早めの交換がオススメです【repair】

毎日使ってると急に使えなくならない限り 変化に気が付きにくいもの それも本当にすこーしずつ変化してるから 気が付かないんですよね そして改めて見ると割と凄い事になってたりとか。。。 やはり定期的に点検は必要です 特に制動に関係するなら尚の事修理早めにしてあげましょう ブレーキシューがこのようになってたら即交換をオススメです このシルバーの地が見えてますが これ何かと言うと ブレーキシューのプレートです 実際に剥いでみたのがこちら 金属プレートが出ると 本来はゴムが当たって止まるホイール(リム面)がガリガリとマッハで削れます どれくらい削れるかを例えると 消しゴムを擦るか 紙やすりで擦るかくらいの違いがあると思ってください とうぜん紙やすりの方が速く摩耗します それがこのプレートで擦る状態と思ってください ホイールがガリガリに削れると そこから新しいブレーキシューを取り付けても ブレーキが当たる面は削れてるので 結局、摩耗が早いままになります かといって、ブレーキ面を均しすぎると削れる深さによっては ガッツリ削らないといけない場合もあるので そうなるとホイールを交換した方が良かったりなんてこともあり得ます なので早め早めに交換しましょう ちなみに交換の目安として 新品と削れたシューを並べてみます 凹凸面があるのが新品 ないのが交換品です ざっくりな目安ですが この凹凸面がなくなったら交換目安と思いましょう 当然ゴムなので、使わないで置きっぱなしにしてると 硬質化してしまう場合もあるので それはそれでダメなやつなので その場合はひび割れなどが起こってないかを見ましょう 割れてる場合

今年のクリスマスプレゼントはこれ!

一気に寒くなり、もうそろそろ12月なんだなーと実感してきた今日この頃 12月といえば 思い浮かべるのは、やはりクリスマスですね 子供の頃は、クリスマスが楽しみで仕方なかったのを覚えています いつもと違う豪華な食事に、ケーキそれとクリスマスプレゼント! お父さん お母さんは、そろそろプレゼントの準備しないといけませんね ではコチラなんてどうでしょう STRIDER ¥10800(税別) 1歳半~5歳の為の自転車でおなじみのストライダーの紹介です ストライダーとは世界累計販売台数が200万台突破した 世界的に有名なランニングバイクです 重さは3㎏と軽量なため、子供でもすぐに止まることが出来ます 持ち運びも楽ちんです! 品質も日本独自の検査基準を設けていますので安心して乗って頂けます! 色はレッド、ブルー、グリーン、ピンクの4色展開です 今なら箱ごと入れられるサンタブーツをプレゼント! こんな大きなサンタブーツに入っていたら、子供のテンションもMIX間違いないですね! さらに、当店ではストライダーの店置きが出来ます 家に置く場所がなくても、問題ありません 気になる方はぜひ、お近くの清水自転車店へ!

最近のトレンド?鍵事情【parts】

朝晩の驚くくらいの寒さに 手袋が欲しくなりました 今まで使ってた手袋をどこに仕舞ったか忘れたので 大捜索が始まります 手がかじかんで 自転車の鍵をかけるのも億劫になってしまいます そのせいか 最近はこのタイプが人気です Knog. TWISTED COMBO ¥4,200 +tax ダイヤル式です すごくどうでもいい話ですが 「ダイヤル」と「ダイアル」どっちが正しい発言なんでしょうね? 一般的には「ダイヤル」ですが 「ダイヤリー」と「ダイアリー」ってのもありますから どっちでもいいんでしょうけど。。。 話を戻しましょうか knogのダイヤル式ですが こちらはパーティフランクをコイル状にして収納しやすくして 最大で100cmの輪っかを作る事が出来ます ケーブルの中はファイバーコアスチールケーブルを使ってて コレはリフトとかに使う素材だそうで強度はしっかりしてるそう 好きな番号に変更も可能で 外した状態から 端を捻ってズラします そうすると番号の変更は可能になり また捻って戻すとその番号で確定します 最近ちょいちょいとダイヤル式が売れるので 聞いてみた所 寒くて鍵を出すくらいならそのままダイヤルで解除した方が楽だそうです ただ、ダイヤル式にする場合は必ず「全部のダイヤル」を回して施錠しましょう ものぐさな方は一つ二つだけ回してロックされることもあるので もしかしたら盗難に遭う可能性もあります 面倒かと思うかもしれませんが 数秒の手間で大事な自転車が盗難されないとなるなら 安い手間です

バックリ壊れた【repair】

来週は冬になるそうです 朝晩はめっちゃ寒くなるらしいので ダメ人間製造機の【コタツ】を出し始めようかと画策してます 人間、寒いと色々と思考が楽な方へと行ってしまいます なんかちょっと調子悪いけどまだ使えるからいいや 調子が良くないけど今日は寒いから別の日にしよう 良くある思考です それで壊れちゃうこともあります そうです いつもの作業です 今回は何時にも増して素晴らしく巻き込んでました 原因はおそらくディレーラーが曲がったことにより巻き込みです こちらはディレーラーガードが付いてますが 全体をカバーするだけなので ピンポイントで当たってしまったなら防ぎようがありません チェーンも見事にねじ曲がってます こうなるとハンガー、ホイール修正も含めてチェーン等ゴソッと交換です 同じターニーを取り付けて チェーンやワイヤーも一新し 振れ取り調整とハンガー修正も行いこれで完成 使ってるといつかは壊れます そしてそれは交換して修理することでまた乗る事が出来ます 虫歯と同じで 壊れた所からどんどんと他の部分も壊れちゃいます なので乗ってておかしいな?って思ったら勘違いでもいいので まずは お店に持ってって見てもらうのをオススメします

追加で入荷した電動自転車もたぶん安いと思う【SALE】

秋深まると言えばいいのでしょうか 表の街路樹はまだ紅葉してませんが 紅葉の季節です SALE真っ只中ですが ちょいちょいとチラシの自転車はなくなってってるそうです そんでなくなってるから 追加です 丸石サイクル アーバニティクロスアシスト ¥99,800 +tax ↓ ¥ ASK お値段はあえて伏せておきます ただ、元々の定価ですらパナソニックやブリヂストンの似たモデルより安いので そこからチラシの追加で入荷したと言うことも考えて かなりお安くなってます 自転車を見ていきましょう まずはカゴです かなり広々としたワイドバスケット サイド部分は少し窪んでいるのでフロントネットなどあれば引っ掛けやすく 横から物を入れやすい利点があります フレームはマットブラックです フェンダーも同色ですので 全体が黒です 変速は7段変速のグリップシフト 昨今のE-BIKEに似た感じですかね あっちはあっちで本格的なので実際に走ると違いますが ギヤを軽くしたり重くしたりといろいろとできます スタンドは専用の一本足スタンド ただ、たくさん荷物を乗せるなら両足スタンドにしたほうが 安定性は出ます 逆爪の両足スタンド。。。 別途用意しなければなりませんが お取り寄せもできます カスタマイズもできますので お気軽にご相談ください あと、台数的には5台くらいの入荷です 無くなり次第ですのでご注意ください

【たぶん最安値】台数&期間限定の電動自転車

少し前からチラシを入れております その中で超がつくお買い得の商品 今回の目玉商品ですね 丸石サイクル ふらっか~ずキュートアシスト ¥99,800 +税 ↓ ¥69,900 +税 現金特価の超お買い得です あまりのお買い得に若干数が少なくなって来てるそうです では自転車の紹介を メーカーは丸石サイクルです 日本のメーカーですね 以前のクロスバイク記事にも紹介しましたが 歴史としては大正時代からあるブランドです ブリヂストン、パナソニックと並ぶ 日本ブランドバイクです おじいちゃんとかが 「ワシが子供のころに流行った丸石の自転車に憧れた」 と話してくれたのを耳にしたことがあります おそらく当時の自転車はスポーツタイプを出してた頃だと思うので 高級なランドナーが憧れだったのでしょう 今もランドナーはカタログにラインナップされてます このふらっか~ずも歴史があり 1987年にデビューです 30年近い歴史のあるモデルです ふらっか~ずは「ふらつかず」が語源のようですたぶん 停車時にふらつきを抑えた自転車です それが電動になりました フロントバスケットはかなりワイドで大型タイプ 結構荷物を入れられるタイプです モーターはフロントタイプ 後から押してくれるタイプではなく 前から引っ張ってくれる感じの発進 フロント側からの引っ張りなので、発進時の安定は大きく ふらつきにくいのも特徴 また、電源が入ってない状態でも走行は可能で 走っててそこまで重たい!って感じることはないかと思います 流石に一般車のように軽い!とまではなりませんが 電動だから電源切れたら重すぎて進まない なんてことはないかなと

待って!諦めるのはまだ早いよ!【repair】

このタイトルネタ判る人はなかなかなアングラな方です 先日、事故でフロントホイールのスポークが折れてしまったということで 修理のご相談がありました 代理人さんがご来店されたのですが スポークが折れてるのでホイール交換だと高くなりますよねと一言 待って!諦めるのはまだ早(ry ホイールが交換になる場合は スポークが折れに折れてる場合と リムが完全に修理不可の状態になった場合です 偶に傷が入ったから新調する方もいらっしゃいます 今回はまだ軽傷だったのでスポーク交換です 折れたのは一本だけの模様 しかし 通常のスポークと違ってエアロスポークでした じゃあエアロスポークを入れましょう ということで新しいスポークを入れて調整しておしまいです 幸いにも他の骨組みも損傷はなかったので 1本交換して完了です

セミオーバーホール?【repair】【maintenance】

最近はこんな感じの作業依頼が多くなってきたので 修理と言うよりセミオーバーホールが 近いんじゃないかと思い始めてます でも、オーバーホールはヘッドやホイールのベアリングとかまで 清掃、修理をすることを指すので やっぱりただの修理よりセミオーバーホールかなと もうオーバーホールと言い過ぎて一部ゲシュ崩壊してるなう 今回の修理はこのバイク ライトウェイ シェファードシティ 一目で修理が必要になってるのがわかります サドルは削れて穴が空いちゃってます タイヤも綺麗にゴムがなくなっております チェーン周辺も錆on錆状態 これは修理のしがいがありますね では さっそくホイールやワイヤー類も取っ払います いつもの吊るし状態になりました ここから汚れてる部分も軽く掃除します よく汚れてるポイントは フロントフォークとホイールが多いと思います あとはチェーンステーとかの辺りも汚れてることが多いですね などと説明しつつ軽く掃除をした結果 なんとか全体的に綺麗になりました フロントフォークもある程度は綺麗に あとはタイヤやワイヤーなども新品に交換して作業終了です そして安定のました工法 タイヤやサドル等は今度はブラックにしました うーん やはり明るい色のフレームだから ブラックを入れると一気に格好よくなります 元のほんわかしたイメージが キリッとした感じに これでまた存分に走ってもらえます

期間限定お買い得ジャパンブランドバイク【SALE】

来週末まで天気はそこそこに良いみたいですね 自転車に乗って出かけてる人も多いので やはり天気がいいと外出したくなります それを見越して絶賛SALEを開始してます いやー 本当にお買い得なセールバイクもあったりと 欲しい人にはズビャっと刺さるバイクもあります そして今日は昔からあるジャパニーズ ブランド そのメーカーが作ったバイクが限定特価です 丸石サイクル バルボア ¥23,980 +tax ブランドヒストリーは明治時代からある老舗です 実際に自社ブランドバイクを生産したのは大正ですが それでも十二分に老舗です さて、このバルボア カタログに載ってない「カタログ外商品」です ラーメン屋とかにある裏メニュー的なやつ ただし、その時期にしか生産されないので 今後、増産になるのかコレっきりになるのかは未定です 逆に言うと 生産されなければ希少価値の高い自転車にもなります いや 値段がそこまで高い自転車でないのでハードルを上げすぎましたが。。。 少なくとも珍しいと意味では他の人と被らないバイクと言えるでしょう 変速は6段変速、グリップシフト ママチャリから乗り換えても直ぐに馴染みやすい変速器です また、ギヤ周辺は安定と安心のシマノ 初めてのスポーツバイクでも ちょっとそこまでの足に使うスポーツバイクとしても使いやすいモデル カラーは現在3色ですが このあとちょっと追加の予定 でも台数やカラーも多くないので 終了したらそこでおしまいですので 安くていいの探してる方はチェックしてみてはいかがでしょう?

祭典 【sale】

やっとブログの方に着手 遅くなりましたが 祭典はじめました たぶん清水自転車がチラシを入れるのは十年ぶりくらいだと思います そうです 祭典と書いてますが もしかしたら次の祭典は10年後の可能性も否めません さて、長々と書いてるのもアレなので 簡単にセール内容をお伝えすると 電動自転車が現金支払いで¥69,900 +税 になってたり 限定1台のMTBが50%OFFになってたり 40%OFFのロードバイクがあったりと お祭りどうみても在庫処分ですありがとうございます状態です 目玉の電動自転車は 現行モデルのマルイシの電動自転車です ふらっか~ずアシスト この電動車 3人乗りも可能な電動車です メーカー品でこの価格ですのでお買い得です 台数もそんなに多くはなかったはずなので 無くなり次第終了です お気軽にご来店頂けましたら実物を見て頂けますので!

バーレーがやってきたぞっ【試乗会】

ガタンゴトントン。。。 珍しいことがあります タイトルを見てもらえれば判るのですが 試乗車が入ってきました 恐らく清水自転車が始まって以来初めてです いや 試乗車だった自転車とかは何度かありましたが・・・ しかも普通の試乗車とは違って でっかい箱で入って来た 開封の儀 きれいにすっぽりはいってます 片方は実は未開封なのではと思う チャイルドトレーラーです BURLEY(バーレー) 今回の試乗用として貸出をしてもらいましたのは CUB(キャブ) MINNOW(ミノウ) こちらの2台 それぞれ特色があるモデルです ミノウは一人乗り キャブは二人乗りです サイズが違うのは当たりまえ ですが キャブは底部が強化プラスチックフロアーになっており 雨天時にも強く未舗装路でも乗りやすいモデルになってます ミノウは一人用ですが 狭い!という感じはなく 一人乗りだけど広々としてて解放感があり 荷物もそこそこに積載できるので お試しに乗ってみるにはチョウドイイベビーカー 一方、キャブは二人乗り ですが 調整式サスペンションがついてるんで 一人乗り、二人乗りとサス調整で乗り心地を調整できます また、スプリング入りのシートベルトで乗り降りもしやすく 脱着も簡単になってます クッションもついてて長時間乗っていても疲れにくいように考えられてます あとキャブの方にはサンシェードがあります これは車で言うサンバイザーです 自転車に乗ってるとアイウェアを付けて走ったりする人も多いですが ベビーカーだと牽引されてるので自分で日を避けて なんてことはなかなかに難しい なのでこのシェードを使って眩しくない様にして

作業中にふと思った魚【repair】

数日は曇り空のおかげで日中の気温が暖かく 過ごしやすい日が続いてましたが 今週からは雨らしいです 週末まではすこしグズつく感じみたいですね こういった時はガッツリと修理に専念できるからいいんですが。。。 曇り空の中ガバっと修理 預かり車となったカメレオンテ 色々とガタが出てます ホイールとかも前後スポークが折れに折れてなかなかヘヴィな感じ ワイヤーやブレーキシューも摩耗、錆、折れ、ヒビ入りなど修理し甲斐があります ということで早速ホイールを取り寄せ 信頼と実績のARAYA 使いまわしできる所はじゃんじゃん使いまわします と言うことで錆び錆びだったチェーンは使えないとして スプロケやクランクはまだ大丈夫そうだったので 簡単にお掃除して使います 割とドロドロしてたスプロケですが ある程度は綺麗になりました 変速レバーも何やら挙動不審なので 分解してお掃除してばっちり動くようになりました タイヤを外して台に引っ掛けてのこりのパーツを外してく様は まさにアンコウの吊るし解体のようでした あっちは捨てる部位はほぼないですが こっちは逆に外して廃棄 流石にクランクまでは交換しなくとも大丈夫でした そしてワイヤーなども全て張り替えて完成 ホイール回りもばっちり ワイヤーを今度は黒に交換 うん これはこれで格好良くてアリだ

ごそっと入れ替え【repair】

ここ数週間はゴソッと交換する作業が多い感じがあります パーツの載せ替えとかではなく 修理で全体的にゴソっと入れ替える感じの修理です 今回はここをゴソっと交換 リアホイールです スポークが折れてたり、振れが大きかったり、他にも折れそうな箇所が何カ所もあったりと 張り直しで治るか怪しい感じでしたが スポークを緩めてくとリムがどうにも修正効かないヵ所を発見したので ホイール交換です 新しいホイールを用意して タイヤもロボロボだったので交換して新品に! これでばっちりです

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags

© 2017 by Shimizu Bicycle Site

Orange Bike Co., LTD.