動きが渋いのはグリスがダメになってるから?【REPAIR】

ここ数日で一気に気温が下がって寒くなってきました

風邪をひかない様に気をつけねばなりません


また自転車も同様に気温が下がってくると走るのも億劫になってくるもの


寒いから今日は修理いいや、また暖かい日にでも行こう


といった考えが移動中に浮かんできたりするもの


おかしいなと思ったらなるはやで持ち込んでいただけると非常にありがたい・・・


今回の修理はヘッド部分がガタガタ?ゴリゴリ?するとの事で

一度ヘッド周辺を点検&グリスアップ


先ずはステムを外して

ヘッドも緩めてベアリングなどを取り出します

しかしヘッドセットを見ると真っ黒



うーんこれは見事な石油


上下のベアリングを外して洗浄しますが


袋に入れてジャバジャバかるくふるとこんな感じで真っ黒に

これが金属の削れや塵などがくっついてベアリングに入り込んでた


何度かジャバジャバしてるとある程度汚れも落ちて奇麗になる


下にあるのは塵などの堆積物

これらがベアリングなどを研磨して緩みや異音の原因にさせたりする


清掃を簡単に終わらせたリテーナー

改めて状態を確認すると欠けなどもないので非常に状態が良かった

ので

このまま最後もう一度清掃をして新しいグリスを入れて完成


普段開ける事のない部分ですが

やっぱり掃除はしてあげないとあのような汚れは溜まります


定期的に清掃してあげるのがベターです

Featured Posts