巨人の最新モデル

展示会記事第二弾です

今回はスポーツバイクを調べたら

100%と言っていいでしょう

あのブランドです

GIANT

ひろびろーとしたホールのど真ん中でやってました

受付を済ませて早速目に飛び込んできたのは

TRINITY PRO1

PRO2

いきなり高額な自転車がお出迎えです

某アメリカンバイクのようにトップチューブにドリンクを入れるのではなく

ヘッドチューブ側にドリンクが入るスペースがあります

また、リヤタイヤはこれでもかと言うほどパツパツなクリアランスで

よくここまで設計して作れたなと言ってしまうほどの精度でした

お次は噂のアルミロード

CONTEND

今までGIANTはアルミロードと言えば

ロングライド思考のDEFY、レース向けのTCRと出してきてましたが

17年モデルはこのCONTEND一つにまとめられました

もちろんDEFYとTCRは上位グレードのカーボンモデルやSLRで残ってます

初めてのロードバイクで2種選んで悩んじゃうなら両方をまとめたバイクを作って

コレ1台で!って感じにしたんでしょうね

パーツ構成は8速と9速にSLと値段の安めのアルミロードですね

8速のクラリスは¥78,000 +Tax

9速のソラは¥95,000 +Tax

どちらも16年モデルに比べてお値段が少し安くなってます

エスケープも相変わらず現役モデルとして出してくれてます

代わりにエスケープAIRがなくなり出たのが

CROSTAR

おそらくAIRに変わるモデルですが

どちらかと言うとDEFYのフラットバー版と言った方が近い気がしますね

お値段は¥54,000 +tax

この価格で悩むならこっちもありでしょう

ESCAPE RX シリーズ

こちらも変わらず続投です

アウターケーブルがフレーム内蔵ってるのでワイヤートラブルも少なくて済むモデルですね

こちらのお値段は¥57,000 +Tax

街乗りをメインにするなら

エスケープ←CROSTAR←RX の順番でしょうか

週末ライドも楽しみたい!と言う方は

RX←CROSTAR←エスケープ の順でしょうね

位置づけとしてはこのように1メーカーでクロスバイクが選べるのはうれしい所ですね

17年モデル

早期受付もやってますのでお気軽にお問い合わせくださいー

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square

© 2017 by Shimizu Bicycle Site

Orange Bike Co., LTD.