逃すと次は2月頃になる人気モデル入荷

メーカーに在庫がない場合

次回○○ぐらいに入荷しますと調べることが出来ます

そうすれば予約をしてその時期くらいに商品が受け取ることが出来ます

ポケモンとかまさにそんな感じでしたね

今回の分は予約分で埋まってるので次回の入荷分で予約が取れますといったことがあります

自転車もそんな感じでメーカー在庫がない場合は次回生産時に予約が取れる場合が多いです

ただこのブランドはかなり先に予約しておかないと手に入りません

GIOS

MISTRAL

¥51,000 +tax

スポーツバイクブームも落ち着いた中

未だ大人気でサイズによっては4ヶ月待ちになったりするモデルです

ちなみに4ヶ月待ちと言ってますが

ここのメーカーはだいたい月一ペースで入荷してます

なので4か月分も予約で埋まってるのです

大人気ってレベルじゃなくて入手困難って言ったほうがしっくり

なぜコレほどまでにこのモデルが人気かと言うと

価格とスペックがおかしいの一言に尽きる

先ずはその価格

¥51,000と通常のクロスバイクでもかなり安い

昨今の価格はだいたいこの価格に+3、4,000円が多くなりました

ここ数年、物価上昇によってスポーツバイクの値段もあがりました

ただ、数年に一度は値段が下がったりします

次にスペック

かなりの高スペックなバイクなんです

パーツはフルシマノスペックと

駆動、制動部分にかなり力を入れてます

加えて

ホイールまでシマノホイールと

パーツに予算全振りしたくらいのモデルです

このR501ホイールは10万前後のロードバイクの完成車によくつかわれます

価格的に半値のこのミストラルがこのホイールを使ってることで

以下にパーツにお金をかけてるかが・・・

通常、価格が安かったりすると

パーツの一部を自社生産したパーツを取り付けたり

パーツグレードを落としたサードパーディを使用します

自社パーツはハンドルやポストなどの駆動部分にはあまり関係のないパーツ

駆動部分はシマノで統一してるので

やはり価格面、コスパ面でみてもかなりお買い得なのは

買いなバイクであることは間違いがない

ブレーキもシマノのVブレーキなので

制動性も高くブレーキのタッチが滑らかに出やすい

ホイールのリム幅で言うと32Cまで対応してるんで

もうちょっと太いタイヤ履いてクッション性を良くしたい

パンクにちょっとでも強くしたいといった要望も

タイヤを太くすればできますのでカスタムもやってますよ

最新記事

すべて表示

完成車とか修理についてのお知らせ

結論を先に言いますと 昨今のコロナによる打撃で実は完成車の入荷の予定が立ってません あと部品もなんか一部すっからかんになってます のっけっから自転車屋してて初めての文章を書いてるなぁと思います この目処が立ってない原因は一つしかありませんので・・・ 先ずですね 2021年モデルの入荷予定がカオスになってます 5月だったり9月だったり 「入荷予定有り」とだけ書いてあり年内に入ってくるのかすら怪しいも

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square

© 2017 by Shimizu Bicycle Site

Orange Bike Co., LTD.