© 2017 by Shimizu Bicycle Site

Orange Bike Co., LTD.

原因はここにもある!かも!【repair】

December 21, 2018

今年のクリスマスはどうにか雨は降らなさそうです

 

去年って雪ふったっけ。。。。?

 

全く記憶にありません・・・

 

今年も駆け込み購入があるのだろうかと 手ぐすね引いてお待ちしております

 

 

さて、前回の記事でチェーンの交換についてお話をしました

 

アレはシングルギヤのチェーンでしたが

 

多段ギヤの場合はもっと大変な場合があります

 

歯飛びです

 

力を入れて踏み込んだらパキンパキンって音が鳴って滑る感じがあります

 

これは古いチェーンとフロント、リアの歯車(チェーンリング、スプロケット)が削れ合い

噛みあわせが段々と悪くなってしまい

最終的にはチェーンが歯車に噛み合わなくなることで起こる現象です

 

この時にはもうチェーンを交換したとしても歯車も合わせて交換が必要な場合が多く

スプロケットも交換になる場合が多いのです

 

あまりにも削れ過ぎている場合は前後共に交換になりますが

値段はギア数によって変わるのでその都度見積もりを立ててもらいましょう

 

さてこのスプロケットは歯飛びをしたスプロケです

 

 

写真でも見てもとても分かりづらいのですが

まだ削れも歯飛びが始まったくらいで初期症状です

 

3段目と4段目が特に削れてます

 

 

末期になるともっと尖って文字通り刺さります

 

削れてる場所も1ヶ所でなく

数か所で削れてます

 

 

ここは本来であればこのように台形の形をしてます

 

 

削れる原因としては

砂利や埃、錆、油切れによる金属同士の摩耗

 

なんかがあります

 

定期的に油さし、掃除をすることで「寿命を延ばす」ことは可能です

 

あくまでも延命処理なので交換はいずれしないといけません

 

 

定期的に見てメンテナンスするだけでも

かなり乗り心地も変わるのでオススメします

 

ちなみに一般車でも同じようにメンテナンスしてあげると

スポーツ車と同じく寿命が伸びますよ

 

 

Please reload

Featured Posts

季刊誌cycle 最新号出ました!

October 23, 2019

1/5
Please reload

Recent Posts
Please reload

Archive
Please reload