top of page

新しく買った愛車を守るならコレはどうでしょう

更新日:5月20日

暖冬が続いており寒いながらも自転車は今日も走ってます

もう少し暖かくなると自転車の購入シーズンというか

春が来るので新しい自転車を街中でよく見かけるようになります

それに伴って増加するのが

盗難です

もらい事故みたいなものですが

値段に関係なく盗難に遭った場合ダメージは大きいものです

特に新車が盗難に遭うとすさまじいダメージがあります

そこで

新車購入をする際にオススメしたいのがコレです

ABUS

盗難見舞金制度

上記の内容で最大12万円まで補償してくれる制度です

通常、自転車を購入した際に鍵もセットで購入する方は多いのですが

盗難補償までセットで加入される方はあまりいらっしゃいません

というのも

どれくらいの頻度で盗難に遭うかがまず判らないからです

もちろん、保険なので遭わないに越したことはありません

もしもの保険ですからね

そして、保険料は通常

車体金額or掛け金 x 年数 =保険料

この数式です

あとは自転車の保険は掛け捨てが多いので

盗難保険の更新は基本ありません

じゃあ1年にどれくらい自転車が盗難に遭うかというと

平成30年で京都市内で約4,000件ちょっとです

年々減少してるもののそれでも4千件とかなりの件数です

また盗難場所は今や自宅(マンション、アパート等)が多く

次いで駐輪場や駅前などが多いみたいです

お住まいの地域をクリックすると

令和元年12月までの盗難発生場所がわかります

自転車めっちゃ盗られてるじゃん!と感じると思います

ただ、カラクリがありまして

盗難の約半分近くは無施錠

つまり鍵をしてない状態で盗られたとあります

しかし無施錠ではなく

しっかりと施錠した状態でも盗難に遭ってる人もいるのは事実

4千人のうち、2千人くらいは鍵をしてても盗難に

1日に5人が鍵をしてて盗られる計算です(めっちゃざっくり

自分が決して盗難に遭わないとは言い切れませんが

万が一を考えるなら盗難保険に入っててもいいかもしれません

そしてこのABUSの鍵は盗難補償制度がついてます

自転車とセットで購入したら最大3年間の保証がついてるので

割と人気があります

そして特に人気があるのがこのタイプが人気です

ABUS

Bordo Lite 6055

¥7,980 +税

Bordo Lite 6055 Mini

¥5,980 +税

U GRIP Bordo 5700

¥5,980 +tax

これらのタイプは最大¥50,000までの見舞金が出るタイプです

なるべくコンパクトに持ち運びがしやすく

そして強度があり破壊され難いタイプの鍵として人気です

1年/¥1,500の3年/¥4,500くらい保険料として考えれば

鍵本体は約2~3千円程なので

そこまですごく高い鍵といった感じはないかと思います

また、鍵本体も値段なりの強度を持ってるので

3年以降も使い続けても全く問題ない鍵です

そもそも3年プランは他の盗難補償プランでも

それなりにお値段する場合があるので

下手に高い盗難補償と比べた時に

補償に入ったら鍵がついてきたくらいの差があるかもしれません

事故と同じで

極力気を付けていても起こるときは起こるので

受けるダメージを減らす意味でも

こういった補償付きの鍵がオススメだったりします

Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
bottom of page