CRARISをSORAで使った話【REPAIR】

ながーく使ってる自転車

日々自転車は進化してます

今でこそオールドパーツといった言葉がありますが

その当時は最先端

しかし時代は進みやがてパーツの供給がなくなり

壊れてしまうと修理も出来なくなってしまいます

今回はそんな修理のお話です

バイクは長い間倉庫に保管されていたと自転車を点検してまた乗りたいとのことで

保存状態は非常に良く

チェーンなどの金属部分も錆びがほぼない状態

ただ、タイヤなどは交換となりましたが

変速調整の確認をしてたとこ

フロントの変速の入りが悪くなってるのに気が付いて

ふとディレーラーを触るとスカスカです

原因を見てみると

ディレーラーのバネを抑える部分が破損してました

本来は親指についてる部分が下の抑えの部分に当たる仕組みです

これによりワイヤーを引っ張りバネに力を加えて内側に戻る力を掛ける

というのがフロントディレーラーの動きです

そのバネを抑える部分が割れてしまってるのでもう抑えが効きません

ということで交換になるのですが

こちらのついてるSTIレバーは

ST-3303 SORAです

3400から9速になったので3300シリーズは8速です

ここまでは良かったのですが

シマノの互換性表に流石に現行のCRARISと8速SORAの互換性は載っておらず

昨今のフロントディレーラーは引き量が違う場合もあるので

最悪片側だけでもCRARISにしなければならない可能性があったのですが

ここでフロントの歯の枚数を確認すると3枚あります

3枚あると話は変わってきます

というのも

3枚用のフロントディレーラーはST-2403など旧型シリーズで使えるのです

ということは

・新型FD-R2030は旧型レバーST-2403 ST-2303などの旧型と互換性がある

・ST-2300やST-2400など、同じモデルでも互換性がある

・レバー系105(5600)やTIAGRA(4600系)の同じ段数でのMIXが可能

新型

完全な別物TIAGRA(4700系)や

フロントディレーラーの互換性が一部ないモデル(Rシリーズ)

これらは引き量や仕様がそもそも違うのでMIXはできませんが

フロントが3速用のフロントディレーラーであればST-3003でも使用可能と思えます

これが前2枚の場合だったら

Rシリーズは使えず 2400や2300シリーズのフロントディレーラーが必要になります

ということで取り付けました

結果は見事変速をしっかりしてます

ということで

SORA(旧8速)と新型CRARISは使えるということが判りました(フロント3枚に限る

知ってる人からすればなんてことない情報ですが

恐らくネットの海をサーフィンしても出てこない可能性があるので

メモとして残しておきます

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square

© 2017 by Shimizu Bicycle Site

Orange Bike Co., LTD.