売り切れ御免 アウトレット自転車!

気温も安定して暖かくなってきて、絶好のおでかけ日和ですね 緊急事態宣言が一部を除き、解除され外に出る人達も増えると思いますが バス、電車などの密になりやすい場所は避けたいですよね そんな方の為に、お買い得な自転車のご紹介です! RMARK SPEC サイズ:700c ギア:6段ギア 初めてのクロスバイクにピッタリ! 操作しやすい6段ギアにタイヤが700×32と太い為、初心者でも安心して乗れます! ¥19980+tax CRACKER SPEC サイズ:20インチ ギア:7段ギア 鮮やかなイエローが目を引く!オシャレなミニベロ タイヤが20インチの為、小回りがきき、細道、裏道の多い京都にもってこい! タイヤの小ささを7段ギアでカバー ¥19980+tax BERGAMO SPEC サイズ:26インチ ギア:7段ギア ピンクの差し色がカワイイ! サイズが26インチのため、女性でも乗りやすいです ¥21980+tax ALBERT HALL SPEC サイズ:700×28 ギア:6段ギア 黄色のスポークが個性的に輝く! 扱いやすい6段ギアに細すぎない700×28のタイヤが通勤通学にピッタリ! ¥21980+tax どれも1台限りのお値段なので気になった方はぜひ、清水自転車 常盤店まで!

立て続けにある修理【REPAIR】

緊急事態宣言が無事解除されましたが まだまだ油断してはいけません 最も大きな危険は勝利の瞬間にある ナポレオンの格言ですが 世界的にはまだまだ終息が見えない新型コロナ 日本では終息するかな?といった安堵の空気が漂ってますが ここで油断すると被害が拡大する可能性が非常に高いので まだしばらくは油断大敵です 自転車も実は似たような事があります まだ大丈夫 まだ乗れる しっかりとメンテナンスや原因が判ってれば対処できますが 判らないで使用し続けてしまい壊れてしまうことがあります 特にギヤ周辺はそういったことが多いので注意が必要です 例えば 変速機付きバイクのリア変速機にヒットした跡があり それが原因で変速がおかしくなってしまい 調べてみるとアダプターが曲がってしまってたり 普段は気にならないけど 走るとペダルがガタガタ動き始めてチェーンが外れやすくなったなど これらは一般車だけでなく スポーツ車にもありえます 早期の発見であれば修理も一部で済みますが 症状悪化がどんどん進んでしまうとほかの部分の交換までなってしまうこともあります 日常の一コマ、数秒だけの確認で安全に自転車に乗れるので 偶にチェックしてあげましょう

CRARISをSORAで使った話【REPAIR】

ながーく使ってる自転車 日々自転車は進化してます 今でこそオールドパーツといった言葉がありますが その当時は最先端 しかし時代は進みやがてパーツの供給がなくなり 壊れてしまうと修理も出来なくなってしまいます 今回はそんな修理のお話です バイクは長い間倉庫に保管されていたと自転車を点検してまた乗りたいとのことで 保存状態は非常に良く チェーンなどの金属部分も錆びがほぼない状態 ただ、タイヤなどは交換となりましたが 変速調整の確認をしてたとこ フロントの変速の入りが悪くなってるのに気が付いて ふとディレーラーを触るとスカスカです 原因を見てみると ディレーラーのバネを抑える部分が破損してました 本来は親指についてる部分が下の抑えの部分に当たる仕組みです これによりワイヤーを引っ張りバネに力を加えて内側に戻る力を掛ける というのがフロントディレーラーの動きです そのバネを抑える部分が割れてしまってるのでもう抑えが効きません ということで交換になるのですが こちらのついてるSTIレバーは ST-3303 SORAです 3400から9速になったので3300シリーズは8速です ここまでは良かったのですが シマノの互換性表に流石に現行のCRARISと8速SORAの互換性は載っておらず 昨今のフロントディレーラーは引き量が違う場合もあるので 最悪片側だけでもCRARISにしなければならない可能性があったのですが ここでフロントの歯の枚数を確認すると3枚あります 3枚あると話は変わってきます というのも 3枚用のフロントディレーラーはST-2403など旧型シリーズで使えるのです ということは ・

部品単品からでも手に入るんですよ

今日はちょっと短い記事 先日スポークが折れちゃったということで持ち込んでもらった修理があったんですが 見てみるとスポークが1本折れてしまってるのでそれを交換 歪みもそこまでひどい状態ではないので修理で終わりました スポーク折れの場合結構な確率で「ホイール交換ですか?」と聞かれるのですが 折れてる数が結構あったり、歪みが相当ひどい(目視でわかるくらい)だと 交換のお話をしますが 1本2本程度かつ、そこまでひどい歪みでなければ交換作業で行ける場合が多いのです ホイールメーカーも様々ですが シマノは特に分解図から部品を見つけやすく ホイールから変速機など多岐に渡って分解図があります それら細々したパーツを取り寄せ可能なんです ただし、分解図に載ってない部品は取り寄せが出来なかったり 生産終了になってるものもあるので すべてがすべて揃うわけではありません 自転車は細々した部品の集合体ですので こうやってその中の更に細かい部品をリペアパーツとして 出してくれるメーカーはユーザーやショップにとっても 非常にありがたい存在です

荷物もたくさん載せられるバイク

お久しぶりです 暫くぶりにブログを更新です 本日は以前にも紹介したことのあるバイクですが 色違いです イノベーター コンセプト 5 ¥52,800 +tax ↓ ¥34,800 +tax カラーはブルーです ブルーと言ってもかなり大人しめな色合い ベースはコミューターバイク(積載も出来るスポーツバイクタイプ)です タイヤは700x42Cと太いタイヤを仕様としてるので 荷物を積んでもパンクしにくく段差なんかにも強いタイプ 後ろにはキャリアもついてるので サイドパニヤバックなど取り付けも可能 その他に特徴と言えば フロントのカゴが最大の特徴 フロントラックなので大きい荷物でも荷紐やゴムで留めてしまえば運ぶことができます 走破性があり荷物も積載できるので 日常生活 +お買い物でも役立つバイクです

自転車乗りづらくないですか?【REPAIR】

5月といえばチマキを食べるのですが 今の若い方は食べるんでしょうか? 小学校の頃は給食に出てたような覚えがあります 京都はちまきと言えば祇園祭が有名ですが 実はあれ中身は入ってません 厄除けなどお守り的なのです だた、鉾の数だけちまきがあると言ってもいいでしょう めちゃめちゃ数が多いんです コンプリートする人はいるんでしょうかね・・・? 厄除け繋がりでだと 京都は妖怪や神様へのお願いなどそういった話は尽きません 芸能の神様だったり縁切りの神様だったりと何かと有名な神社仏閣があります と、今日はスピリチュアルな話ですが 今回の作業は第六感や虫の知らせがあった感じだったのです その日はやけにタイヤやホイール周りの修理作業が多く パンクから始まりフリーボディーの修理、ハブの調整など ホイール周りの作業はあとはスポーク折れの自転車が来たら 1日でホイール部分をすべて作業したことになるなーと思ってたんですが 最後にドンときました スポーク折れです しかしスポーク折れなんですが 流石に折れすぎてるのでホイール交換になりました 通常、1本だけ折れてる場合などであれば新しいのと交換です それでも続けて2本、3本と折れる場合は一度ホイールを組みなおす必要があります が 今回のホイールは8本も折れてました 流石に折れすぎてるのとリムの歪みも凄まじいので これ組み換えではなくホイール交換でした その日にたまたま集中したとはいえ よもやホイールを丸々交換する作業だとは思いませんでした 皆さんもスポークが折れてないか定期的にチェックしてみてください

最近ちょいちょい売れてるやつ【ITEM】

5月も引き続き緊急事態宣言が出てます 年内終息はしない可能性も十分にあり得るので 今後がどうなるんでしょうか・・・ 外に出る人は減りましたが 代わりに家にいる時間が増えた人が多いそうで これを機に掃除する人も多いそうで クリーンセンターなんかはフル回転してるそうです ちょっとした組み立てや分解するのに必要な物 そうです工具です 普段の生活で工具を使うことってそうそうありません しかし家に居る時間が増えると 手持ち無沙汰になり掃除を始めたりレイアウトを変えたりする人がいます 普段から機械物を触ってる人でなければ 早々に家に工具類は持ってない人も多いのではないでしょうか そこで今回は自転車のメンテにも使えて コンパクトで場所も取らないオススメな工具をご紹介 TOPEAK ラチェット ロケット ライト DX ¥3,300 +tax スポーツバイクのメンテンナンスに非常に使いやすいツールセット 何がオススメかって 各サイズの六角サイズに加えてトルクスも入ってたり 延長アダプターがついてるので長さが必要な所にも差し込みやすいとこ 最大の特徴としてはラチェットなのでわざわざ外したりしなくていいところ これが非常に使い勝手がいい しかも逆回転の場合は真ん中のコックを反対にするだけで 逆構造になるのでなんとも使いやすい 無論自転車用なので タイヤレバーも付属してきます あとは簡易パッチなどをもっておけばサイクリングに出かけた際に 携帯ポンプがあれば修理可能 しかもサイズも非常にコンパクトにまとまるので リュックやポッケにいれても邪魔にならず サドルバックとかに入れとくだけでも何かと使える 家で

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags

© 2017 by Shimizu Bicycle Site

Orange Bike Co., LTD.