© 2017 by Shimizu Bicycle Site

Orange Bike Co., LTD.

ハローポールスミス♪

July 18, 2016

こんにちは!

今月はじめに韓国へ旅行に行き、現地人に間違われたハクイです(・ω・)

めちゃくちゃ観光客に道聞かれました笑 わたしが聞きたい。

 

最近は、ゲリラ豪雨が京都市内で頻繁に降っていますね…

わたしも先日、バケツをひっくり返したかのような大雨に打たれました…。

夏でよかったなと、心底感じながら、濡れ鼠に。

まだまだ梅雨はあなどれません,,,

 

なぜ、濡れ鼠になってしまったのかと言いますと~…

 

京都国立近代美術館で開催されていた、

ポールスミス展

 「 HELLO MY NAME IS PAUL SMITH

に、行ってきたからです!

 

この展示は、ポールスミス自らが会場レイアウトを細かく決められたそうです。

隅々まで、観る人が楽しめる気配りが行われている会場は、とてもステキでした!

 

 

 

 

その中で、わたしが今回紹介したいと思った、自転車ファンへの見所は、コチラ~♪

 

 

 ポールスミスの手がけているプロダクトの1つである自転車デザインです!

同時に、サイクルウェアのデザインも行っています!

 

 

PINARELLOとのコラボフレームには、ポールスミスのサインもデザインに組み込まれています。

 

 

 

 

写真撮影が可能だったので、その他少しですが、会場の中を紹介!

 

 ポールスミスと言えば、なボーダーをみなさん連想されると思いますが…

これぞと言わんばかりの迫力!見ていて圧巻のデザインです。

 

 

こちらのポールスミスデザインの車は、四方八方から観ることが出来ます。

さらに展示台の模様が車体へ反射していて、とてもキレイで見ものでした☆

 

男性は、見逃せない展示の1つなのではないでしょうか^^?

 

 

次に、この一面ボタンの壁!

こちらは、京都での展示に合わせて新しく作られた作品だそうですよ~!

全て、実際にポールスミスの洋服に使用されているボタンだそうです。

 

この色鮮やかさは、ポールスミスらしさを1段と引き立てているような気がします。

 

こちらは、ポールスミスのオフィスの再現を展示しています。

 一角には、ポールスミス自らがデザインを行った自転車とサイクルウェアが。

空間にもマッチしていて、このカラーリングとラフさが、とても魅力的でした。

 

会期が今月18日までで、わたしもギリギリ滑り込めたので、紹介が遅くなってしまいました…。

 

この展示のHPはこちら!ポールスミス展 : http://paulsmith2016.jp/

 

 

今回のブログはココまで☆

 

 

 

 GOOD BYE(・ω・)

 

Please reload

Featured Posts

季刊誌cycle 最新号出ました!

October 23, 2019

1/5
Please reload

Recent Posts
Please reload

Archive