top of page

修理不可になりかけた修理【REPAIR】

物持ちが良い事はすごい事です


大事に使ってても壊れる時は壊れます


壊れるまでの手入れであったり壊れた後にどうするかで

その後の修理の難易度が変わります


ただ一点


メーカー供給終了まで使い続ける事を除いてはある程度の覚悟は必要です


今回は10数年も使い続けると部品がなくなってしまう直前の修理


電動自転車の手元スイッチ交換



電動自転車に限らずスポーツバイクや一般車にもあることで

永遠に同じ製品を作り続ける事は一部を除いて基本はない

少しでも品質や耐久性、利便性を上げるべく日々マイナーチェンジをしてます

ボトムブラケットや変速レバー等さまざま


電動自転車でも当然ですが

全く同じ商品を作り続ける事はなく少しずつ改良が重ねられてます


そうすると必然的に旧型部品と新型部品が出来上がる

理想は永遠に部品供給があることですが

やはりそうではないので旧型部品はいつかは供給が終わります


もちろんこの手元スイッチも現行モデルでは使われてないやつ


なのでメーカーがストックしてる分しか在庫はない

それが尽きると修理不可で自転車の買い替えしか選択肢はない

今回は手元スイッチが操作不能になってエラーが出るので交換となった訳ですが


たまたま在庫があったので修理が出来たけどもたぶん次の修理の頃にはなくなってるので

こうなると電動アシストなしの自転車として使うか買い替えの2択しかありません


放置してても治ることはないのでそこはもう諦めるのがオススメです


今回は無事に修理することも出来たので安心ですが

まだまだパンク修理やブレーキシュー交換等で同じ手元スイッチを見かけるので

長く乗り続ける予定の自転車であれば

補修部品があるかどうかは確認しておいた方が良いかもしれません



Comments


Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
bottom of page