特価で1台だけ入荷したお手頃MTB【SALE】

11月に入りついに残すところあと2か月


今年はほぼ1年コロナの話題がずっと続いてました

はてさて来年はどうなるんでしょうか


関東では自転車需要が凄まじいと教えてもらいました

特需といってもいいくらいだそうです


京都は学生の街なので特にそれほど特需感はなかったように思います


なのでお得な自転車がちょこちょこ残ってます

この自転車も最近入荷したヤツですが割とお買い得


GT

Aggressor Sport


¥51,800 +tax

  ↓

¥41,440 +tax



5万切っちゃいました


サイズはMで適応身長は175~185cm前後

とは書いてますが

街乗りだと170cmの人でも余裕です


ガチガチの山道を走るモデルではないので

実際に走りたいとなるとこれよりもグレードの高いモデルがいいです


とはいえ


パーツスペックでの話なので

フォークやコンポを交換すれば普通に山道いけるんですけどね



フォークはコイル式トラベル75mmと街乗りメインにすれば

大抵はどこでも走れるようになってます

ブレーキはワイヤー式ディスク

下り坂や荷物を抱えててもしっかりとブレーキが掛かります

このへんもグレードアップすれば油圧にも変更は可能です


タイヤは27.5x2.1サイズ


鴨川の河川敷とか御所の中とかでも走りやすいタイヤサイズ

まぁここから細くしたり太くしたりも出来るのでカスタムもしやすい感じ

どちらかと言うとタイヤサイズを細くした方がスピードは出しやすいので

街乗りで楽に走りたいなら少し細めでもいいかもくらいです

コンポはターニー(7速)仕様なのでこれまた山道よりは街乗り向け

スプロケはボスではなくカセット式なのでこれまたグレードアップも可能


サドルなんかは専用品サドルなので

フレームカラーに合わせあります


と以上が街乗りスペックとしては十分すぎる仕様

そしてここからがグレードアップしても問題ない理由


それはフレームです


もともとGTはMTB畑のメーカーなので当然と言えば当然ですが

フレームがかなりしっかりしてます


特に数年前から下位グレードモデルも上位機種と同じフレーム構造

フローティング・トリプルトライアングルになってるからです


一般的なMTBやそのほかの自転車は

トップチューブ、シートステー、シートチューブ

この3つはだいたいくっついてます


しかし、トリプルトライアングル構造は

トップチューブとシートステー

トップチューブとシートチューブがくっついてる構造


これにより サドルに「しなり」が発生して乗り心地が良くなってます

似た構造だとTREKの初期のころのDOMANEとかがこんな感じだったかと


GTブランドのザスカー(アルミフレーム)やアバランチェも同じ構造です


上は20万くらいのモデルでも採用されてるフレーム構造を

低価格帯にも惜しみなく採用してるのでかなりオススメなモデル


後々のスペックアップとして見てあげても十分に使えるので

今回は特価になってるのでお買い得です


1台限定ですのでお早めにどうぞ

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square

© 2017 by Shimizu Bicycle Site

Orange Bike Co., LTD.