遊ぶ自転車カスタム記3

やってまいりましたカスタム記3 1と2は遡ってみてください 今回はホイールをいじります そっくりそのままホイールを替えれば済む話ですが それだと面白くないので 前後のホイールをリムとハブを残して遊びます CNスポーク イオンカラー ¥6,820 +tax そうです 遊ぶと言ったらスポークです カラースポークも少なくなったなぁ。。。 パープルのスポークは品切れ中とのことで ブルーとブロンズを購入 昔はもっと種類もカラーもあったんですが 今やほとんどありません CNスポークはステンレスなんで伸びにくく強度もあるんで 固めにするならおすすめです 鉄だと重たくはなりますがクッション性能がしっかりと出るので 乗り心地を重視したいなら選択するのもありです カラーはイオンカラーといって焼き付け? たぶん液に漬けての塗装だと思います ステンだから塗装がひっじょうに乗りにくいので何かしらの処理はしてるハズです よーく見ると塗装ムラもあったりなかったり まぁ良くも悪くも海外メーカーと言った所でしょうか? それも面白いので色の濃さ関係なしでやっちゃいましょう さて。。。 どんな風に組もうか。。。。 片側16H 左右で32H それが前後分・・・ ドノーマルのホイールでもまぁ悪くない。。。 先ずはスポークの長さを合わせるために スポークをカットします その後、ネジ山を立ててスポークの完成です とても悩みどころですがそこが面白い所 全くないひよこのセンスが問われます 散々思い悩んだ(2分)結果 とりあえずの仮仮組み あんまり見かけない感じにしてみました 2色にするのも面白くないので元あった黒スポークも残し

日本ブランドの日本人の為のスポーツバイク。

ライトウェイというブランドをご存知でしょうか? 『日本人が造り出す日本人の為の自転車。』 ライトウェイのコンセプトです。 一般車以上、しかしハイエンドのスポーツ車よりハードルは低く。 一般車に乗っている人で、 もう少し自転車を楽しみたいという方に向けて自転車を作っているブランドです。 今回はそのライトウェイからかなりお買い得な車体のご紹介です。 RITEWAY SHEPHERD CITY ¥53,000+tax ↓↓↓ ¥39,750+tax 現金大特価で25%offです!! 6061番のアルミ素材に軽量のクロモリフォークを採用し、 スポーツバイクらしい乗り味はそのままに、 初めてのスポーツバイクでも安心して乗っていただけるように、 乗車姿勢などかなり乗りやすいように設計されています。 また変速機・ブレーキのパーツに全て日本ブランドのSHIMANO製のパーツを採用。 ブレーキや前のギアの部分に関しては、 コストダウンでSHIMANO製のパーツよりグレードを落としている、 モデルが多い中この車体はそのパーツもしっかりとSHIMANO製を採用しています。 さすが日本ブランドと言った所でしょうか!! カラーはブラックの他に色鮮やかなオレンジも御座います。 京都の街を軽快にスポーツバイクを楽しみたいという方にはピッタリだと思います!! 是非ご検討下さい。

今度は2018年モデル ロードバイクの展示会!

梅雨って明けてるんですかね? 全国的に梅雨明けしたようですけど なんかジメジメしてる感じが過ぎ去ってない感じがします 僕です さてさて 今度はロードバイクの18年モデルを見に行ってまいりましたよ 奈良まで! ある程度自転車に詳しい方ならもうお分かりでしょう そうです cinelliやORBEAの展示会です 前回辺りにもチネリの記事をアップしたと思いますが あれはシングルメインです 今回はロードメインです という訳で早速ご紹介です SUPERCORSA VINTAGE F/S ¥350,000 +tax ヴィンテージのフレームセットです シルバー色がすんごく良い感じ カンパと合わせたら色味もそうですが 文字通りヴィンテージ調に仕上がります 個人的にはシートステー部でのポスト固定がとても良い もちろんラグ部分にチネリマークが入ってるのは見逃してません 細かいところまでしっかりブランドネーム入ってます 小さすぎて見えにくいわ!って感じですが 小さくたろうが「これウチのブランドロゴ入ってんだぜ!」感がイタリアっぽい感じ 広いドーム状の会場でしたので くるっと回って発見 ORBEA MX20 DIRT キッズ用のMTBです 思ってる以上に本格的なバイクですよ 7速ギヤでALTUSと大人用クロスバイクくらいの性能があります これを買ってもらったキッズは嬉しくて走り回るでしょうね もちろんこれより小さいサイズのキッズバイクもあります GROW 0 12インチの某キックバイクに似たモデルです 先ずはこれで自転車のバランス感覚を養おうということですね 他にも ORBEA ORCA OME 人気モ

イタリアメーカーの展示会その2

宵山も終わったので 鉾巡航ですね 今年は例年に比べて人が少なかった気もしますが まぁ雨が降ってたのでいつものことでしょう さて 数日空きましたが前回の続きです 先ず最初にご紹介はコイツ TUTTO シングルフレームです 写真のは完成車像ですで ディープリムでバチっときまってます しかしよくみると 今までのシングルとはちょっと変わってます 先ずブレーキはカンチが取り付け可能になってます これには実は意味がありまして タイヤ幅は40mmまでOKと ファットなタイヤを履かせることができます また、日本では流通してませんが ベルトドライブにすることも可能です もしベルトドライブにするならちょこっとカスタムが必要なみたい ベルトドライブは日本だと 一般車で普及してますが 海外ではスポーツ車でも普及してます ブレーキケーブルはインナー式 通す穴も綺麗です そしてお次は完成車として即売れしたこのモデル TIPO PISTA 今年は新色登場です 色味が深いパープルカラー ロゴはブルーで遠目から見ても目立つ感じです 完成車としてはかなりお買い得になるモデルです やはりエンド部分がしっかりと金打ちしてあるので精度が高い証 そして行ってびっくりしたのが ロードバイクも置いてあったことです EXPERIENCE こちらも新色追加です カラーはブラックとシルバーの2色になってて 今回はTIAGRAになってます 10万は超えてしまいますが お買い得な完成車であることは間違いないでしょう 前回からのカラーも継続しての販売らしく 写真ではSORAがついてますがTIAGRAに変更です また、サドルなどはこちらの

ベストセラーモデルの2018年型も入荷してます!!

クロスバイクでベストセラーといえば、、、 GIANT ESCAPE R3ですが、 そのESCAPE R3の2018年モデルが続々と入荷しております。 ESCAPE R3 2018モデル ¥50,000+TAX 新色のレッドをはじめ、、、 定番のホワイト(ロゴのカラーが変わりました。) そしてブルーも(このカラーは軽く見た限りでは17年の継続でしょうか、、、) そして・・・、 ESCAPE R3 2017モデル ¥50,000+TAX ↓↓↓ ¥45,000+TAX まだ2017年モデルも一部残っていたりします!! 在庫限りの現金特価価格になります。 個人的にはレッドがお気に入りで綺麗な色合いです。 是非店頭でも確認していただきたいですね。 夏休みの前に自転車を用意してサイクリングを楽しみませんか?? お待ちしております。

最新2018年イタリアメーカーの展示会

セミの鳴き声が聞こえる7月中旬 先日、大阪へ展示会へ行ってまいりました 久しぶりの梅田です 久しぶり過ぎてちょっと迷いました 以前来た時には工事中だった場所が通れるようになっててびっくりですね 迂回したら見事に遠回りでした 道を見つけて歩いていると看板を発見 なんとかお目当ての会場に到着です そうです 今回はチネリを見に来ましたヨ 2017年からシングル+一部は岩井商会が正規代理店になってます ということでチネリ第2回目の展示会ですね さっそく見ていきましょう 会場はクーラーの効いた涼しい場所でパーツ、ウェア、自転車と区分けされておりました 先ずはウェア類からみたところ やはり圧巻です バイクキャップの種類の多さ 他の自転車ブランドでもここまで数を出してるブランドもそうそうありません 種類も豊富にあるんですが一つ一つが個性に溢れております 担当さんに聞いたところどれも売れ筋だそうです 特に人気があるのは自由の女神像のキャップが一番人気だそうです また人気の理由の一つとして サイクルキャップは「自転車屋」でしか取り扱わないため 他の業種では取り扱うことがまずないそうです 言われてみればサイクルキャップなんて普段使いしてる人はあまり見かけませんねぇ また、アート系のデザインなので自転車に興味がない人でも 気軽に買えるアイテムとしても人気が高いそうです。。 美大生とかに人気かも。。。? そしてここにもありました CHNELLI x CHROME BARRAGE CARGO ¥36,800 +tax コラボバッグです 熱圧着縫製なんで縫い目がなく完全防水のウォータープルーフです 今から

リアライト付けてますか?

夏になり暗くなるのは遅くなったとはいえ、 安全上自分の為にも、後ろから来る車・バイクの為にも是非付けてほしいアイテム、、、 「リアライト」 実は道路交通法上では、 道路交通法 (軽車両の灯火) 第9条 令第18条第1項第5号の規定により <略> (2) 赤色で、夜間、後方100メートルの距離から点灯を確認することができる光度を有する尾灯 3 自転車が、法第63条の9第2項本文に定める反射器材を備え付けているときは、第1項の規定にかかわらず尾灯をつけることを要しない。 とあります。 つまり反射板があればリアライトはつけなくてもいいよ。という事なのですが、 暗い場所を走られる方は絶対につけた方がいいと思います。 そこで今回は定番のリアライトのご紹介です!! CATEYE TL-AU630 ¥3,200+TAX まずこのライトの一番の特徴は、 明るさと振動を感知するセンサーが内蔵しているため、 周囲が暗い場所を走ると自動でライトが点灯します。 点け忘れがなくなるのが嬉しいですよね!! 視認性の高い点灯パターン、ラピッドと点滅・点灯の3モードあるので、 乗っている状況によってパターンも選択できます。 ※リアリフレクター(赤色)が付いていない自転車の場合、夜間走行時は点灯でお使いください。  道交法上、点滅は補助灯としての使用に限定し、リアリフレクター(赤色)と併用してください。 また、自動でなくてもいいという方は、、、 TL-LD630-R ¥2,600+TAX も、御座いますのでこちらをお選び頂ければと思います。 安全を未然に防ぐためにもしっかりライトはつけましょう!!

特価でアレが入荷しましたよ アレですアレ

タイトルが何を指してるかまったくわかりませんが アレですアレ 商品としてはアンクルバンドなんですが サイクルデザイン セーフティレッグレザーバンド ¥3,000 +tax ↓ ¥2,100 +tax 商品名も長いのでバンドと呼んでおきましょうか このバンド レザーを使ったアンクルバンドです 色合いが革なんでなんともいい色味をしてます 耐久はもちろんのことリフレクターもついてるので 夜間の走行にも使えます 普段くるくるしてるんですが 両端をパキッとすると真っ直ぐになります ふむ・・・・ 真っ直ぐになります そんで足に向かってエイッ!てするとくるくるって丸まっていきます ほぅ・・・・ そんなアクションを見て脳裏に思い浮かぶアレ それで何がタイトルのアレなのかというと 昔、子供のころにお祭りで見たアレにそっくりなんです もう商品名がまったくわからんのですがアレなんです これ絶対に20~40歳ぐらいの方は分かると思います アレですアレ パッチンブレスです もう衝撃的でしたね 商品名に ggl先生に「おまつり おもちゃ くるくる バンド」と検索かけましたからね そしたら出てきたわ正式名称「パッチンブレス」 これと同じ仕組みでは。。。? 確かに伸ばしてあとは足に当てるだけでいいので 簡単っちゃ簡単です 使い続けて千切れたりってこともないのでながーく使ってもらえるバンドです 合わせて使い込んでいくと小傷や色合いも一層に深くなるのでオススメですよ

夏に向けての必需品

必需品ってPCで打つとそうでもないですけど 実際に発言してみると「じゅ」が「じ」になったりならなかったり わりとどうでもいいことに気が付いてしまった私です どうも 私です 夏がすぐそこまでやってきてます 今の時期は梅雨ですが それが明けると夏です 早く明けてほしいですが 蒸し暑くなるのはNG 夏となるとあっつい日差しの中 自転車で走る事が多くなります もちろん水分補給もすぐにできたらいいのですが 鞄の中にいれてたりするとついつい出すのが面倒になって 後ででいいやといったことになったりも そこで使えるコイツ TOPEAK モジュラケージ EX ¥800 +tax 何度か記事になってますが ほんとにコイツは優れもの ペットボトルOK 自転車ボトルもOKと両方使えます 特にペットボトルですが 形が様々です しかしそれもこの部分を調整すれば問題なし そう 下のつまみ部分で幅が調整できるのです これで形が違うペットボトルでも外れずにホールドできるわけです ただし走ってる振動で外れる可能性もあるので 締め付けは少し強めの方がいいです お値段も手ごろな価格なんで1つ買うだけで自転車環境が相当変わります おひとついかがでしょう?

遊ぶ自転車のカスタム記2

唐突に始まったカスタム記 しかも2になってる 1はどこいったかと言うと 自転車買った記事を1とします! これで連載してるっぽく見せれるのでいいんです 「遊ぶ自転車ってなんなのさ」って方はコレを見るといいかもです 「遊ぶ自転車買ったったwww」 笑ってはいなかった気もする。。。 さて今回は何をするのかと言うと 自転車屋でよく聞かれる作業TOP10に入る ハンドル交換です ちなみに第一位は 「パンク修理したらいくらですかね?」 です さて作業に戻りますと フラットバーがついておりましたが ストリートで遊ぶわけではないのでトラックハンドルにしました ハンドルは持ってた黒のトラックハンドルをチョイス しかしこのハンドルはサイズ径が違うので通常なら取り付けができません そこで ハンドルスペーサーというアイテムを使います どんなふうに使うかと言うと こーんな感じにハンドルとステムの間に挟み込んで固定できるようにします しかしこれには注意が必要です というのも締め付けて押えてるものがハンドルとステムだけならいいんですが 間にスペーサーを噛ませてることで 強い力で動かすと動いてしまうことがあるのです なので本来はなしで取り付けるのがいいんですが 物は試し どれくらいでズレるか試す意味も込めて付けてみました 決してハンドルやステムを買うのが面倒という訳では なので実際に走ってズレるかどうかの検証も今後アップしてみたいと思います スペーサーでかなりの長さになりましたが 今回はまだ少し続きます スペーサーを取り付けてハンドルを装着したあとは ブレーキレバーを移植して取り付けます 運よくブレーキレバー

長期でも短期でもこれなら一緒に行けますヨ

来週からめっちゃ暑くなるらしいです 近年はボジョレーのように毎年何かしらの称号がついてます そろそろコンクリートが溶けたってニュースが流れてもいいんじゃないでしょうか 異常気象の中こんにちわ 蒸し鶏直前のひよこです 7月が終われば学生諸君は夏休みです よく8月に自転車で日本一週の旗を立てて走ってるのを見かけますが 各駅停車の電車での移動もいいもんです 自転車の楽しみは走ることですが 相棒と一緒に電車に乗ったりするのもいいものです TIOGA COCOON ¥4,500 +tax こちらは前輪のみを外す簡単なタイプの輪行バックです 本体はプラのボトルに入ってるのでこれ以上にかさばる事もなく リュックやバックの中に入れることも出来ます もちろんボトルホルダーに入れることも出来るので そこに収納して走るのがお勧めです 前輪のみですのでサイズは少し幅広になりますが ボストンバックを担いでる感覚ですかね 電車だと連結してないところとか一番前や後ろなど人が少ない場所に乗せるのが一般的です また、このタイプは後輪部分をファスナーで閉めるので 開けてやれば転がすことも可能 ロードバイクは別タイプですので これはクロスバイク用です 何でも入れたい! そんな欲張りな人にはこれ TIOGA COCOON 29er ¥5,300 +tax これならロードバイクでもMTBでも入っちゃう優れもの ただし、サイズ限度はありますので フレームがかなーり大きいのは注意が必要です 場合によっては入らない可能性もあります どちらも生地はビニールに近い素材で出来てるので重量も比較的軽く 汚れもつくにくい素材です しか

【BIANCHI】もう2017年モデルが特価に!?

まだ2017年も半年が終わったところですが、 もう2017年モデルの車体で特価になっているものが御座います!! BIANCHI 2017 MINIVELO-7 StartFragmentSmoke TitanEndFragment ¥63,000+tax ↓↓↓ ¥50,400+tax なんと現金大特価で20%offです!!! ※このSmoke Titanカラーのみの特価になりますのでご注意下さい。 Miniveloは文字通りMini(小さい)+Velo(自転車)で 小さい自転車を意味していますが走行性能のはかなりあります!! スポーツバイクとしては珍しくフェンダーも標準装備されており、 水や泥の跳ね上がりも気にせず走行出来ます!! フレームはクロモリを採用しトップチューブは水平で、 とてもクラシカルな雰囲気を感じます。 またダボ穴もあるので後付けでキャリアも装着が出来ます。 かなり人気のある車体です。 気になる方はお早目にご相談ください!!!

ひと味違う握り心地を。

乗車時に自転車と人が常に接している部分、、、「バーテープ」 個人的には少し奮発してちょっとお値段張っても良い物をオススメします。 今回は少しお値段は張りますがそれでもかなり人気のバーテープをご紹介致します。 LIZARD SKINS DSP 2.5 ¥3,900+TAX 特徴としては吸い付くようなグリップ感でずっと握っていても疲れなさそうなクッション性もあります。 そして耐久性もいいので結局はコスト的には安くなるかもしれません。 またカラーバリエーションも豊富で、 自転車に合わせやすいというのも人気の理由です!! グリップ感を試していただけるサンプルも設置している店舗もあるので、 是非一度握っていただきたいですね!!!

【BIANCHI】2018年度展示会に行ってきました!!

先日の記事に引き続き今回は老舗イタリアブランドで、 日本でもかなり人気の高い「BIANCHI」の2018年モデルの展示会に行ってきました。 何車種か気になったモデルがありました、、、 まずこの展示会で初お披露目になりました、、、 BIANCHI ARIA ビアンキが満を持して発表した新型のエアロロードバイクです。 ジオメトリーはかなりレース寄りで、将来的にTTバイクにすることも可能です!! その他にも電動スポーツバイクとして登場している、 BIANCHI CAMALEONTE-E であったり、可愛らしい子ども用自転車の BIANCHI PIASTA 16 更には毎年かなり人気の定番クロスバイクの、 BIANCHI ROMA4 BIANCHI CAMAEONTE 1 の、2018年用のカラーリングもお披露目になりました。 その他どういったモデルが出ているかや、 大体目安の入荷時期などもモデルによっては分かりますので是非ご相談ください。 勿論早期予約も受付中です。 おまけ、、、 展示会ではこういったものも、、、笑

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags

© 2017 by Shimizu Bicycle Site

Orange Bike Co., LTD.