曲がりを確認【REPAIR】

昨今の業界事情として

自転車の値上がりが相次いでますが

値上がり以前にそもそも自転車が入ってこないとかあります

また、部品がないから生産出来ないとかの理由もあるので

今年の春はおそらく地獄絵図


修理するのも少しずつ入荷が遅れてきてるので困ったものです


今回の修理もちょっと部品が手に入り難くなってたので今後も供給が落ち着くの怪しそう


そうリアディレーラー(RD)


自転車の駆動メカ部分でおそらく2.3番目に交換頻度が多いであろう部位

1.2位はチェーンかスプロケでしょう

このRD交換は普通に走ってれば交換することはほぼ皆無


しかしある事が起これば交換する可能性がグググっと上がる


RDが曲がる事と言えばだいたいこのせい

物理的に衝撃が加わって曲がる


通常自転車にはRDを守るためにRDハンガーと呼ばれるアタッチメントが普及してる

これはフレームとRDの間につける緩衝材みたいなもので

衝撃を吸収して曲がることでフレームハンガーやRDに大きな損傷を緩和してくれるアイテム


しかしすべての自転車にあるわけではなくついてないモデルも当然ある

その場合はRDが壊れてくれてフレームを守ってくれることが多いが

軽度によってはハンガーも曲がることはあるので過信は注意


今回はRDハンガーなしだった為にRDが曲がって交換になった話


現物を改めて並べてみると微妙に曲がってる


こっちが曲がったRD

こっちは新品の方


見分け方としてRDハンガーに取り付けるネジ部分が少しズレてるので

そこで見分けるくらいしか大きな差はなさそう

これだけみてもパッと見では判別がつかないので実際に取り付けてみる




見比べてみるとコレだけ大きく曲がりが確認できる

これが結果的にチェーンラインをずらして変速を行った際

ホイールに巻き込まれてしまいバッキバキにスポークも折れたりするので

変速が普段と違いおかしいと感じたなら修理に持ち込むのがやはり安全


よくRDハンガーを手で曲げ戻すってありますが

軽微な曲がりであれば修正が可能な事はあります

しかしその後に折れないという保証はありません

鉄であれば多少の曲がりも鉄の粘りによって修正できることもありますが

多くがアルミで成形されているRDハンガーの場合だと

曲がった状態から元に戻すと曲がり癖や強度が落ちてるので

またハンガーに負荷が掛かると曲がりやすくなったり

そのままメリっと折れる事も


これから暖かくなる時期になってくるので

久しぶりに自転車に乗る方は一度チェックしてみましょう

Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square