2020年最新モデルのMTB入荷しました

台風シーズンでしょうか

ちょいちょい発生してます

京都はまだ大きな被害は今年は出てないので

今年は平穏ですが

台風の通り道になりやすい場所は被害甚大のニュースを聞きます

あと少ししたら台風も収まるのでもう新しい台風は発生しないで欲しい所です

台風のあとは道が砂利でいっぱいになることもあります

台風というより雨の後ですね

一般車でも走ってるとたまに滑ってる人を見かけます

そういった時に大変ありがたいのが

太いタイヤです

タイヤを太くするとグリップ力、走行時の安定と

色々と街中でも優位な点が多い

特にタイヤが太いタイプが多いのがMTB系です

この自転車もその一つ

GT

パロマーAL

¥41,800 +tax

お値段かなり安いMTBですが

ちゃんと造りはしっかりしてます

タイヤサイズは今や一般化した27.5

転がり、安定、走破性、どれをとってもオールマイティな性能を持ってるサイズ

ブレーキはVブレーキを装備してます

フロントフォークにはディスクブレーキを取り付けできる台座があるんで

後々のカスタムでディスク化もできます

そうすると

より楽にブレーキをしっかりかけることもできます

また、リアキャリアを取り付けることも可能

荷物を積載することも出来ます

荷物を積載する際は

タイヤを太くして対パンク性能を高めるのも必要です

MTBならもともとタイヤも太いので重量があるものを積載しても

パンクしにくいメリットがあります

もちろん細いタイヤでも可能ですが

全重量がタイヤに掛かってしまうのであまり重たくしないほうが吉です

また、このパロマーは以前までのモデルは

スプロケットはボスフリータイプでしたが

今年のモデルからはカセットタイプに変わりました

興味がないというか

じゃあそこが変わったことで何が変わったの?となると思います

単純に部品の品質がアップしてます

そして逸れに伴ってホイールもグレードアップしてます

以前のモデルよりも2千円ほど値上がりしましたが

お値段以上の性能が反映されてるので

実はお得になってるモデルです

ここ数年で

タイヤが細いタイプから太めのタイプへと世界と日本のトレンドが移行してます

トレンドって言うと流行りですけど

段差の多い日本だと最初からタイヤの太いモデルは土地柄合ってるんですよね

スピードもそこそこに出るからトレンドが一周回ってまたMTBに来そうです

最新記事

すべて表示

東京五輪ロードレースはこんな感じだった

始まりました東京オリンピック 色々とありましたがスタートしました 初日は自転車好きな人はチェックした人も多いであろう ロードレース 日本からは新城選手と増田選手が参加 グランツールでもおなじみの選手が何人も参加してるので 事実上ツールドオリンピック ただしこちらは個人戦ワンデイレース パレードは10kmほどでそこからスタート ちょっと走ったらすぐ登ったりのステージ 加えて日中の気温と湿度それに通り

Featured Posts
Recent Posts