© 2017 by Shimizu Bicycle Site

Orange Bike Co., LTD.

誰もが一度は思う事をやってみた2/2【repair?】

May 30, 2018

あいあい

 

前回の記事を見た方は肩すかし?

でも勉強になったんじゃないかな的な記事でしたが

 

今回はちゃんと遊んだ結果が載ってますので

 

サクっと本題に

 

はいこれ

 

以前修理で交換したハンガーです

運よくまだ捨ててなかったのでラッキーです

 

このハンガーの記事はこっちから

 

今日の遊材はコレに決定です

 

では早速「元に戻るか」を試してみましょう

 

先ずは相手を知る事から始めましょう

 

素材はアルミです

おそらく6006系のアルミでしょう

7000系だと変速機が逝ってしまうかもしれない。。。

 

先ずは基本中の基本

 

手で曲がるか試してみましょう

 

 

カメラ片手に曲げてる姿はシュールですが

割と本気で力を入れてもまったく動く感触ない

 

手が痛くなったんで曲がったかの確認。。。

 

んーダメっぽいね

 

じゃあ次

 

手がダメなら工具を使えばいいじゃない!

 

という訳で買ったけど未だ使ってないバイスプライヤーの出番

 

 

初めての出番がハンガーを曲げて遊ぶ修理とはまさか夢にも思うまい

 

下部を挟んで上はアーレンキー差し込んでテコの原理です

 

テコの原理で曲がったなら同じ原理で曲げ直せばいいんじゃないか!

 

なんて短絡的な発想なんだ!

 

結果は

 

you lose

 

うん

これアレだ

結構大きい工具かなんかで曲げないとちゃんと曲がらないやつだ

 

キズが入っただけで曲がらずにそのまんま。。。

 

 

 

じゃあ上下にアーレンキー差し込んで曲げればいいじゃない

 

片方に足を当てて動かないように

そしてもう片方を差し込んで軽くクイっとすると

 

ほぅ。。。

 

 

 

簡単に曲がるぅ

 

 

 

 

 

しかし上だけしか曲がってないな・・・

 

 

少し戻ったからもう一度曲げれば修正できるんじゃねぇかなぁと思い

 

 

 

クイッ・・・

 

 

 

 

 

わはは

 

 

 

 

・・・・パキッ

 

あっ。。。

 

 

 

ここで破損

 

 

知識ノ進歩、発展ノタメハ

犠牲ガツキモノデース

 

少しずつ力を加えてみましたが

まぁ確かに何度か曲げてればこうなるわな

 

 

結果

 

 

やはり曲がった物を修理するのはイクナイ

 

手で曲がらないからと言ってしっかりと強度があるわけではなく

ある程度太い工具突っ込んで少しの力で簡単に曲がるんで

瞬間的に強い力が掛かる事で簡単にグニャっと曲がる

 

そしてじわりじわりと力を掛けて戻そうとするとパキっと逝くと

 

うん、とても分かりやすい

 

結果出る前から言ってますが

 

やはり曲がったら交換する方がいいですね

 

ちなみに

ハンマーで叩いたり

熱して曲げ直すなんてことは

今回した以上にご法度ですのでご注意を

詳しくはgoogle先生に聞いてもらうと分かります

 

これで自身で曲げ直してまた曲がってディレーラー巻き込んで事故ったら

完全に因果応報ですね。。。

 

単独事故ならまだいいですけど

これで人を巻き込んでしまうと流石に笑い話にもなりませんので

曲がったと判ったら素直に交換しましょう

 

またハンガー修理があったら次は別のやり方で修正できるか試してみよう。。。

 

 

Tags:

Please reload

Featured Posts

季刊誌cycle 最新号出ました!

October 23, 2019

1/5
Please reload

Recent Posts
Please reload

Archive
Please reload