年末年始の営業について

いつもご利用ありがとうございます。 年末年始の営業のご案内です。 年末の営業下記の通りです。 12/30 全店 年始の営業下記の通りです。 1/4 高野店、花園店、オレンジバイクキャンパス店 1/5 常盤店、オレンジバイク 本年のご利用頂きありがとうございました。 また、次年もスタッフ一同お待ちしております。

パパママに大人気のアレはありますよ

どうも 友人ほぼ9割が今年は28日で仕事納めと言っており ちょっと羨ましいなと思ったひよこです そういえば、また後に記事を上げますが 我がオレンジバイク店は12/30まで休まず営業してます 年始は5日から営業予定です さて話題を切り替えましょうか 昨今は年始はお休みのお店も増えてきました 昔は百貨店やお店は普通に休みだったんですけどね いつからかお正月から開けてるのが普通の世の中になってました お正月と言えば 家族で集まっておせち料理や凧揚げなどやっていた思いでがあります 今でも凧揚げは河原や公園でできるのだろうか・・・ 小さいお子さんがいらっしゃる家庭では自転車の練習とかもしてる風景を見たこともあります 昔は補助輪を付けて走り、ある程度慣れてから補助輪を外して走ってました 今でも公園で練習とかされてるんですかね? 昨今だと英才教育でしょうか 早いうちから自転車に乗る練習ができます 話題のコチラです へんしんバイク 一度は見かけた事あるのではないでしょうか? こちらは後々に駆動部を取り付けることが可能な自転車です なのでへんしんバイクなのですね 最初はキックバイクとして地面を蹴って走りバランス感覚を養います 次に同じ車体で駆動部を取り付けて自転車として練習します ここでミソになるのが 軽い車体です というのも 自転車をペダルを漕がずに足だけで蹴って走ってみると判るのですが 少し走りにくく不安定になります また、同じ幼児車で試しても籠やフェンダーなどが取りついてるので 車体が重たくなります 重さは小さい子供にとってはとても重要です では、へんしんバイクはどうかと言うと 車体は軽く

元祖ストリートシーンの王道 売れました

クリスマスが過ぎたら、すぐにお正月がやって来ますね 大掃除や、実家に帰る方は、帰省の準備やらで大変ですが どうせなら心残りが無いように新年を迎えたい方が多いみたいです 「新年が始まる前に」と 新しく自転車を買う方が来たりします 新しく始まる2019年は、他の人とは違う個性的な自転車なんてどうでしょう tern Surge Uno カテゴリー的にはシングルミニベロになります シングル仕様ですが、固定ギアに変えることも可能です 重さは8.9kg  と軽めになっています ハンドルは、ブルホーンハンドル フレームはエアロフレーム 個性が光る一台になってます フレームのデカールはリフレクターにもなっていますので 夜には光に反射して、ロゴが浮き上がり、昼間とはまた違ったカッコよさを与えてくれます 全体はガンメタと黒色でまとめてあり、シンプルながら大人のカッコ良さを感じます 限定生産車なので、もう一度生産するかどうかも不明です ぜひ清水自転車 常盤店にお越しください

ラスト1台!紅いバイク!

今年は「E-○○」の単語が流行った年でした E-Bikeは世界的に流行してますし 日本だと出力規制の問題でまだまだですが スポーツタイプと一般車タイプで別々の規制が作られれば流行る可能性は高いです 他には「E-sports」ですね 日本初のプロゲーマーがlolで成績残したり 徳島でウィニングイレブンの公開試合をしたりとゲームでも盛り上がってます もちろん自転車もまさかの12月後半にズイフトでプロサイクリングレースなど 違う方面の面白い取り組みがたくさんありました 来年は面白い事がたくさんありそうです さて、E-Bike関係ではありませんが ここ最近は色々なジャンルの自転車がクロスオーバーしてます その1台に当たるでしょうか Tern RIVET ¥69,000 +tax 細身の紅がとても印象的なバイクです パイプはクロモリでフォークはメッキストレートタイプ 仕様としてはフロントシングルの8速(クラリス)ギヤです また、ハンドルはトラックハンドルにしてあり とてもシングルを彷彿します ギヤはクラシカルにダブルレバータイプ そして反対側にも後々のカスタムで多段ギヤに変更可能です トラックハンドルですが フラットバーやそれこそドロップハンドルにしてロードバイクにカスタム化も出来る 拡張性の高い1台 サイズは540と一番大きいサイズです メーカー適応身長が170~180cmとなってるので ベストサイズだと175cmくらでしょうか ただ乗ってみる感じであれば170cmの方でもまぁ問題ないでしょうか 股下によりますね。。。 残り1台です ちなみに19年モデルにはラインナップがないので 事実

原因はここにもある!かも!【repair】

今年のクリスマスはどうにか雨は降らなさそうです 去年って雪ふったっけ。。。。? 全く記憶にありません・・・ 今年も駆け込み購入があるのだろうかと 手ぐすね引いてお待ちしております さて、前回の記事でチェーンの交換についてお話をしました アレはシングルギヤのチェーンでしたが 多段ギヤの場合はもっと大変な場合があります 歯飛びです 力を入れて踏み込んだらパキンパキンって音が鳴って滑る感じがあります これは古いチェーンとフロント、リアの歯車(チェーンリング、スプロケット)が削れ合い 噛みあわせが段々と悪くなってしまい 最終的にはチェーンが歯車に噛み合わなくなることで起こる現象です この時にはもうチェーンを交換したとしても歯車も合わせて交換が必要な場合が多く スプロケットも交換になる場合が多いのです あまりにも削れ過ぎている場合は前後共に交換になりますが 値段はギア数によって変わるのでその都度見積もりを立ててもらいましょう さてこのスプロケットは歯飛びをしたスプロケです 写真でも見てもとても分かりづらいのですが まだ削れも歯飛びが始まったくらいで初期症状です 3段目と4段目が特に削れてます 末期になるともっと尖って文字通り刺さります 削れてる場所も1ヶ所でなく 数か所で削れてます ここは本来であればこのように台形の形をしてます 削れる原因としては 砂利や埃、錆、油切れによる金属同士の摩耗 なんかがあります 定期的に油さし、掃除をすることで「寿命を延ばす」ことは可能です あくまでも延命処理なので交換はいずれしないといけません 定期的に見てメンテナンスするだけでも かなり乗り心地も変わるの

こうなったら交換ですね【repair】

もう気がつけば残り10日ちょっとで今年が終わります 年々と日がたつのが早く感じます ジャネーの法則です ついこの間したなーって思ったことが まさかの数年前とかです 自転車も同じく これちょっと前に買った=最近~数年前レベルで誤差が出ます もちろん修理をすることで安全に乗る事ができますが 時に 自転車に乗ってて漕ぎにくい! なんてことはないでしょうか? 何処か壊れてるわけでもなしに パンクとかもしてない でも確かに自転車に乗りにくい もしかしたらここがダメかもしれません チェーンです チェーンとは通常は【コマ】【ピン】【プレート】の3つからできてます プレートがコマを挟んでピンで留める仕組みです これらが油がしっかり付いてる状態で一つ一つしっかりと動くことで 自転車は走れます 自転車だけでなくバイクなどもそうですね ベルト駆動系全般に言えることです 新品のチェーンはこんな感じでだるーんとします 交換が必要なチェーン よくあるチェーンが伸びて交換になるのは このピンがコマを削って隙間が大きくなってしまい 結果、チェーンが弛んで「チェーンはずれ」や「ギヤを削ってしまう原因」になってます 他には小石や木の枝を拾ってしまいプレートが曲がってしまったり 完全な油切れにより注油しても元に戻らないくらい硬くなってしまったり などなどあります 油切れならまた油を差せば問題ないじゃないか と思うかもしれません 確かにその時は一時的に乗れる状態になります しかし油がなく金属が削れ、軋む形で動いてる状態です プレートが割れたり曲がったりとリスクは大きくなります さらに、一度固着したようになってしまった

男子なら憧れる楕円なアレ【custom】

記録的豪雪など東北ではかなり凄い事になってるみたいですね 京都もついこの間雪がチラついてたみたいです もちろん市内で 今年は年末年始に降るのでしょうか? できれば降らないでいただきたい所 寒いと体を動かして運動したくなります 運動と言っても家でローラー台を回してもいいんですが できるならサイクリングくらいで。。。 普段と違うアイテムを付けると何時も走ってる道が違って見えます RIDEA ROAD POWERING 楕円なんて呼ばれますが正確には 楕円を2つ重ねてそれを最適化したのがこのRIDEA 正式名称は【DUO-OVAL POWER LINE】 通常の楕円やQリングスとはちょっと違います ボルトの穴も固定されており取り付けが容易になってます 楕円率が云々とは言わずに判りやすく「W2」「W3」とか言います これは仮想歯の差数です 「W2」であれば±2 「W3」であれば±3 コンパクトクランク(50-34T)の「W2」場合 50Tであれば仮想±2で48-52T 34Tだと仮想±2で32-36T といった感じです もちろん仮想の差数が高い程実際は楕円率も上がりますので 単純に踏む力が必要になります なのでメーカーは 「W2」一般初心者向け 「W3」中上級者向け 「W4」プロ向け こんな感じで案内を出してます そんで今回はラミフローを取り付け 取り付け用の実車がこちら 物々しい感じの車体です めっちゃイカツイ これに取り付けです R8000系 取り付け方はいたって簡単 アウター側はピンの出てる部分をクランクの裏側に インナー側は一ヶ所ポッコリしてる部分をクランクの裏側に これでOK

リトルキャディーズ 全色置いてます!

こたつの季節になりましたね 我が家では猫が我が物顔でこたつに入ってます それはいい たが、入ってくる足を攻撃するのはやめてほしい めちゃくちゃ痛い、しかし当の本人たちはどこ吹く風でこたつの中でのびのび 毎回次は気を付けようと思うのだが、いつも忘れる おかげでいつも痛い目にあう こちらも今の内から用意しといた方が後々、 後悔しなくて済みます Little Kiddy's チャイルドシートレインカバーver3 今回はすぐ売り切れるレインカバーで有名なリトルキャディーズの紹介です リトルキャディーズは主婦の方から絶大な人気を集め、 一時は、人気色はわずか1分足らずで完売するなんてこともよくありました 今は量産体制が整い、そんなことはなくなりましたが 今なお人気は衰えてないようでリピーター客も多いそうです! 特長としては半分ほどが透明なビニールになっているところです これならお子さんの顔もすぐに確認できますし、圧迫感も少なくてすみます。 自立式のドーム状なので、雨、雪はもちろん寒さも防げます 風よけにもばっちりです 見た目も簡易型にはないおしゃれさがありますね 対応機種は全部で19種類あります、 ブリヂストン、パナソニック、ヤマハ、丸石、OGKなどの大手メーカーに外国メーカーに対応 (一部のチャイルドシート、メーカー非対応) 色はブラック、オレンジ、リーフグリーン、ターコイズブルー、パープル、ピンク、の6色展開 好きな色を選んで、自転車に合わせてください お値段は 前用 8.960円(税抜)   後用 9.240円(税抜) 他のレインカバーに比べれば、お値段はお高めですが 買って後悔す

ヨクオチール【maintenance】

冬本番の寒さが来てます この間薬局にカイロを買いに行ったらマグマが売ってました マインがクラフトのゲームでなく桐灰から出てるカイロです 注意書きに 「屋内での使用はしないでください」ってあったのでちょっと怖いと思った ふつうのカイロで平均50℃前後らしいのですが マグはは60℃前後と10℃の差がでるらしいです 太く短く精神的なアレでしょうか でもめっちゃあったかいらしです 今度外に出る時にでも試しに買ってみます 最近ちらほらとこんなアイテムの相談がありまして 入荷してます ミリオン SL40 瞬間サビトリ自転車用 ¥500 +tax 自転車のサビ取り剤です 液体系とかいろいろありますが 初めてのサビトリ系だったら先ずはこれからでOK キャップを外すと弁になってるので キャップの裏側でブスッと刺して穴をあけます 軽く濡らした布に少量取って錆部分を擦ってあげます 主に錆の出る場所としてはハンドル周辺、ホイール周辺、キャリアやフェンダー周辺ですね この辺のサビとかが気になる!ってなるなら使ってみましょう 溶剤と研磨剤が含まれてるので 力いっぱいゴシゴシするとガリッガリと削るんで やり過ぎに注意しましょう ちなみに少しですが防錆効果もあります でもしっかりと防錆するなら専用のスプレーなどを使ってあげるのが一番効果的 本体の裏側にも使い方は書いてあります 使う部分はさっき挙げた部分ですが 素材だと、メッキ、アルミ、ステンレスなんかに使えます 自転車だけでなく車とかバイクとかステン系の浴槽とか全般に使えます ただし 口に入れたりする食器類、調理器具には使わない方が賢明です 自転車だと外で使

滑らないグリップはどうでしょう?【parts】

休みの日は決まって天候が悪いのは気のせいか。。。 雨男ではなく曇男。。。 雨でないだけまだ出かけれらるのでいいのですが・・・ 自転車は基本的に晴れてる日に乗ることが多いと思います 屋根もないので必然的に雨に対しては使い勝手が悪くなります 雨になると自転車で走るんも億劫に・・・ 合羽を着て走ればいいんですが それでも顔に雨が当たってうーんって感じが・・・ ペダルも滑ったりするしグリップも濡れて握りにくかったり・・・ 晴れてる時はしっかりとグリップが効いて 雨でも滑りにくいグリップなんて。。。 Lizard Skins DSP grip ¥3,300 +tax ありました 手に吸い付く感じのグリップ 晴れてる時や雨の時にも握れるヤツ ただ、雨だと少しグリップ力は落ちますが それでもただのゴムに比べると十分にグリップします バーテープからブームが始まり そしてグリップも今や売れ筋のアイテムになってます 素材はバーテープと同じDSP(デュラソフトポリマー) メーカー独自の素材で簡単に言うと滑りにくい素材です 愛用者は非常に多く、一度使ったらなかなか次に替えられないと評判 肌触り、晴雨天時のグリップ力、耐久性 どれも高いパフォーマンスを出してるのです ちょっと良いバーテープを使いたいなーって人にはオススメするバーテープ の 素材を使ったグリップなのです 危うくバーテープの商品紹介になるところでした そしてこのグリップ ちょっとはめ方が特殊です 通常のグリップなら水やエアーで差し込みますが こちらは固定用テープがついており 液体ガラスクリーナーを使って滑らせて固定します 以下動画として置い

【SALE】冬は日が落ちるの早いからセールのコレでもどうです?【parts】

なんか来週から冬将軍がやってくるそうです 冬将軍って聞くとなぜか悪魔将軍を思い出す。。。 覚えてる「地獄の断頭台」 今でも作中最も強い超人だと思います 地獄の断頭台はされませんが 冬将軍は激寒な冬を持ってきます 冬将軍がくる時期になると日が落ちるのも早く 16時頃にはもう既に薄暗くなったりしてます そうなった時に自転車は前だけのライトでは心もとないと思います ということでセールになってるコレなんてどうでしょう? Knog strobe ¥1,400 +tax ↓ ¥1,100 +tax ノグのリアライトです 小さくてシートポストやステーなどに簡単に取り付けできるタイプのリアライト 小さいけど視認性は非常に高く600m後方でも視認できるくらいには明るいです シートステーにもぴったりとくっつきます そしてなんといってもちっさくいてコンパクトなのが魅力的 リュックを背負ってる人だとリュックに付けて走れば大丈夫ですし・・・ 使用時間は 連続仕様:50時間 フラッシュ:80時間 小さい割にそこそこ持ちます あと簡易防水機能もあるので 雨とかは大丈夫です 値段がかなりお買い得になってるので 夏に比べて夜間走行する時間が増えた分 あるとないとでは雲泥の差です ライトは自身の安全の為ですが それと同時に周囲に自分が居るのを知らせる為の物でもあります ご安全に走って明るいライトならコレも選択肢に入れてみてはどうでしょう?

ハンドルのアップグレード【parts】【custom】

自転車って実はお手軽にドレスアップやアップグレードできるんですよ それこそ ステムネジからワイヤー、スポーク、ペダルとか サドルやタイヤもカラーが豊富にありますからね 部品点数が多いので大まかにこの辺をカラーカスタムしたい! ちょっとこういったパーツを付けてみたい! なんてこともできます 後者は規格がある程度必要なので 必ず取り付けが出来るってわけではないですが 比較的簡単のだと この辺とかも多い感じです バーエンド フラットバーに取り付ける部品です これを使う方はある程度自転車を乗ってる方です それも坂道や長距離を走ったことがある方でしょう このバーエンドとは 乗車時の姿勢を変えることができるアイテムなのです ただの牛の角みたいなアイテムではないのです。。。。 なぜ乗車時の姿勢を変える必要があるかと言うと ロードバイクのハンドルを思い浮かべてみてください アレはドロップハンドルと言って横から見るとコの字型です そのコの字に突き出すようにハンドルレバーがあります 長距離を走るに、ハンドルを持つ位置をその場その場で変えられることで 乗車姿勢を変えることができるのと、体への負担を減らすこともできます では、クロスバイクは真っ直ぐなハンドルかと言うと そもそも長距離向けに開発されたバイクではなく 近中距離を走るバイクとして生まれたからなのです ロードバイクは主に長距離をメインとして使える機材であり クロスバイクは近中距離をメインとしてます それに加えて 乗車の姿勢も前傾姿勢になり過ぎず 姿勢を起こした状態で周囲を高く広く見やすくしている点です じゃあMTBはどうなんだとあると思います

ゴロゴロするのはここが原因かも?【repair】

12月の初週は暖かいらしいです 雨マークがいっぱい並んでるので あまり嬉しくありません 暖冬との話も出てますが 暖冬なら暖冬でいいんですが。。。 さて今回の修理はゴロゴロ鳴る場合はあそこがああなっちゃってる場合の修理です そうです あそこですあそこ ゴロゴロなる部分と言えば ハブのグリス切れですね グリスが切れて赤錆も出ちゃってます 本来はここにグリスが入ってます 中に入ってる球が削れにくいように保護、回りやすいように潤滑してくれる役割があります しかしグリスは流れ落ちてしまいます これは雨ざらしや長期間のノーメンテナンスによるものです グリスがなくなると中に残るのは金属の玉だけです そうなるとどんどんと削れて最終的には砕けて割れてしまうこともあります 掃除をして 新たにグリスを入れてダメな球は交換です なので異音がしたなら早めに修理をしましょう 他の箇所も合わせて悪くなる場合があります

尖るとまさに手裏剣【repair】

11月が終わり12月に突入 師走です ここから一気に駆け足で今年が終わります 全然実感なんてありませんが さようなら2018年 今日はちょっと珍しい修理 珍しいというか頻繁にはない修理ですね コレを交換しました これを見て直ぐに判った方は自転車屋さんレベル これを見て何処の部位だろうと思った方へコレは時計の歯車です(嘘です チェーンリングが尖ってたり 一部折れてるので交換です 歯車は削れてます これはチェーンが噛み合う仕組みなのですが チェーンが交換時期を過ぎても使いつづけたりすると一気にこんな感じに 新品はこちら これを換装します 新品と旧品を比べるとやはり山が削れてます この隙間が出来るとチェーンの引っかかる部分が少なくなって 結果的に踏み込むと引っかからずにズルっと滑ります 「歯飛び」と言うやつです ではこれを解消するにはどうすればよいかと言うと チェーン、スプロケ、チェーンリング、プーリー これらの交換になります ただ、チェーンだけ交換して大丈夫もあるので 必ずしもすべてを交換しないといけないって訳ではありません ただ、メンテナンスの怠りや部品が壊れてるのに使い続けることで 他の部分にも悪影響を与える場合もあるので 壊れたりしたらなるべく早めに交換、修理しましょう 今回はメーカーにまだ補修部品として残ってましたが もちろん廃版になった物もあります 廃版になった物は基本的に手に入らないので クランクごと交換になる場合もあります また、比較的安価なパーツだと リベット打ちしてあるのでそもそも交換も無理な場合もあります 現行モデルで上中位機種のクランクであればだいたいは出てる

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags

© 2017 by Shimizu Bicycle Site

Orange Bike Co., LTD.