地でも同じ現象が起きます


だいたいこのへんになってくると

平地でかみ合わなくなるか

その前にチェーンが切れます


そうなるとギヤ周辺をごっそりと交換となり

チェーンだけでは済まなくなるので注意が必要


先ずはこの使い倒したチェーン

赤さびも出てチェーンのコマも固まりつつある感じ


これをチェッカーで確認すると


するんと入ってしまう

この状態はチェーンのコマが削れてコマ伸びをして要交換の状態


じゃあ新品はどうかというと


こんな感じでコマに乗っかる状態


これが正常な状態

なのでコレを新しいチェーンに交換しますが


併せてチェーンリングとスプロケットも交換


チェーンリングを外すと

良い感じに削れてるので


これを新しいチェーンリングに換装

TIOGAのチェーンリング


5穴でお手頃なのでオススメ品


パッケージの裏にはPCDの測り方とか

寸法の見方があるので

これあると何かと便利


そんでそれを新しいのに交換して組み付け



この時にチェーンリングボルトが交換になる場合もあるので

一応をそこも確認をしておくのがいいでしょう

今回はそのままで使えることが判ったので使用


次にスプロケを交換

特定のギヤ周辺しか使ってないようなので

そこだけ交換できればよかったのだけども

カセットをごっそり新しく交換



そのついでにホイールも汚れてるので

汚れを簡単にとっておきます




その後、組み付けてチェーンを張って終了


これでまた長く乗ることが出来ます


Featured Posts
Recent Posts