top of page

掘り出し品のイタ車ブランドバイク【SALE】

更新日:2023年7月7日

暫くぶりの更新


色々と更新ネタはあったものの

写真を撮らずに作業をしてたりしたので勿体無い事をしてました


本日はちょっとお得にしたイタリアメーカーをご紹介


BOOTLEG

MYSTIC


¥109,890-

   ↓

¥90,000-


ブートレッグと読むこのブランド

Cinelliの姉妹ブランドです


BOOTLEGはオールラウンドに遊べるブランド

みたいなコンセプトだったような気がします

最近のチネリは昔に比べてオールランドに使えるバイクが増えてるので

ちょっと境界線があいまいな感じ?


vanillaとSpeed Vargen みたいな感じでしょうか

同じ姉妹ブランドだけどちょっとコンセプトが違うみたいな


パーツ構成としては

グリップはマイクジャイアントコラボのバーテープ巻きグリップ


元がバーテープなので握り心地は良い


サドルはちょっと変わったチネリのプラサドル


これはちょっと慣れてないとお尻が痛くなるかも?

まぁでも「ファッションや格好いい事は我慢する事」って当時の先輩がよく言ってました

パーツ選びや色合わせ、写真の構図からウェアのコーデまでセンスは凄く良かったので

極まった人にしか解らない言葉なんだなぁと当時は感じて

今でも何言ってんだって思ってます


ハンドル周辺もチネリパーツで構成されてるので

基本フルチネリモデルといっても良いでしょう


ちなみにタイヤにはコンチネンタルのウルトラスポーツが採用されます


さてこのミスティック

シングルなので実は人を選びます


スポーツならやっぱりギヤ付き!という人は未だに多く

シングルならママチャリで十分じゃんと思う人が大多数


まぁ実際はギヤがあることに越したことはないんですが

メリットとデメリットを考えるとシングルも有りになる事が多々ある


メリットとしていくつか挙げると

車体が軽いので持ち上げで移動するのが楽

だいたいのシングルが10kgを切ってるので移動させるのが楽


カスタム性が高い事も重要なポイント

シングルは【フレーム】【ホイール】【その他】の3種で構成されてると言ってもいい

そして自分で弄ろうとしても比較的簡単にカスタムが出来るのが魅力ポイント

ハンドルについてるのはブレーキレバーくらい

なのでハンドルを好きな形に変えたりグリップも好きなタイプに変更したりと

自分がイメージした自転車を作りやすい


そしてこれが実は最大のメリットとして

変速機がないことで修理費用が安く済むことが多い事

デメリットでもある変速機がついてない事がなぜメリットなのかと言うと

転倒時に変速機をぶつけて変速機やディレーラーハンガーが交換になったり

車輪に巻き込んでもげてホイールまで交換になっちゃうって心配がないので

ぶつけられたとか転倒したって時も修理費用が比較的安く収まる場合が多い



次はデメリットを挙げると

変速機が付いてない事


以上


それしかない

中長距離ライドをするなら変速機はほぼ必須

でも近中距離を走るなら別になくても大丈夫な事が多い


特に京都は南から北にかけてなだらかな坂になってるけども

シングルでは走れないかと言うと別にそうでもなく

変速機があれば当然楽なギヤにして走りやすいってくらい


御所から京都駅まで約4.4km

嵐山から京都駅まで約10km

50km、100kmを走り続けるとかなら変速機はあった方がいいけども

往復で10km、20kmとかなら京都の場合はシングルでも問題ない

車体が軽くてギヤも後でギヤ比を変更するカスタムも出来るので

ガチガチにスピード出して市内走り回るとかでないなら選択肢としては十分にアリ

街乗りをするくらいであれば正直クロスバイクとほぼ差はないくらい


シングルに興味があるならこのバイクから試してみる価値は十分にあります


サイズは50と52の2台

ざっくりな身長の目安として

50は170cm前後

52は175cm前後であれば大丈夫なサイズ

現在はライナップされてない廃盤モデルとなるので再入荷はありません



Comments


Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
bottom of page