車に乗せて遊びにいこう!

1月に入り、夜の寒さが本格的になってきましたね 太陽が出ているときは、自転車に乗っていても、そこまで寒いと感じませんが 夜になると、気温も下がり一気に寒くなったと感じます ですので、自転車は日の光が当たっているときだけ乗って 寒くなってくる頃は、車や電車で帰りたいです そんなわがままを叶えてくれる自転車はこちら STRIDA LT-camouflage はい、という訳で今回ご紹介するのはこちらの折りたたみ自転車になります 町ですれ違ったら、おもわず二度見してしまう独創的なデザインですね しかしその見た目に反して 「初めての折りたたみ自転車ならぜひ」とおすすめしたくなる要素ばかりです では、その訳をみていきましょう おすすめポイントそのⅠ チェーンの代わりにケブラーベルトを使用しています ケブラーベルトの一番の特徴としては、油を指さなくてよいことです そのため、メンテナンスの必要も、油が服に着く心配もありません おすすめポイントそのⅡ 組立は2ステップしかありません ①磁石でくっついている前輪と後輪をはずして、広げる ②フレームを固定させる(三角形の底辺をはめ込む) 以上です。 初めてでも1分とかからず、組み立てれます 折りたたむとこうなります 縦長なので壁に立てかけたりでき、車はもちろんバスや電車でも幅を取りません キャリーバックの要領でタイヤを転がしながら、動かすことも出来ます。 階段など、転がせないところでも 重量が10kgと軽いので、問題なく持ち運べます では、気になるお値段のほうですが 通常価格¥90.000 の所 セールにつき 20%引きの ¥72.000(税別) 色

まるっととっかえ【repair】

天候が曖昧な感じですが晴れてると比較的暖かいですね ウチは日の登ってる時間帯は影になってますが。。。 先日まで体調が芳しくなかったので ブログにあげ損なってた修理でも。。。 内容的にはパーツの入れ替えです では早速 修理を行うのはこのビアンキです かなりの年季が入ってます クランクが42Tとなっておりスピードよりも乗り心地優先な感じ では何を交換するかと言うと クランク類一式交換です チェーンがかなりマズイ感じになってます 実はチェーンだけではなかったのですが 裏から見てみた所隙間がありありです 力を入れた時にこの隙間の差が生まれてます これは歯飛びを起こす原因でもありますね 正面から見てもスプロケとチェーンの間に隙間が見えます 同じ位置で踏み込むとチェーンがスプロケに食い込む お次はディレーラー周辺ですが ここも同じくプーリーやディレーラーが半固着をしてました 合わせて交換です 他にもスプロケが削れ過ぎていたり フロントディレーラーにガタが合ったりといろいろと問題が浮き上がってきました なのでこの辺を全て一新します では早速クランクやスプロケを外していきます 先ずはBBを外します ただ固着してるくらいに硬かったので めちゃめちゃ苦労しました。。。。 そして格闘の末なんとか外すことに成功 中を覗いてみると茶色です うん そりゃあ外れにくいわけだ BBもカスと一緒にモリモリと出てきました 唯一の救いはネジ山が舐めてないことです 掃除をして錆をある程度除去したらお馴染みのグリスを塗布します 次にスプロケを外します が。。。 またかったぁい。。。。 こちらも格闘の末外すことができまし

動かない。。。となるとここが悪い【repair】

先日、修理で持ち込んでいただいた修理が なんとまぁ久しぶりの修理箇所でした ハンドルが曲がらない 正確には ハンドルは少し動くがパキンと音が鳴って動かない 自転車を弄る人ならある程度ここで修理箇所が予測できたかもしれませんね ブレーキも問題なくタイヤも回転します ただ少しガタがあります となるとここでほぼ確定です ヘッドパーツがアウトです どうやら買ってから一度も分解をしてないとのこと ということでさっそく開けてみました まぁそうなるわな ボールもほとんど無くなってます この球と輪っかがボールベアリングだったものです これは上下とも完全にアウト レース部分も錆でほぼアウト ということで早速ヘッドパーツを取り寄せします そして届いたのがコチラ FSAのゼロスタックです メーカーのカタログを見たらインターナルと書いてあったので 「インテグラルかー」 と思ってパーツを取り寄せしようと思ったら ちょっとまてよ インテグラルでもこれセミインテグラルじゃん! ってなり内径を測った所44mmでドンピシャ (インターナル=インテグラル) (インテグラル≒セミインテグラル) (セミインテグラル=ゼロスタック) 引っ掛け問題に引っかかりそうになりました まぁヘッドパーツの形状を見れば判るんですけどね そうして届いたヘッドパーツはシールドベアリングタイプ うん これなら前のボールベアリングタイプよりは持ちそうです と言うことでサクッとレースを圧入して組み付けです コラムも少し錆びが広がってたので錆を落として防錆をします これにて完了です 作業としてはヘッドパーツの入れ替えです ここも勿論、メンテは必

違和感があるとここかも【repair】

雪が降ってないので寒いんですがまぁ良いだろう1月 といった感じです ひよこです 2月は雪が降るんでしょうか。。。 亀岡は雪が降ってるらしいですが 舞鶴は雪が積もってない?らしいです? 雪が積もってる所を歩くと少し違和感があります ふかふかしてるような でも場所によってはツルっと滑りそうな。。。 何かと不安定な感じです 雪の中自転車は走らない方がいいですが もし積もってない所で走って違和感があるならもしかしたらここかもしれません BB部分ですね BB=ボトムブラケットと言いますが ペダルを取り付けている「クランク」の回転を支える軸部分を指します で ここもネジで固定してあります そこでガタが出るのはどこが原因かと言うと BBの軸内部のベアリング部分です ここは分解できるタイプと分解できないタイプがあります 分解できるタイプはカップ&コーンタイプ 分解できないタイプはカートリッジタイプです 一般車はカップ&コーンタイプが主流 スポーツバイクはカートリッジタイプが主流です なのでこちらは新しいBBに交換するしかありません と言うことで早速分解して取りはずします BBのネジ山部分を掃除して 固着防止のグリスを入れます あとは外した手順と逆にして組み付けて完了です 交換したらバッチリとガタがなくなりました 毎日乗ってて気が付きにくいかもしれませんが ちょっとした違和感を感じたなら一度お店に見てもらうのがいいかもしれません

お出かけの際には一緒に持っていくと安心

ここ最近ちょっとバタバタしてて更新が途絶えてしまいました 気を取り直して引き続き投稿していきます 話題を変えまして 旅行する時に もしかしたアレもコレも必要になるかもしれない なんて不安に駆られてついつい使わないかもしれないであろう 荷物も沢山積めて旅行へ。。。 ひよこは最低限のものを持ってって必要であれば現地調達するので 行きよりは帰りの方が荷物が増えてることが多いです これがサイクリングならどうでしょうか。。 沢山積載して走るのはロングライドにはあまりオススメではありません 確かに、何かあった時の事を考えたら色々と工具などあった方が非常に便利です なのでこんなアイテムがあると荷物が一気に減っておすすめです LEZYNE RAP ¥2,730 +tax 携帯ツールですね こちらは現行には載ってないモデルです 2.3.4.5.6.8mmのアーレンキー T25.T35のトルクスレンチ チェーンカッターとプラスドライバー 以上の10ツールタイプ プラスドライバーとアーレンキーは良く使うと思います 特に輪行をする人だとハンドルを曲げたりとかで使いますね トルクスレンチはディスクブレーキだったりで使うことがあります クロスバイク、ロードバイクだと使う機会は少ないかもしれません そんでもってこのチェーンカッター これなんでついてるの?って思うでしょう サイクリング中に木の枝などを巻き込んで チェーンが曲がったり、ハンガーが折れてしまった時に使います 通常、変速機にチェーンを通してますが もし変速機が折れてしまった場合 ママチャリの様にスプロケットとクランクで繋いで 最低限走る事が出来るよ

気分を上げて通勤しませんか?

ニュースを見ていたら、長野の方で氷点下20度以下なっていたところがありました 雪も積もっているみたいですが、こんな寒い日でも自転車通学、通勤してる人達がいました 寒い中、自転車で走るのは気分も下がりますよね カッコいい自転車で気分を上げて、通勤しませんか? tern Rip 重さは10.2kg サイズは500 フレームはアルミと一般的ですが、フレームデザインはエアロフレームと珍しいですね ギア 8速 街中用なのでこれで十分だと思います リアセンターを短く設計することで、漕ぎ出しなどを軽くしています フレーム一体型のシートクランプは2本止めタイプなので、 しっかりとホールドも出来ます 見た目もデザインを損なっておらず、かっこいいですね 当店では、マットブラック シルバーの2色を置いております 気になるお値段ですが マットブラック   ¥79.000+tax シルバー      ¥83.000+tax ブラックは 「大人の落ち着いたかっこいい自転車」 シルバーは 「洗練された都会の自転車」 といったイメージです 気になった方はお気軽に 清水自転車 常盤店へ お越しください

愛車を長く綺麗に【maintenance】

今年も無事明けました 年末は気がついたら明けてたひよこです 今年は超大型の10連休や増税など色々と既に話題になる事が多そうな1年です 今年も無事平穏に終えることができるのでしょうか・・・ 年初めに先ず 身を清める・・・ のではなく 愛車を清める的な意味でピッカピカにしてあげると今年はいいかもしれません WAKO'S バリアスコート ¥3,000 +税 色々なレビューを見ても 8.9割くらいが好評 残りが不評というより相性の問題のようです それも見てみると スプレーの性能が!と言うより 施工する時や条件に問題があったり?のようです 手軽にできるとも好評で お掃除後の施工ですが 綺麗な状態が長持ちします 本来は車に使われることが多いのですが 自転車にも人気があります 車であれば3.4台分くらいでしょうか 自転車だと10台分くらいになると思います 施工が1回300円くらいですな 持続は3.4ヶ月くらいでしょうかね 雨に当たる回数によっても変わると思いますが 自転車で換算すると 1本買えば3ヶ月ずつでも約2年ちょいは使える計算です 箱の中身はクロスが2枚とスプレーが1つ このクロスはマイクロクロスなので手で触ると判りますが かなり目の細かい作りになってます 使い終わったら固形洗剤等で洗うのがオススメです 自転車に使う場合は直で吹き付けよりもクロスに吹き付けて うすーく伸ばすように拭きましょう ダマやムラがある場所は水に濡らして絞ったクロスで拭いましょう あとは完成したら雨に当たらない様に1.2日ほど置いてあげましょう ワックス自体は塗り始めて直ぐに効果が判るくらいには綺麗になります マ

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags

© 2017 by Shimizu Bicycle Site

Orange Bike Co., LTD.