© 2017 by Shimizu Bicycle Site

Orange Bike Co., LTD.

ハンドルのアップグレード【parts】【custom】

December 5, 2018

自転車って実はお手軽にドレスアップやアップグレードできるんですよ

 

それこそ

 

ステムネジからワイヤー、スポーク、ペダルとか

サドルやタイヤもカラーが豊富にありますからね

 

部品点数が多いので大まかにこの辺をカラーカスタムしたい!

ちょっとこういったパーツを付けてみたい!

 

なんてこともできます

後者は規格がある程度必要なので

必ず取り付けが出来るってわけではないですが

 

比較的簡単のだと

この辺とかも多い感じです

 

 

バーエンド

 

フラットバーに取り付ける部品です

 

 

 

 

これを使う方はある程度自転車を乗ってる方です

それも坂道や長距離を走ったことがある方でしょう

 

このバーエンドとは

乗車時の姿勢を変えることができるアイテムなのです

ただの牛の角みたいなアイテムではないのです。。。。

 

なぜ乗車時の姿勢を変える必要があるかと言うと

 

ロードバイクのハンドルを思い浮かべてみてください

 

アレはドロップハンドルと言って横から見るとコの字型です

 

そのコの字に突き出すようにハンドルレバーがあります

 

 

長距離を走るに、ハンドルを持つ位置をその場その場で変えられることで

乗車姿勢を変えることができるのと、体への負担を減らすこともできます

 

では、クロスバイクは真っ直ぐなハンドルかと言うと

そもそも長距離向けに開発されたバイクではなく

近中距離を走るバイクとして生まれたからなのです

 

 

ロードバイクは主に長距離をメインとして使える機材であり

 

クロスバイクは近中距離をメインとしてます

 

それに加えて

乗車の姿勢も前傾姿勢になり過ぎず

姿勢を起こした状態で周囲を高く広く見やすくしている点です

 

じゃあMTBはどうなんだとあると思いますが

こっちはまた用途が違います

超ざっくり言うとMTBによっては上からハンドルを押し付ける様に乗るので

深い前傾姿勢を取るともれなく吹っ飛びます

 

ただし、最近のスポーツバイク事情は

複雑化してます

ちょっと格好よく言うと多様化してます

 

なので必ずしもその使い方が全て正しい!とはなりませんので

こういった使い方がメインでその他にもこんな使い方がある程度に覚えておきましょう

 

 

では話をクロスバイクに戻しましょう

 

先ほどのバーエンドですが

アレは中長距離や坂道を走りやすくするためのアイテムでもあります

 

なので踏ん張ったり乗車姿勢を変えることができるので

同じクロスバイクでも走った後の疲れ方が変わります

 

そしてだいたいの自転車に取り付けることができますので

自分の愛車につけられるかどうかご不安な場合はお気軽にご相談下さい

 

 

Please reload

Featured Posts

季刊誌cycle 最新号出ました!

October 23, 2019

1/5
Please reload

Recent Posts
Please reload

Archive