定期点検がオススメの理由【REPAIR】

3月に入り春もそこまで来てると思いたい気温

日中の暖かさも少しずつ増してるような?


そのおかげか

ここ数日で自転車の点検が増えたような気がします


簡単な点検や調整で完了する事も多いんですが

中には全部使い切った状態だったりをする修理もあったり


ブレーキシューなんですけどね


最近ブレーキの音が気になったのでと点検依頼を受けての発見

使い切ったというよりそれでも使い続けちゃったが正しい


ディスクブレーキのパッドはゴムパットに比べて長持ちしやすい

ただし交換時期に来たら必ず交換しなければマッハでローターを削ります


リムブレーキはホイールを交換になりますが

ディスクブレーキはローターを交換するだけ

後々の交換費用を考えてもローターは比較的安価であったりもする


しかし


削れに削れたローターはかなり鋭利になって怪我をしやすかったり

音鳴りや油が付着するとなかなかに面倒な一面もあるので

絶対にこっちがいいとは言えないのが悩ましい


結局はどんな使い方をするかによってブレーキから自転車までオススメが変わっちゃうんです


メンテナンスとして3、半年、1年、と伸びれば伸びるほど修理箇所の発見は遅れることも

逆に頻繁に見ても全然問題なしな部分もあるので

定期メンテナンスの頻度としては3~6か月くらいの間に違和感を感じたらすぐに持ってくる

こんな感じで持ち込んで貰えたら他の部分に影響が行きにくいと思います

修理の際は注意事項やメンテナンス方法もお話してますので

お気軽にご相談ください

Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square