巻き込み注意【REPAIR】

自転車に乗る人が少しずつ多くなってきました 空気入れの作業が普段よりも増えてます しかし ちょっとした油断で大きな事故につながることもありますので注意が必要です スポーツバイク以外でも起こりえるので 普段のメンテナンスや路面状況には注意を払っておきましょう 本日は段差でずり落ちて不運にも巻き込んでしまった修理です もう巻き込みと言えばここくらい リアディレーラーですね 写真は解いた後ですが 実際はホイールに巻き込まれてグッチャグチャでした スポークが折れてなかったのが不幸中の幸い 少し振れが出てるくらいなので調整で修理可能です さて、変速機が完全にダメなので交換です また、チェーンも巻き込みで曲がりが出てたので交換 チェーンを切って変速機も外すとハンガーが曲がってることに気が付いたので ハンガー修正をします 直タイプなのであまりやりすぎるとポキっと折れます ですので大胆に修正しましょう ついでに転倒した時にレバーも壊れてしまったようなので グリップシフトに交換しました こっちの方が握ってグリグリと簡単に変速できるので 街中であればこっちの方が楽かもしれません 変速機を取り付けてチェーンを張って 最後にワイヤーを調整したらおしまいです

前サス交換可能なミニベロとは

少しずつ日中も過ごしやすい日が増えてきました ただ今週は水曜日辺りから雨模様のようです ここ数年でスポーツバイク 特にクロスバイクなどはタイヤが太くなる傾向がありました そのため様々なメーカーがMTBに似たタイプの自転車や 単純にタイヤをサイズアップしたクロスバイクなど 沢山の種類が出てきました しかし そんな沢山ある中 小径車で しかもリジッドからサス付きに交換可能な自転車が出るなんて 考えはしたけど実際に可能と言う小径車が出ました ARAYA MFM ¥74,000 +税 新家のマディーフォックスと言えばMTBが有名です が こちらはミニベロタイプ ミニベロもかなり種類が増えました このMFMはタイヤがかなりサイズの大きい20x2.3 BMXのサイズくらいあります このバイクはカスタムの夢が凄くあるバイクで 面白いのはメーカーもできるよ!と言ってるこのフォーク交換 フォークはクロモリを使ってるので振動吸収性や 耐久性能は文句なし このままでも使用するのは全くの問題がないフォーク しかし、他と違うのは 通常のミニベロであればヘッドチューブが長いのが特徴ですが こちらは27.5のサスフォークが入れても大丈夫なように設計されてます ミニベロでもどうにかすれば可能ですが ヘッドアングルやトレイル、オフセットなど 細かな部分は切り捨て度外視しなければならない場合が多いのですが このMFMは設計上OKというなんとも個性を出しやすいバイクになってます また、フロントはシングルですが 多段化可能になっており ワイヤー受けなどもばっちりあります 2本生えてるシートチューブも知らなければナニコ

人気過ぎて納期は半年後?高スペッククロスバイク

秋っぽくなってきた今日この頃 朝晩の気温が少し肌寒く感じる日が出てきましたが 天気はあまりよくなく曇り空や雨予報が続きそうです 週末は自転車で走る人の姿もかなり増えた気がします また、学生さんも少しずつ戻ってきてる感じがしますが コロナ前のようにはならないでしょう それでも少しずつですが日常が戻りつつあります 日常が戻ってくるということは 自転車に乗る人も少しずつ増えてるということでしょう ここ数日で自転車の下見に来る方が増えました 以前にもお話しましたが どの自転車がオススメかは人によって変わります が 通勤や通学、ちょっと他よりスペックの良い自転車ってのもあります オールラウンダーで使うならコレはオススメです GIOS MISTRAL ¥51,000 +tax 大人気も大人気 サイズ・カラー違いですが最短で次回納期は12月 それ以外は2月になる超が付くほど人気のバイクです 店頭在庫にサイズやカラーがあればラッキーです 一昔前のビアンキがそんな感じでした GIOSは待ちさえすれば入荷は必ずしますが・・・ これほどに人気な理由は主にスペックです フレームはアルミフレームとよくあるフレームです サドルやハンドル、グリップなどもよくある感じのパーツです しかしコンポ周辺がSHIMANOフルスペック 価格帯では削りやすいクランクはSHIMANO 同じくブレーキもSHIMANO そしてホイールまでもSHIMANO 無論、他のメーカーでもシマノパーツが採用されてます が この価格帯でホイールまでもがシマノになってるのはGIOSくらいです WH

カゴがなければ増設するだけ【CUSTOM】

自転車に求めるものは人それぞれです よく「どの自転車がオススメですか?」と聞かれます オススメの自転車は人によって変わりますので どんな乗り方や使い方をしたいかによってオススメは変わります 靴屋に行って登山するのにスリッパを買う人は9割いないでしょう また、海に行くのにブーツを買う人も稀です その場その場の使用用途に合わせて靴を買う方が殆どです 自転車も実はそうなんです メインとなる使用用途を決めて選ぶのがオススメです もし あんな使い方をゆくゆくはしたい! と夢があれば それに合わせた買い方も可能です 他にも最初は不要だったけど後から必要になった なんて場合にもある程度融通が利く自転車を選ぶ方もいらっしゃいます 自転車にカゴがないからカゴを取り付けたい よく聞く作業のご依頼です ということで取り付け開始です ベースとなるのはこのブリヂストンの電動自転車 フロントライトがフェンダーの上にあります 前かごを取り付けるにあたり このライト部分が邪魔になってしまいます フロントの泥除けとセットで固定されてるので 先ずはコチラを外します 次に この階段状になったカゴブラケットを用意します これはカゴの位置を下げたり逆に取り付けて上げたりすることができます でもだいたいは下げるために使います カゴの位置を低くする理由としては ブレーキレバーに干渉しない様にするのと 重心を高い位置に持ってくると 荷物を入れた際にハンドルが取られやすくなってしまうのを防ぐためです 次に下にポッチがついてるカゴの固定具を用意します このポッチは今回の最重要ポイントです これを取り付けると こんな感じでカゴの下

これ1台あれば全て解決?

台風も通り過ぎいい天気でしたが 今週は曇り空が多いようです 9月に入って雨が少し多い気もしますが もともと9月10月は台風も発生する時期なので致し方なし 雨の日でも通勤、通学で自転車に乗ってる方は大変さをよく理解されてると思います 雨の日の自転車は何かとブレーキの効きが悪くて不安定になりがちです これはゴムパッドを使うVブレーキやキャリパーなどが挙げられます 普段よりも強い力でブレーキを握らないと止まらないので 登りならいいんですが下りだとブレーキの制御が難しくなります また、雨の日はゴミがタイヤに付着しやすいのも難点 それによりパンクの原因となる金属片なども拾いやすくなってしまいます タイヤが摩耗してしまってると拾った際にパンクしやすくなるので注意が必要です パンク以外にも危険はあり その最たる危険とは滑ってしまうことです 偶にマンホールとかで滑ってこけてる方を見ます 無論自転車でなくバイクでもあり得ることですので 雨の日のマンホールは2輪車は近づくなと言われます でももし タイヤが太いタイプの自転車であれば? 滑りにくかったりするかもしれません そして雨の日だからこそ細いタイヤよりグリップが得られるのも特徴です だったらこのバイクとか雨の日以外でもマルチに使えるんでオススメです GT アグレッサー リジッド ¥51,800 +tax GTから出ました フルリジッドMTB ジャンルだとMTBですがクロスバイクといっても大丈夫な範囲? ただ仕様としてはほぼMTBなのでどうなんでしょう? カラーはマットブラックとシルバーがあります 入荷したのはマットブラック なんとかデールを思い

10kg↓の軽量バイクが超特価【SALE】

9月に入り気温が一気に変わりました ちょっと縦割り過ぎる気温 まぁ涼しくなる分にはいいんですが もう少しこう徐々に移り変わる季節的なのがほしい感じも・・・ 少し涼しくなればサイクリングにも行きやすくなるんでしょう そんな季節にジャストなタイミングで入荷 自転車業界とは微妙に所々繋がってるブランドのバイク あるメーカーとのコラボバイクですが非常にハイスペック コラボ先はTVや雑誌でも見たことあるのではないでしょうか? HMR-700 Tiagra ¥168,000 +税 バイクをパッと見て何か分かる人は 非常にオタな方でしょう 一見するとチネリっぽいカラーリングですが フロントのグリーンがキーポイントです こちらはグッドスマイルレーシング(GSR)のコラボバイクです GSRとは何ぞや?となる方もいらっしゃると思います 最初に大元のグッドスマイルカンパニーを説明すると コチラはフィギュアを生産してるメーカーです。 ねんどろいどやfigmaが有名です そしてグッドスマイルレーシング(GSR)は車関係のホビー会社です 現在はチームオーナーとしてスーパーGTに参戦してます 主にGT300に痛車で出てるのが有名ですが 他にも鈴鹿10耐やマン島TT、ニュルブルクリンク24時間レースなど 様々なレースにも出てます あとこのGSRの監督は片山右京さんです なので外見は痛車でも中身はガッチガチです ちなみにGSRはスーパーGTで3回シリーズチャンピオン獲ってます そして初音ミクと言えばご説明は不要でしょう 今や世界の歌姫と言われてます 直近のライブでは世界最高峰と言われる「コーチェラ・フェス」に参

ドロップからフラットへ【CUSTOM】

夕立が凄まじい京都 ここ数年で滝のように降るようになりましたね また数年したら今よりもっと降るんでしょうか? 目に見えて変わってれば判りやすいのですが 天候ばかりは流石に予報するしかありません ドロップハンドルをフラットに変えたらすごい! 以前とは全く違う乗り心地になった! ってくらいに天候もはっきりしてほしい所です ということで今回は オールドバイクをフラット化するお話 ご依頼のロードバイクはレバーフードが劣化でドロドロになってました この溶け方はさらに上に何かカバーをしてたのでしょうか? バーテープに漆を塗りこむのはありますが バーナーで炙った感じになってました バイクはサンツアーの5速がついてるので相当古いモデル この頃のリアハブの長さは126mmだったと思います もし現行の130mmを取り付けるなら拡張作業が必要ですね さて話が逸れましたがハンドルをドロップからフラットに交換です ステムの径はφ26.0 ロードバイクのハンドル規格です ステムをそのまま使うか 径に合うハンドルを取り付けるか 2択です 今回はたまたま手近にブルホンハンドルがあったので そちらのハンドル径を測るとφ26 これはばっちりということでコチラを採用 ちなみにハンドルはニットーでした ワイヤー類はそのまま使いまわしできる長さであったので 新しくオイルを差してブルハンに合わせます ブレーキレバーはテクトロのコチラを使用 本来だとドロップハンドルのサブレバーとして使用します ただコチラはそのままワイヤーを当てるとブレーキレバーにもできます シングルとかでよく使われる手法です シフターはダウンチューブのダ

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags

© 2017 by Shimizu Bicycle Site

Orange Bike Co., LTD.