長らく乗ってなかった自転車は注意【REPAIR】

雪降ったり

朝晩が寒すぎたりと冬満喫の1月

年明けからまだ2週間ってちょっと信じられない

もう2週間も経ったのかと思うくらいに日が経つのが早い


それと同じで

長らく放置してた自転車も

「つい最近まで乗ってた」といいつつもその最近が【2.3年前】なんてこともあるある


定期的にあるイベント

年に何度か修理の依頼があります

だいたいその時は決まって上記のような会話が出てくる


乗らないのが悪い訳ではないので安心してください

むしろ久しぶりに乗ろうとして

異常があるか点検を持ち込んで貰えるのが非常に有難い事


ここで久しぶり(数年ぶり)だから大丈夫だろうと思って乗って部品を壊すなんてことが稀によくある


目視でも判別できるポイントとしてはいくつかあって


1.見て直ぐにわかるチェーン


真っ赤に錆びてしまってるので油切れはもちろんのこと

チェーンをよく見ると固まってしまってる部分があったりするともう交換まったなし

納屋や部屋に清掃した状態で長期保管してたりすると

見た目にも錆がなかったり少し錆が浮いてたりくらいと判別がしやすい


なのでチェーンは見て直ぐに判断ができるポイント


2.タイヤもチェック

これもあるあるで、空気が抜けてるからパンクしてるかも?となるやつ

厳密にはタイヤは空気を入れて放置し続ければ新品の自転車でも空気は抜ける

それが年単位で放置するとなると完全に空気が抜けてしまうこともあるある


天井に吊ってればまだマシだけども

床置きする場合はよくタイヤがダメになることもあるので

タイヤをぐるっと一周確認


こんな感じでベロっと剥がれてたり、ひび割れがかなりあったり

タイヤの繊維があちこちで出てたりすると交換になるので注意ポイント


タイヤも前後ともしっかりと確認をした方が吉


3.ここが判るとちょっとプロっぽいブレーキシュー

ここもチェックできるならプロっぽいポイント


ブレーキシューはパッと見てパッドを使い切ってないかの判別くらいはできますが

このようにひび割れを起こしてたりすると

手で軽く押すとこのように簡単にモゲてボロっといくので要注意


その状態で走れたとしても小石やブレーキの強弱によってボロっといくこともあるので

ここも削り切ってないけどひび割れが入ってるなら交換するポイント


その他にもワイヤー等点検箇所はあるけども

とりあえずの3ポイントは抑えておきましょう


久しぶりに乗るなら先ずは目視の点検が必要ですよ

Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square