一式交換【REPAIR】

もう8月です

中高は夏休み

大学もほぼほぼ夏休みに突入しました

サラリーの方は夏休みと言えばお盆などの夏季休暇が

あったりなかったりだと思います

聞いた話では

イタリアなどは2週間くらい夏季休暇があるそうです

2週間もあれば文字通り何処でも行けますね

毎日使ってる自転車も長期休みで走りに行くこともできるので

ツーリングも面白そうです

しかし

やはり遠出となるとメンテナンスは必要です

今回はリペアかカスタムか悩むところですが

足回りを同グレードにしたのでリペアにしました

さて、なぜ足回りを換装したかというと

歯飛びです

これはチェーンが伸びてギヤがかみ合わずに

滑ってしまう現象を言います

確認の方法としては色々とありますが

目視確認できるくらいだとかなり磨り減ってます

たとえばこのクランクの隙間を見ると

かなりスカスカです

もちろん交換すれば問題なく走れる場合もあります

ただ注意が必要なのは

チェーンだけを交換した場合

クランクとスプロケットのかみ合わせは大丈夫なのか?

ここが重要です

A:スプロケ

B:チェーン

C:クランク

基本的にはABCは全て新品であればまったく問題ありません

しかし

AとCを繋ぐ役割をしてるBだけを新品にした場合

古い状態のA,Cと新品のBでは噛み合わせが合わない場合が出てきます

これはABCそれぞれが同じように削れて噛み合ってるからです

早期の交換であれば多少古くなったA,Cでも問題なく動きます

しかしここで注意が必要なのは

交換以前にどれだけ使用していたかです

今回のように前のクランク(C)とチェーン(B)が見るからに

隙間がある状態だと

チェーンを交換しても先ずは飛びをします

それはこの尖ったクランクを見れば判りますが

新品のチェーンにしてもクランクが削れてるのでチェーンに食いつかないのです

そうなるとクランクやスプロケットも交換になります

ということでチェーンとクランクなど一式交換です

FC-4700に交換します

BBもホローテックⅡになるので

ついてるBBを外して掃除して新たなBBを入れます

交換作業中にプーリーもかなり削れてるのに気がついたので

ここも交換です

この写真を見れば一目瞭然ですね

あとはチェーンですが

実は注意点があります

現行の4700のTiagraは実は通常の10速チェーンではなく

MTBなどに使うHG-Xです

これはよく間違えるやつです

TIAGRAの4600シリーズは通常のCN6701やCN4601が使えます

ただ新型の4700はHG54かHG95を使用しないといけません

一応は4700でCN4601とかも使えます

変速性能はかなり落ちます

理由としてはチェーンの構造が違うのです

表面がツルっとしてる(CN4601とか)のと

角を落としたような形になってる(HG95とか)のと

2種類あります

大別するとロード用とMTB用ですが

11速からは実はHG-Xチェーンになってるので

そもそもロードとMTBは兼用になってるのです

これ今後もSORAやCRARISもグレードアップしたときに

HG-Xになるかもしれないので注意が必要です

組み換えは完了して動きもスパスパ決まるので大丈夫そうです

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square

© 2017 by Shimizu Bicycle Site

Orange Bike Co., LTD.