© 2017 by Shimizu Bicycle Site

Orange Bike Co., LTD.

意外と簡単なカスタム

June 14, 2017

日中は少し蒸し暑く夜は冷えてと気温差がまぁまぁ激しいここ数日

 

梅雨入りしてるのをすっかり忘れるくらいの快晴な今日

 

雨が続くと自転車を乗る機会も減ってしまいます

 

そうなれば自転車をメンテナンスなんてどうでしょう?

と言いたいところですが今日は別の話題にしておきます

 

ビッグボスよりカスタム車を製作せよとの

指令が来たので早速、在庫を使って作ってみました

 

ROAD MARK custom

¥31,780 +Tax

 

 

まぁパッと見てわかるカスタムにしてみました

 

自転車はざっくりパーツ分けすると

フレーム、ホイール、タイヤ、ハンドル、サドル、変速機、その他

くらいに分けられます

実際はもっと細々したパーツがありますが

まぁ基本はこの辺を抑えておけば大丈夫です

 

フレームを弄ると色々とアレなんでとりあえず簡単な所から交換です

 

グリップは

grunge

Wスリムグリップ

 

¥1,900 +tax

端がネジで固定できるようになっており滑りにくく握りやすいグリップですん

ゴムグリップよりも固定力が強いので握りこむ人にはオススメのパーツです

 

お次はサドル

grunge

タービンサドル

 ¥2,100 +tax

コチラは傷あり品の為お値引してあります

サドル形状はどこかコンコールっぽいような違うような形状です

 

各ワイヤー

¥360~

けっこうこれもピンキリであります

外側のアウターケーブルだけでこの価格~なので他部品代もかかる場合がありますん

 

まぁ自転車作ってて組み上げた最後に

「あっ・・・写真・・」なんてことになったので自転車の元の写真はありませぬ

 

コンセプトとしては同じカラーは極力使わないコンセプトのバイクです

 

シフターやタイヤが同色を使ってますが気にしない

だってカラーケーブルやタイヤがなかったんだもん仕方ない

 

左右で色を変え

 前後でも色を変えております

ちなみに前後ブレーキのケーブルはフロントが一番外に来るようにセッティングします

写真のはフロントを前にすると写真写りが悪かったのでわざと変えてます

 

 

慣れてくるとプラモデルのような物なので

アレを変えて次にココを変えてと自分でも簡単に構想することができます

 

ちなみに自転車本体価格ですが定価は¥32,800+taxです

あれこれパーツ変えても定価を切るくらいのお安い価格になってるので

初めてのカスタムもしやすい価格設定になってます

 

 

Please reload

Featured Posts

季刊誌cycle 最新号出ました!

October 23, 2019

1/5
Please reload

Recent Posts
Please reload

Archive
Please reload