© 2017 by Shimizu Bicycle Site

Orange Bike Co., LTD.

握り心地がやべぇグリップ

November 4, 2017

投稿続けてのグリップネタですが

 

やべぇです

 

どう伝えたらいいのか。。。

語彙力がたったの5なので上手にお伝えできませんが

できないなりにがんばってみます

 

GP

エルゴグリップ

 

¥1,800 +tax

 

最近の完成車にも採用されてきているエルゴ型のグリップです

種類は今は結構な数が出てます

では、通常のグリップ何が違うかと言いますと

 

丸いグリップは文字通り筒を握るような状態です

 

今まであった自転車で一番多く使われてるタイプですね

これは成型が簡単で部品単体の費用も安いタイプが多く

カラーや太さなどいろいろとあります

 

 

さて次にエルゴ型グリップはというと

まぁ写真を見てもらって一目でわかると思いますが

 掌全体で握るグリップです

 

特に拇指球(豆状骨、三角骨)の部分までしっかりと体重を乗せる事が出来ます

握ると判るんですが、手全体で握り込むから自分専用のグリップを使ってるかのように

掴むことができるんです

 

それでもわかんねぇよと言った人に説明しますと

細い筒に粘度を二回りくらい盛ってそれを握ります

そうすると「自分の手の形」に粘度は成形されます

それがそのままグリップになってると思ってください

 

いやいや、それでもわかんねぇって方はお店に来て握ってみてください

説明するより体験した方が速い気がします

 

冗談はおいておいて

 

じゃあなんでここまで握りやすいか構造を説明しますと

グリップ本体が立体構造になってて握った状態でいかに

「長時間使って疲れない」「掌全体で握れるか」を考えて作られてるんです

 

これだけ説明すると「万能品」と思いますが

エルゴ型グリップにも弱点はあります

 

それは「1つのグリップで全ての手のサイズにフィットするわけではない」と言うことです

 

じゃあさっき述べた握りやすいとかどうなの?となるかと思います

それはまた別のメーカーで出てるのですが

サイズ別のグリップが販売されてます

 

これで手の小さい方、大きい方にも対応してます

もちろんこちらは少しお高いですが、一度つけてみる価値は十二分にあります

 

また、メインは普段使いからサイクリングくらいを想定してるので

ダウンヒルやレースなんかだと逆にもっと握り込めるグリップの方がオススメです

 

語彙力5が語ってみましたが少しでも興味を持ってもらえましたらお店に置いてあるので

是非お試ししてみてください

 

 

今月はもしかしたらグリップとかがお得になるかもしれない情報が

LINEで出てるかもしれません

一度登録してみるといいかもしれませんよ

 

 

Please reload

Featured Posts

季刊誌cycle 最新号出ました!

October 23, 2019

1/5
Please reload

Recent Posts
Please reload

Archive