© 2017 by Shimizu Bicycle Site

Orange Bike Co., LTD.

坂道や向かい風でも楽々!!!

September 2, 2016

8月も終わり気づけば9月ですね、日が落ちる時間も早くなって、

風が気持良い季節になり風を感じながら走りたいですね。

 

この間なんですが、とても強い向かい風の時があり自転車を漕いでも漕いでも、なかなか思うように進まない事がありました。

 

そこで選択肢として電動自転車も良いのではないでしょうか?ちなみに

乗り心地としては、下り坂や追い風を受ける感じだと思います。

 

近年は沢山の電動自転車を見かける様になったのですが、

電動自転車は、いつ誕生したかというと1993年で日本のYAMAHAが”PAS”を販売しました、しかも世界初です。

それまでは電池とモーターを内蔵した二輪車は(原付)扱いとされていたので、免許やヘルメットが必要不可欠だったのです。

凄い事は、モーターつきなのに普通の自転車として製品化した事です。

電動自転車はモーターの役割が補助目的でモーター単体では走行することができませんので ”自転車” ”原付”を分けるポイントになってます。 

 

23年前に発売され当時は14万円程でしたが、まだまだ知名度も高くはなく、

車種も一種類しか無かったので多くは出回る事はなかったみたいです。

出だしこそ不調でしたが、日本の大手自転車メーカーや電池を得意とする電機メーカーなどの参入により普通の自転車と変わらないほど多彩なモデルが誕生し、電動自転車選びもたのしいと思います。

 

シティサイクルタイプ俗に(ママチャリ)って呼んでます通勤通学、買い物などに。

チャイルドシートタイプ、お子様を乗せる事が可能で3人のりタイプなど前、

後ろに子供を幼稚園などの送り迎えなんかに、公園などに行く時なんかに、お客様で

子供を外に連れ出す機会が増えたし電動自転車は快適ですなどの話も聞きます。

三輪タイプなんといっても転倒しないのが特徴です、自転車の運転が心配や沢山の荷物がある方なんかに前輪が二輪タイプ、後輪が二輪タイプの二種類があります。

 

クロスバイクタイプは、ロードバイクとマウンテンバイクの中間的なモデルです。

 

ロードバイクのタイプもあります!オレンジバイク店に御座いますので、試乗などしに

御来店おまちしております。(ロードバイクの電動なんですがブログを遡っていただけますと記事がありますのでご覧ください)折り畳み式や小径車タイプもあります。

電動自転車を活用してみては、いかかでしょうか。

 

質問などで、バッテリー切れたら走れなくなるし、ペダルが重たくなるからって聞かれる事がありますが。

 

一度の充電で30キロ~60キロ(容量の大きいものだと100キロ以上)走ることがでるので

充電するのを忘れなければバッテリー切れはないかとおもいます。

 

バッテリーが切れた場合は、電動アシストが出来なくなるだけで普通の自転車として

使う事ができます、ペダルに関してもモーターユニットは非接触式となってるので重たく

なる心配もありませんので。

 

電動自転車を生活の一部に、どうでしょうか?ご来店おまちしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Please reload

Featured Posts

季刊誌cycle 最新号出ました!

October 23, 2019

1/5
Please reload

Recent Posts
Please reload

Archive
Please reload