フレームってこんな様になってる

朝晩が一気に冷え込みました

一昨日は少し寝苦しかったので窓を開けて寝てたら寒さで丑三つ時に起きました

どうも、ひよこです

この間メーカーさんが営業に店に来た時のことです

営「そういえば今日は面白い物を持ってきたんですよ」

ひ「なんぞ」

営「コレです」

取り出したる何か

ひ「新しいスタンド?」

手にとって見てみるとどうやらフレームをカットした物

並べてみてみましょう

|アルミ|  |カーボン|  |アルミ|

  F      FR      FR

Fシリーズは2019年ではラインナップからなくなってます

Fシリーズはピュアロード系として今までラインナップされてました

そしてFRシリーズは近年出たモデルです

Fシリーズよりも弾性や快適性を上げ

走行性能もFシリーズと同じように走りやすくと試走設計されてます

そしてここに3本あると言うことは

その違いが断面でわかるということです

じゃあさっそくアルミのモデルを見てみましょう

シートステー側

チェーンステー側

シートステーは扁平してます

Fは丸くFRは扁平

これによりFRは縦方向でのクッション性がしやすくなっており

代わりに横方向の剛性が上がってます

チェーンステー部分も同様に

Fは楕円にFRは長方形型になってます

こちらはフレーム下部と言うことで、しなる事よりも縦方向の剛性をしっかり出して

踏み込んだ時の反応速度アップを狙って造られたのでしょう

ではここでカーボンFRを見てみましょう

シートステー

チェーンステー

どちらもやはりアルミFRと似た構造です

ただシートステー側は少し細くなってます

ここはやはりカーボンだから出来る成型

試に縦方向から下に力を加えてみたところ

FとFRでは如実に違いが出ます

最初は地面にチェーンステー側を押しつけてグニグニと

そうするとFは明らかに硬い

対してFRは少ししなる

同じアルミでも成型でここまで変わるのかと言った感じ

ちなみに持ち上げて大挟のように両手で持ってグニグニすると

同様に柔らかい感じが出るのはFR

手の力でここまで たわむのだから

実際に走ると差が出るんだろうなぁと思う

そんでFRの特徴として

アルミは全てサイズによって厚みを変えてるのだとか

サイズが大きい小さいで厚みを同じにするとやはり乗り心地が違うらしく

厚みを変えることでそのフレームサイズでしっかり効果が出せると言う事

確かに厚みを変えることで乗り心地も変わるのだから

フレームサイズによっては溶接ヵ所や厚み具合も当然変わるわなと

これは他のメーカーでもやってたりやってなかったり?

などなどメーカーさんより面白い話も聞けたので

また来る時に何か面白い土産話を持ってきてくれることでしょう

楽しみにしてます

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square

© 2017 by Shimizu Bicycle Site

Orange Bike Co., LTD.