夏場は気になるポジション【REPAIR】

お盆も終わり

次はシルバーウィークだーとなってます

ただその前にこの暑い気温が何とかなってくれるのでしょうか・・・

毎年の事とはいえ、やはり暑いのは困ったことです

最近では休日にサイクリングに向かう自転車の姿も見かけます

通勤や遊びに行くのに使う方ももちろんいらっしゃいます

日中の暑い時間ですので十分な水分補給もしてください

また、夏場は汗をかきやすく

グリップなどもべた付きが出てしまう事もあります

汗と共に気になる部分と言えば

グリップです

普段から使ってるのでなおの事気になる部分

一時的に解消できてもまたすぐにべた付いてしまうので

グリップなどは交換しちゃうのが一番です

クロスバイクであればグリップを直ぐに交換できます

例えばロードバイクだとこんな風に交換します

交換前のフードですが

併せてバーテープも交換です

こちらは触覚(変速ワイヤー)が横から出てるタイプなので

そのままフードを剥いで交換はできません

ということはブレーキワイヤーを外しての交換がベターです

この際にブレーキワイヤーもセットで交換すると

バーテープのまき直しの手間がなくて後々が楽だったりします

フード部分はこのように少しネッチャリしてます

原因は単純にゴムが加水分解を起こしてるからです

こうなると削り取るか交換しかありません

そして削り取る選択肢は基本作業にないので交換です

交換のフードはシマノから出てます

外して交換してる作業の写真を取り合忘れましたが

後ろからはめ込めば入ります

ただ少し硬いので広げる要領で入れてあげましょう

そしてバーテープも巻きなおして完成です

グリップを新しくするとネチャつきもなくなるので

夏場の不快感がかなり減ります

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square

© 2017 by Shimizu Bicycle Site

Orange Bike Co., LTD.