単独事故でも必ずチェックしましょう【REPAIR】

3月なのに暖かかったり寒かったりと

気温がバラバラで体調管理が難しい今日この頃

自転車に乗る方も増えてはいますがやはりコロナの影響もあってか

人は少なく感じます

学校も入学式がなくなったり

早めの休校になったりと色々と大変です

はやく終息するといいんですが

こればかりはどうなるか分からないところ

自転車も同じで

事故をしてしまってから自転車に乗ったら変な音がする

などなどお店にご相談いただくことがあります

ここ最近は人身事故ではなく単独事故が多い感じがあります

縁石を超えようとしたらズッて転倒したや

走ってて電柱にぶつかった

走ってたら溝に嵌って転倒した

結構様々です

その時は必ず気が動転してるので

自身の体調や自転車の状態が多少悪くても気づかないことがあります

極端に自転車が壊れた場合はすぐにわかるのですが

走れる状態であればそのまま走ってしまう人が大多数です

今回もも同じ様に走ってて違和感に気が付いての持ち込みです

ではさっそく見てみましょう

状態はこんな感じです

パッと見てわかる人はすくないと思いますが

フロントフォークが後ろに食い込んでます

ブレーキシューをみてもらうと

かなり食い込んでしまったのが判ると思います

この状態でフロントのブレーキをかけると

間違いなくタイヤはパーン

そして走行中もかんなりクイックな走りになってしまうので

これはフロントフォーク交換です

早速部品を取り寄せしました

上から見ても大きな違いはわかりませんが

横から見てみると

曲がったフォーク

新品のフォーク

これだけ曲がり差があるので当然走りづらくもなります

そしてこのフォークには

スターファングルナットが打ち込んでないので

器具を使って打ち込みます

金ハンでカンカンと打ち込みますが

ここで注意が必要です

それは打ち込み過ぎるとボルトが届かなくなること

なので予め曲がった方のフォークに入ってるファングルナットの深さを測っておきます

これで間違えずに打ち込めます

あとはグリスがカラッカラになってたので

ベアリング部分とフォークコラム部分に防錆処理としてグリスを塗ります

塗りすぎもよくないので

全体に馴染ませるようししたら余分なグリスはふき取ってもいいでしょう

ここで忘れがちなのが

ファングルナットにもグリスを塗っておきましょう

ここに雨水が入ってネジを錆びさせてしまうので

錆対策です

あとは元通りにスペーサーを入れて

ヘッドの玉当たり調整を行えば完了です

作業的にはそこまで難しい作業ではないのですが

毎日乗ってたり、事故をしたときに「なんとなく走りづらい気がする」で

済ませてしまうともっと大変な事故になる可能背もあります

なので定期的に点検をした方がいいので

修理、点検のご相談はお気軽にどうぞ

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square

© 2017 by Shimizu Bicycle Site

Orange Bike Co., LTD.