ternの展示会はいろいろアルヨ

先日は朝一から展示会へ行ってまいりました

今度また新たに取扱いブランドが増える予定です

tern

今では自転車を知ってる方はお馴染みですが

ここ数年で何やら人気再浮上中とのこと

我々は賢いのでこの流れに便乗します

ブランドの読み方は「ターン」です

元はDAHONの暖簾分けブランドですね

なので昔はハンドルが内側に畳むのか

それとも外側に畳むのかの違いがありましたが

今ではどちらのモデルも作られてます

結局どう違うのかと言うと

ちょっとした足から生活圏内はDAHON

生活圏内からサイクリング等はtern

こんな感じで考えてもらえると簡単かもしれません

もちろんターンでもちょっとした足になるモデルも出てるので

あくまでも全体のイメージです

そして今回は展示会で色々と写真をパシャパシャしてきました

先ず目に入るのがこれ

rip

えらくシャープなフレームのクロスバイクです

エアロフレームなバイク

サイズによってホイールの大きさも変わるモデルです

これにより身長が低い方でも乗れるようにしてるのでお問い合わせも多いかも?

シートポストは直で締め付けるタイプなんで見た目はえらいすっきり

最近多い、フロントシングルのリアはクラリスを装備

しかしripとはまた面白い名前をつけたもんです

これ名前付けるときどういう意図でつけるんでしょうね?

価格は¥78,000+tax

ポリッシュは価格が少しあがりまして¥81,000+tax

これならどのカラーもかっこいいのでオススメですね

お次はコチラ

rivet

リヴェットと読みます

シングルっぽいクロスバイクですね

ripほどストリート色はキツくないですが

それでも走るバイク

フレームはクロモリ+メッキフォーク

シンプルっぽさを前面に出したちょっとシャレオツ系なクロスバイク

ハンドルはトラックハンドルにして

変速機はダブルレバーに

カラーもそこそこに発色はとっても綺麗でした

赤いフレームがワインレッドでいい感じ

お値段は¥69,000+tax

次は今回一押しのクロスバイク

Clutch

クラッチ

クリアが吹いてあるんですが

マット塗装よりもいい感じの色合いに落ち着いてます

フレームにピンクもあるんですが

これ男性の方が似合うような色合いです

イエロー、ピンク、レッドは蛍光色に近い感じの色合い

ブルーはパステルっぽい色合いですかね

フレーム以外を全部黒統一してるのは面白い

これで別のカラーを入れられたら面白いでしょうね

センスが問われますが。。。

こちらもフロントはシングル

リヤは8段のアルタス

このパーツ仕様なら普段使いで困る事はないでしょう

お値段は¥51,000+tax

なんと5万円前半でした

そこそこ使い勝手が良く5万前半はお値打ちです

フォールディングも見てきたんですが

記事が長くなって面倒なので

次回にご紹介です

最新記事

すべて表示

東京五輪ロードレースはこんな感じだった

始まりました東京オリンピック 色々とありましたがスタートしました 初日は自転車好きな人はチェックした人も多いであろう ロードレース 日本からは新城選手と増田選手が参加 グランツールでもおなじみの選手が何人も参加してるので 事実上ツールドオリンピック ただしこちらは個人戦ワンデイレース パレードは10kmほどでそこからスタート ちょっと走ったらすぐ登ったりのステージ 加えて日中の気温と湿度それに通り

Featured Posts
Recent Posts