© 2017 by Shimizu Bicycle Site

Orange Bike Co., LTD.

まわ・・・回らないならココがやばい?【repair】

March 16, 2018

春らしい気温になってきたと思います

 

 

一番暖かいであろう日中は影になるので意外と寒いお店からブログ書いてます

夏とかだと日差しが遮られてちょうどいいんですけどね

 

 

先日、とある修理のご依頼がありました

 

ハンドルが回らないといった内容の修理依頼です

 

回らない理由として挙げれられるのは

1.ヘッドパーツがアウト

2.フォークが曲がってタイヤが干渉して回らない

3.ワイヤーがパッツパツ

4.長年の放置による固着

5.呪い

 

個人的には5の呪いが掛かってるからシャナクとかで治ったら一番なんですけどね

 

まぁそんなこともなくハンドルをぐりぐりしてみると確かに回るけど動かなくなったりする箇所が。。。

 

ここまでくると1~3ですが以前は乗れていたということで3は除外

 

残るは1.2ですが

特段大きな外傷もないので1です

 

自転車を預かりさっそくバラして見ます

 

ビンゴです

 ヘッドのベアリングがゴッリゴリです

荷物を毎日配送してくれる仕事をしてる人の肩くらいゴッリゴリです

 

 

試しに油を差してみますがまったくの無意味

 

むしろ金属片がこんにちは

 

アレ?

 

これベアリング足りなくない?

 

隙間から見ると若干ベアリングが少ないようにも思えるので

恐らく割れてます

 

ということでヘッドーパーツの交換です

 

メーカーから部品を取り寄せしてる間に錆が移ったスペーサーやフォークを掃除です

 

 

自転車が水にぬれるとパーツの隙間から水が入って部品が錆びます

もちろんヘッドパーツも水に濡れてグリスが流れてこのような状態になってしまったんでしょう

フォークも少し錆びているっぽいのでグリスを塗って防水処理

 

パーツが届いたらヘッドを圧入してフォークを入れて再調整しておしまいです

 

 

この作業はまだ簡単な方です

ちゃんと専用工具を使えばですが

 

 

ヘッドパーツを真っ直ぐに入れられれば問題はないのですが

万が一曲がって入ってしまった場合はフォークを入れたらまた動きが渋くなります

 

そして気が付かずに使い続けて壊れます

 

なので圧入する時はちゃんと水平かどうかを見て圧入しましょう

 

修理したら動きはヌルッヌルになりました

 

 

LINEでお得な情報も流れてます

お気軽にどうぞー

   

Tags:

Please reload

Featured Posts

季刊誌cycle 最新号出ました!

October 23, 2019

1/5
Please reload

Recent Posts
Please reload

Archive