© 2017 by Shimizu Bicycle Site

Orange Bike Co., LTD.

たぶん日本に1台だけかものバイク【SALE】

March 17, 2019

なんとも曇り空な天気が続きます

 

夏になれ!

とは言いませんがもう少しパリっと晴れてほしいものです

 

今週くらいまでが高校や中学校の卒業式のようです

 

大学も卒業式が今週くらいまでっぽい感じです

 

となると

 

次は引越しです

ばたばたシーズンです

 

新しく一人暮らしを始める人は

自分の城が手に入るのです

 

あの

自分だけの空間が出来る感覚はなんとも表現し難いものです

 

そしてその感覚は自分だけの自転車を購入したも似てます

 

その買った自転車がもしかしたら日本に1台しかないカスタムをしてたとしたら・・・・

 

GIOS

ULTIMO

 

¥123,000 +tax

   ↓

¥100,000 +tax

 

 

 

もともとはクロスバイクとしてラインナップしてました

 

それをロードバイク化したカスタムモデルです

 

最大の特徴として

 

フレームはアルミとカーボンミックスのアルカーボンタイプです

 

フロントフォークがカーボンなのは

今では一般的です

そしてこのモデルも同じくカーボンフォークです

 

 

前からくる突き上げやハンドルに来る振動を吸収、減退してくれます

 

また、リヤバックのシートステーも同じくカーボンになってます

 

この部位をカーボンにすることで

 

おしりに来る振動を吸収、減退する機能が備わります

 

これにより、より長距離のライドをしたときにも

カーボンバイクに乗ってるように体の負担を軽減できる訳です

 

最近ではこのアルカーボンモデルが見かけなくなりました

最大の理由としては

アルミフレーム加工技術が上がったからです

 

しかしながら

やはりそこは金属

炭素シートよりは重たいのです。。。

なのでアルカーボンバイクはアルミより軽く仕上がります

 

 

フレームサイズは53と割と大きいサイズで

適応慎重で言うと175cm~185cmくらいでしょうか

ちょっと大きめのサイズを探してる方には丁度いいでしょう

 

他には、パーツはシマノをアセンしてます

10速ギヤなので

旧TIAGRAが使われてます

 

レバーはフラットバーハンドルからドロップに変えたんで

 

倉庫に眠っていた旧105を取り付けです

 

 

この触覚がいいんですよ!

わかる人にはわかるやつです

 

なので

仕様として

105とTIAGRAのミックスコンポです

 

 

型落ちのパーツと言えど

そこははやり上位機種

 

変速の入りやレバー操作がやはり容易です

 

バーテープもちゃかりとGIOSの純正品です

 

通常、フラットバーからドロップバーにカスタムをした場合は

値段が高くなります

 

それはブレーキと変速レバーが一体型になったこの部品が高いからです

 

ですので本来ならば、カスタムをして、ワイヤーなどもすべて張り替えてるので

部品代だけで3万円ほどは追加でかかるのです。。。

 

 

が!

 

そこはもうSALE価格ということで

 

ハンドルやレバーを取り付けて

さらにお値引き価格!

でお買い得になってるのです

 

安くなっててお買い得なバイクが欲しいなーと思ってる方は

ぜひオススメする1台です

 

速度性能やブレーキ性能は現行のモデルと遜色ないです

 

むしろ

アルカーボンタイプのバイクが走ってないので

逆にレアな車体になってます

 

オールドバイクってこうやって出来ていくんですね

 

まだ新しいバイクですが・・

 

Please reload

Featured Posts

クロスとロードのいいとこ取り!

January 11, 2020

1/4
Please reload

Recent Posts
Please reload

Archive
Please reload