11kgの折りたたみ電動自転車とは

残暑和らぐ・・・? 和らいでる感じはあまりありませんが もう9月 紅葉の時期に少しずつ移行です 今年はコロナで紅葉のライトアップもどうなるのでしょうか・・・ 今の京都は入国制限もあって 電車やバスがかなり空いてます もともと京都人は観光客でバスがパンパンになるので利用をしてる人は少なかったのですが 最近は利用してる人も結構いるらしいです 今なら自転車を畳んで輪行しても大丈夫そうですね そんな輪行しやすい自転車 しかも電動自転車のご注文を頂いたのでご紹介 トランスモバイリー NEXT 140 ¥95,000 +税 14インチの超軽量折りたたみ式電動自転車 モーターはフロントモーターで引っ張ってくれる仕組みなので ふらつきがなく走り出しができます 折りたたみなので ハンドルやサドルの高さ調整も簡単 かなりの高低差を出すことも可能 バッテリーはハンドルに取り付けるタイプです ちょっと取り付けがチープ感漂いますが 金属でつくられてるのでそうそう簡単に壊れたりはないかと思います そこにはめ込むバッテリー このバッテリー かなりコンパクト かなり小さいく取り外しも容易 しかもモバイルバッテリーにもなるし スイッチ一つでライトも点く優れもの 走行距離は約24kmと意外や意外に走る たとえ走りつかれたとしても このサイズに収まるから電車やバスも余裕・・・ 横からみたり 正面からみてもかなりコンパクト 折り畳み方はハンドルを挟み込む形なので ダホンとかと似たような畳み方 ペダルも脱着式とか折りたたみ式にしたらさらにコンパクトになりかと 重量も11kgと非常に軽い(クロスバイクくらい)ので 折り畳

9月から値上がりするので今がチャンス【PARTS】

少しずつ日が落ちるのも早くなった気がします もう言ってるまに9月です 2020年も残り3か月になってしまいます 海外だと9月は新学期の始まりらしく 留学生の人たちが沢山来てました 今はコロナの影響でかなり減っちゃいましたが・・・ 9月だと運動会や文化祭など色々あった思い出ですが 今は10月とか11月になってるらしいですね 何年前の話なんでしょうか・・・・ さて、そんな昔とは違った今 ある部品も値上がりしてしまいます 価格改定と言うことでアナウンスがありました GIANT コントロールタワー3 ¥2,500 +税 こちらの商品 スポーツバイクを乗る方は見たことが大半でしょう 空気を入れるのに必須のアイテムです 実はこの商品が9月から価格改定で ¥2,500 → ¥3,000+税 ¥500アップ・・・ 昨今の様々な情勢に伴い価格が上がってしまいます このGIANTのポンプは値段がお安いのにしっかりと空気も入れられて エアメモリもついててこの価格なので 流石GIANT 安くていい商品出してる と割と人気の商品でした 対応してる口は 英式、米式、仏式の3点に対応しており 加えて、サッカーボールや浮き輪などにも使えるようになってます 個数もそこまで多くはないですがいくつか在庫をしてます なくなっちゃうと新価格になってしまいますので お探しの方はお早めにどうぞ

夏場駐輪時の注意点【REPAIR】

まだしばらく残暑のようです 30度を下回るのは9月後半か はたまた10月になるのか。。。 どうなんでしょう 今回はその日差しや暑さに関係するお話です 日中 暑いですね 日差しカンカン 地面からの照り返しもカンカン 体感温度は40度を超えます 文字通りサウナですね そんなカンカン照りの中地面に寝そべりたいかと言われると 絶対にNOです 理由は簡単 熱いからです 鉄板みたいなもんです ですのでワンコのお散歩なども日暮れや早朝にする方が多いですね 人と違って靴など履かずに素足で外に出てるので やけどをしちゃいます 実は自転車も同じ様にカンカン照りに当てすぎると大変なことになります 空気を入れておいておくと パーンっと空砲みたいな音がします ただの空砲音ならいいんですが その後に待ってるのは修理です 何がどうなったかと言うと チューブがバースト(破裂)した音ですね 夏場は特に多い 原因は空気を最大値近くまで入れた上に 直射日光バリバリーに加えて 路面の温度が直にタイヤに当たってるからです この見事なまでのコンボ 自分は大丈夫と思ってても コンビニ入って出てきて走り始めたらパーン なんてこともありますんで 注意してくださいと言っても無理があります 対策としては 予めタイヤの空気は少し低めにしておく なるべく日陰、水打ちしてあるところに行く なんかがあります もうタイヤの空気圧を少し下げ目にしておくのが一番手軽です チューブが破裂してしまったら ・チューブだけの交換 ・タイヤも一緒に破れて交換 ・リムが破断してしまう といった連鎖反応も起きてしまうかもしれません ですので皆さん自転車の駐輪

夏場は気になるポジション【REPAIR】

お盆も終わり 次はシルバーウィークだーとなってます ただその前にこの暑い気温が何とかなってくれるのでしょうか・・・ 毎年の事とはいえ、やはり暑いのは困ったことです 最近では休日にサイクリングに向かう自転車の姿も見かけます 通勤や遊びに行くのに使う方ももちろんいらっしゃいます 日中の暑い時間ですので十分な水分補給もしてください また、夏場は汗をかきやすく グリップなどもべた付きが出てしまう事もあります 汗と共に気になる部分と言えば グリップです 普段から使ってるのでなおの事気になる部分 一時的に解消できてもまたすぐにべた付いてしまうので グリップなどは交換しちゃうのが一番です クロスバイクであればグリップを直ぐに交換できます 例えばロードバイクだとこんな風に交換します 交換前のフードですが 併せてバーテープも交換です こちらは触覚(変速ワイヤー)が横から出てるタイプなので そのままフードを剥いで交換はできません ということはブレーキワイヤーを外しての交換がベターです この際にブレーキワイヤーもセットで交換すると バーテープのまき直しの手間がなくて後々が楽だったりします フード部分はこのように少しネッチャリしてます 原因は単純にゴムが加水分解を起こしてるからです こうなると削り取るか交換しかありません そして削り取る選択肢は基本作業にないので交換です 交換のフードはシマノから出てます 外して交換してる作業の写真を取り合忘れましたが 後ろからはめ込めば入ります ただ少し硬いので広げる要領で入れてあげましょう そしてバーテープも巻きなおして完成です グリップを新しくするとネチャつきもな

よくよく考えたら思ってた以上にお値打ちな自転車

自転車の補充としてちょっと変わり種を入れようかな と考えてた時に見つけたバイクです 店内に置いてるバイクと被らないからいいかなと思って注文しましたが よくよく考えるとコスパが非常に良い感じでした alma SALE価格 ¥27,980 +税 安めの価格帯のクロスバイクもといリジッドMTB MTBは通常前にサスペンション付きのモデルと前後サスペンション付きがあります 呼び方は 前サス→ハードテイル・前サス 前後サス→フルサスなど このような言い方をされます そんでもって、前後ともサスペンションがないタイプは フルリジッドやリジッドと言います このモデルはフルリジッドタイプ タイヤは27.5 MTB界隈では常識になってるサイズ 26インチでも有りですが 27.5なのでより走破性(だいたい市内ならどこでもいける)が良い あと、当然ながらタイヤが大きいので 重い荷物や段差などもあんまり気にせず走れるのが非常にポイントとして高い ギヤはフロント3 x リヤ7の21段変速 低価格対ながら21段変速は魅力的 そしてレバーもトリガー式なので変速もしやすい このトリガー式が良いのは サムシフターだったりグリップシフトとは違い しっかりと巻き取りがあるので変速が決まりやすいといった利点があります また、このバイク最大のポイントはアヘッドステムです なんでそこと思うかもしれません 理由は簡単 ハンドルの長さや高さの調整が格段に広がるからです 3万前後の自転車はだいたいはクイルステムと言う 一般車と似た構造のステムを使ってる事が多いのですが 安い自転車=クイルステムと言うわけではありません ウン十万す

ツーリングに使える便利ツール【PARTS】

あれよあれよという間に 8月ももう中旬に入ります 土日はサイクリングでしょうか? 自転車に乗ってる人を何人も見かけます また、学校もお休みに入ってるので ちょっとしたサイクリングに出かける学生さんもいらっしゃいます そんな時にコレがあるととりあえず便利 GIANT ラチェットツール ¥2,000 +税 持ち運び可能なコンパクトツール 六角やマイナスドライバーも入ってるので 道中で何か取り付けたり 緩みがあった際の締め付けなどができます ケースはアルミケースで落としても割れたりはなさそうです また、中に入れる際にそのまま入れるとカラカラと音が鳴るので このような袋もついてます 他にもつけ外しも用意で 縦ソケット部分は磁石になってるので 簡単に脱着できます そしてこのラチェット最大のオススメポイント リバース機能が付いてます これ地味にうれしい機能で 裏表を回さずにパチっと切り替えるだけで 締め付けと緩みの切り替えができるので使うと分かる楽さ サイズもかなりコンパクトなので サドルバックに入れても場所を取りにくい 何よりお手頃化価格なので自転車以外でも使いやすい 金額を抑えめにツーリングやサイクリングをしたい方は必見かもしれません

お盆の営業について

いつも清水自転車・オレンジバイクのご利用ありがとうございます。 8月お盆の営業につきましては下記の通りです。 12日(水曜日)営業 13日(木曜日)お休み 14日(金曜日)お休み 15日(土曜日)お休み 16日(日曜日)お休み 17日(月曜日)営業 また、自転車や部品等もメーカーがお休みになるので 入荷が遅れる場合もございます。 お問い合わせを頂きましてもお休み明けのご連絡になってしまいます。 今後とも清水自転車・オレンジバイクのご利用お待ちしております。 清水自転車

シーラント??パンク防止剤??仕様方法はご存じでしたか?

8月に入り通常通りなら夏休みシーズンです ただ、今年は色々と特殊なので夏休み返上だったりするところもあるそうです コロナの第二派が来てますので皆様十分にご注意ください さて、本日のお話はシーラント剤ついてです なぜこの話が出たかというと ここ最近雨だったり暑い晴れだったりと天気が読めず 普段足にしてる自転車に乗ったり乗らなかったりしてる人が多く 最近になって乗り始めた人がパンクしちゃうといった件が多々・・・ 結果から言うとちゃんと空気入れましょうという話なんですが みなさんはシーラント剤と言うのは聞いたことありますでしょうか? スポーツバイクに乗ってる方なら聞いたことある方も多いかもしれません このシーラント剤は別名パンク防止剤とも言います 知らない方はこれで何か分かったかと ちなみに シーラント剤はスポーツバイク パンク防止剤は一般車 で呼ばれることが多いです(どっちも効果は同じ そして使用用途として2種類(コーティングとパンク防止)ありますが どちらもパンク(穴が開いた)時に塞いでくれる仕組みです そしてどちらにも共通して言える事です 空気をしっかり入れましょう 段差は避けましょう 主にコレです その中で一般車の方のパンク防止剤でのお話です これを何故今言ってるかと言うと ここ最近の修理はリム打ちが多くその多くは段差でのパンクです 針金やネジが刺さった場合なら パッチを張って修理も出来ます(チューブの厚みによる)が! パンク防止剤を使ってる場合はほぼチューブ交換になります え?パンク防止剤入れてるからパンクしないじゃん ではないんです パンク防止剤はタイヤに針やガラスが刺さ

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags

© 2017 by Shimizu Bicycle Site

Orange Bike Co., LTD.