根元からの場合は注意が必要【REPAIR】

修理で稀にあるこの作業 フラットバー系のレバーならまだ作業は単純 しかしSTIレバー系だと難易度が跳ね上がることがあります 何かというと シフトレバーのタイコです 久しぶりに苦戦しました と言うのも ワイヤーが切れたので修理して欲しいと依頼がありまして ケーブルは見事にプッツンと切れてました 作業依頼を受けた際にワイヤーは引っこ抜きましたと教えてもらったので タイコもちゃんと抜かれてると思ったのですが どうやらそんなことはなかったようです ワイヤーを入れるには一度レバー部分のギヤ位置を 一番重い状態にしなければなりません なのでシフトを触るがなんかスカスカする。。。 (この時点ではまだ気がついてません) んー・・・なんだ?と思い今度はギヤを入れます カチカチカチ・・・ レバーは3回しか音がなりません (このへんでちょっと怪しむ) そこからもう一度シフトを開放しますが 感覚がなんかおかしい。。。 (ここで当たりがつく) ワイヤーが切れたということは タイコ部分が残ってるということ 何処でタイコとワイヤーが切れたかによって残り分を除去する難易度が変わります 最大はタイコのみが残った場合です 奥にすっぽり入った場合 これは本当に出てこない時は出てきませんので 高度の柔軟性を維持しつつ、臨機応変に対応しないといけません 今回はどうなってるんだとライトを当てて見て見ると 何やら奥の方にワイヤーが2.3本ほど絡まってるのが見えました 写真ではまったくわかりません。。。。 しかし よかったまだ何とかなる と言ってもまだまだ油断は出来ません 引っ張ってワイヤーだけ抜ける場合もあります 慎重に奥

パンッ!て破裂音はだいたいこのせい【REPAIR】

どうも最近は足回りの記事が多くあげている気がします 足回り習慣ということで気にしないでおきましょう 前回までは チェーン ホイール と二つご紹介しました じゃあ今日は何かというと タイヤです タイトルにあるパンッ!って音を聴いたことある人は 少なからず自転車に乗ってると1度はあるかもしれません ひよこも中学だったか高校生のときに経験したことがあります あれって自分とは思わないんですよね でも走ってたらなんかゴンゴンなるし 走りにくいしアレ?ってなります じゃあなんでそんなことになるかというと 大きく分けて2つの要因があります 一つはリム打ちと言われるパンク又はバースト(破裂)です これは何かというと 通常の空気圧より低い状態で乗り続けて 段差を上ったり降りたりした時に 地面とホイールでチューブをサンドイッチプレスしてしまい チューブを噛み切ってしまうことです よくある 段差を超えたらパンクしましたってのがコレの可能性大です 次はこちらのタイヤを見ていただくと分かりやすいです 分かりやすいというか一目瞭然 タイヤが磨り減りすぎて中身が出てきてます 中身というより穴が開いてます これはきれーに使い切った感じですね タイヤの外側はゴムで覆われてるので 通常であればこのゴム部分がなくなると交換になります 他にも交換する要因はいくつかありますが 今回のバーストで言えばこの磨り減った状態が一番多いですね なぜこうなるかですが 皆さんの履いている靴 それと同じです 靴底はゴムで出来てます 外を歩けば靴はダメージを少しずつ蓄積します 削れたり消しゴムのように擦ったりと少しずつ少しずつ磨耗します

足元の悲劇【REPAIR】

曇り空だったり晴れたりと天気が安定しませんね それに伴って気温も上がったり下がったりとなんとも言えない。。。 こういう時は何かと変わった修理がくるもんです 先日から立て続けに足元の修理作業がありました 重なった修理が続くのでこの際記事にしておきました 後輪の交換作業ですね 先ずは一枚目 車輪とギヤがV字になってます これは車軸側に問題がある場合に多いですね ネジが緩んでガタが出てしまい そのまま気がつかずに乗り続けてベアリングなどを破壊しちゃうやつです 状態がもっとわるければハブ本体ガワもダメージを与えてしまうので そうなるとホイール交換又は車輪を組み直しになります ただ最近はハブが高いので新たな車輪を入れたほうが お得な場合も多くなったので車輪交換です そしてお次はこちら スポークが5本ほど飛んでます こちらは西院で段差を乗り越えて車輪が回らなくなったとのことです 以前から骨組みは一部折れてたのでしょう そこに段差をいったことでまた折れて完全に駄目になったパターンです ハブ軸とは別にこっちはこっちで車輪が回らなくなるので 引きずってしまうとタイヤも交換になってしまいます なのでこの場合は担いで移動しましょう 車があるなら乗せて運ぶのが一番手っ取り早いです 早期発見が出来ればまだ調整で直ることも多いので お店のスタッフさんにどうするか聞かれた場合は その場で修理するのがオススメです

掃除するなら鉄板アイテム【MAINTENANCE】

来週も天気がイマイチな感じですね 暑すぎるのはい嫌ですが 雨が降り続けるのも困りものです 出かけるのも億劫になる雨の日は 自転車の掃除をして綺麗にしておきましょう 前回はチェーンの油ですが 今回は掃除です じゃあ先ず掃除といえばどうやってするのか 知らない人は何を準備すればいいかまったく分かりませんよね 新聞紙 雑巾 ケミカル類 以上です 新聞紙は床に落ちる汚れを受け取る受け皿です 雑巾はチェーンやフレームを拭いたりするのに使います そしてミソのケミカル系ですが チェーンを清掃するなら鉄板です WAKO'S チェーンクリーナー ¥1,500 +tax 以前も書きましたが ざっくりと掃除するなら中性洗剤でじゃばじゃばして掃除するのが手っ取り早いです でも、しっかりと洗浄して綺麗にしたい それならコレがオススメです スプレータイプなので チェーンにプシューと吹きかけます そして付属の豚毛ブラシで磨いていきます この時にスプロケットも合わせて洗浄してもOKです 液は直ぐに乾燥しないタイプなのでしっかりと掃除ができます チェーンを一周掃除が終わったら パーツクリーナーか水で流します そのまま水に濡らした雑巾でチェーンを握りながら拭き取っても大丈夫です さらにそこから細かく掃除をするならコチラ マルチフォーミングクリーナー ¥1,000 +tax スプレータイプで 泡になります これのすごいのが 最初はあわあわなのですが 汚れがあると見る見る泡が溶けて洗浄してくれるのです そしてこのクリーナーの最大の売りは フレーム全てに使えるということ マット塗装だと掃除後にテカリが出たり なんて場合

チェーンは大丈夫?【MAINTENANCE】

台風が行ってから梅雨が戻ってきたかのように雨が降ったり止んだりです 雨のときの自転車ほど掃除が億劫になることはありません 家に着いたら水は雑巾で拭き取ってあげましょう そしてチェーンに軽く油を差してあげるのがオススメです FINISH LINE バイク ルブリカント ¥600 +tax 自転車の注油と言えばド定番と言われるチェーンオイル 種類は色々とありますが この2種は特に人気です 赤色はドライタイプ 液体がさらさらしてます イメージだとボディーソープみたいな感じのサラサラ感? 特徴として ゴミが付着しにくい ペダリングが軽い などがあります 掃除も比較的楽なのでめっちゃラフに掃除するなら 雑巾でチェーンを握りながら拭き取っての注油です 次にグリーンはウェットタイプ 液体はとろみがあります シャンプーみたいな感じですかね・・・ こっちの特徴は 雨や泥に強い 1度の注油で長持ちする などなど こっちはウェットなので掃除をする時はゴミが付着して黒くなってることが多いんで 掃除の際はクリーナー系を使ってあげるのがオススメです キャップの外し方がちょっと特殊です 押し込みながら回しましょう 両方に言えることですが どうしても横着をしたい場合は中性洗剤を使って掃除するのも一つですが 中性洗剤程度では綺麗に落ちませんので素直にクリーナー類を買うのがオススメです そしてクリーナー系を紹介しようとすると割りと長くなるので 次回の記事に別けて掲載しますのでそちらも合わせてどうぞ さて、次にチェーンの注油の方法ですが 注油するタイミングです これはざっくり言うと3ヶ月に1度くらいです 当然、使用

持ち運びが楽な大容量リヤバック

今年のお盆は初の広島へ行ってきました 輪行もいいかなと思いましたが 旅行中は台風が直球ど真ん中だったので流石に止めておきました。。。 あっちは京都と違ってやはり海沿いが涼しいのなんの あとやっぱり自転車で走ると楽しそうな所でした もし輪行でするならこのバックとかあれば便利だなぁと思いました TOPEAK MTX トランバックDXP ¥11,000 +tax 夏の時期はやはり人気です 専用のキャリアを使って底のレールに差し込んで固定するタイプ 脱着も非常に簡単で取り外すだけなら数秒です さらにこのタイプはサイドパニヤにもなるので 容量を増やしたいときに便利です バックは肩で引っ掛けられるようにショルダーベルトも付属してます 観光地へサイクリングに行って そのまま色々と買い込んでしまって荷物どうしようとなっても サイドパニヤも使えば結構入れられます センター部分は拡張できるようになっており これで容量アップできます 後ろにはボトルを入れられるスペースがあったり バック上部はバランジコードになってるので タオルやウェアなど飛ばないように挟み込むことも出来ます 内容量としては22.6Lと普通のリュックくらいは入る計算 通常のパニヤと違う点はサイド部分が不要であれば収納できる 持ち運びが非常に便利 この2点がやはり強い 括り付けタイプやはめ込み式を使った方ならわかる 収納できる点と持ち運びがショルダーでもっていける点 サイクリングするのに荷物を背負いたくない人にもオススメです なお、このバックを利用する際に専用キャリアが必要です 種類も20種近くあるのでもし取り付けてみたいなぁと思ったら

特価になったスタイリッシュなロードバイク【SALE】

日差しが変わらず強い。。。 もう30度を超えるのは普通になってますね 室内にいても熱中症になるので十分に注意してください もちろんサイクリングをしてても風を受けて涼しくても 熱中症やハンガーノックになってしまうので早めの休憩が必要です 気温は高いですが その暑い時に海沿いを走ると 真っ青な快晴 遠くにおっきくかかる入道雲 涼しい海風と磯の香り その体験をした人にしか分からない体験です 夏のツーリングが人気の訳です 最近は、学生さんも夏休みを利用して帰省するのに 自転車という選択肢が入ってます SNS発信のママチャリでスタートして道中を楽しんだり サイクリングメインとして夏の楽しい思い出を作ったりと 大人になってから実現しにくい事を色々と楽しんでやってますね 今回のご紹介は スポーティなタイプのバイクなので ツーリングよりは軽サイクリング向けな感じです FUJI NAOMI ¥115,000 +tax ↓ ¥92,000 +tax FUJIのロードバイクが特価です サイズは54と大き目のサイズです ロードバイクとしてはホリゾンタルアルミフレームに カーボンフォークがセットになってます 重量は8.9kgと値段にしてはかなり軽い方 パーツはシマノのSORAを装備 クランクはSORA相当のオクタのクランクです ここもSORAに変えるならBBごと変更になります サドルはクッション性が高く ふわっとした感じです そしてここもポイント エンドキャップが締め付けタイプです コレ! 意外と重要 よくふっとんでなくなったてのがあります それは締め付けタイプではなくただのキャップタイプなので 振動や

スウェーデンブランドとコラボのバイク

夏の雲ってふわふわしてて綿飴みたいで美味しそうと 夏休みの小学生がお店の前を通ったときに言ってました 確かに入道雲はそう見えますね 綿飴たべたいなーってついつい思ってしまいます 夏祭りもそこかしこでやってます そこに自転車で行く人も多いかと思います ちょっと変わった自転車で行くのも面白いかもしれません イノベーター クロスバイク 700C ¥32,800 +tax ↓ ¥26,980 +tax スウェーデンのアパレルブランドがコラボしたクロスバイクです ブランド名は「革新者」と意味があり 最近TVやSNSで多く耳にするイノベーションなどと同じ意味合いです スポーツバイクとしては比較的安価なタイプ ちょっと遊びに出かけるのに使えるバイクです サイズはワンサイズのみです グリップも専用品の同色カラーです ヘッドバッジも専用品です 綺麗な発色してるので 今の時期にもぴったりです 自転車も乗りやすく初心者の方でも 15分くらい乗り回せば慣れちゃうと思います 後々のカラーカスタマイズもしやすいので 購入後も色々と遊べちゃいます

一式交換【REPAIR】

もう8月です 中高は夏休み 大学もほぼほぼ夏休みに突入しました サラリーの方は夏休みと言えばお盆などの夏季休暇が あったりなかったりだと思います 聞いた話では イタリアなどは2週間くらい夏季休暇があるそうです 2週間もあれば文字通り何処でも行けますね 毎日使ってる自転車も長期休みで走りに行くこともできるので ツーリングも面白そうです しかし やはり遠出となるとメンテナンスは必要です 今回はリペアかカスタムか悩むところですが 足回りを同グレードにしたのでリペアにしました さて、なぜ足回りを換装したかというと 歯飛びです これはチェーンが伸びてギヤがかみ合わずに 滑ってしまう現象を言います 確認の方法としては色々とありますが 目視確認できるくらいだとかなり磨り減ってます たとえばこのクランクの隙間を見ると かなりスカスカです もちろん交換すれば問題なく走れる場合もあります ただ注意が必要なのは チェーンだけを交換した場合 クランクとスプロケットのかみ合わせは大丈夫なのか? ここが重要です A:スプロケ B:チェーン C:クランク 基本的にはABCは全て新品であればまったく問題ありません しかし AとCを繋ぐ役割をしてるBだけを新品にした場合 古い状態のA,Cと新品のBでは噛み合わせが合わない場合が出てきます これはABCそれぞれが同じように削れて噛み合ってるからです 早期の交換であれば多少古くなったA,Cでも問題なく動きます しかしここで注意が必要なのは 交換以前にどれだけ使用していたかです 今回のように前のクランク(C)とチェーン(B)が見るからに 隙間がある状態だと チェーンを

壊れた場合は片方からでも修理できます【REPAIR】

あまりの暑さに台風もまた増えてきてます 来週くらいにはこの暑さも少しは台風で和らいでくれる。。。。 と思いたいです どっかで既にコンクリート溶けてるんじゃないかってくらいに 外はあっついです このままだと外に置いてる機械など壊れちゃうかもしれませんね 今回の修理はまたちょっと特殊な感じですが ではまず写真を見てみましょう 壊れたのと新しいのです パッと見何処がとなりますが もうちょっと寄ってみましょう これでわかった方も居るかもしれません レバー部分の破損です 左レバーなのでフロントの変速ですね 壊れた理由を聞いてみたのですが どうやらいつの間にか壊れていた模様 内側の部分なので何か重たいものとかが直撃したとかでしょうか。。。 バックリ折れちゃってるので交換です わりと根元くらいから折れてるので 何か強い負荷が掛かったことだけは確かですね 無事交換して修理は完了です シマノの場合は片側からでも取り寄せが出来るので やはり安定のシマノといったところです

大きい展示会へ行ってきました【展示会】

実際に展示会に行ったのは少し前ですが そういえば記事を書いたままアップするのを忘れてましたのでこっそりあげておきましょう 今回はライトウェイの総合展示会です 日本、アメリカ、ドイツと歴史あるブランドを取り扱ってるメーカーです では早速自転車をピックアップしましょう 先ずは同社名でもありブランド名でもある ライトウェイ 一文字「ト」を付け加えると一気に高級軽量ホイールメーカーになったりします *関係ないです スペルも違うのでカタカナで検索するとうっかり? コチラのモデルは高級路線ではなく街乗りメインなので お値段も比較的お安いのが特徴です SHEPHERD ¥57,800+tax 細かくはマイナーチェンジしてますが ほぼほぼ同等品がついてます 大きく変わったといえばタイヤですね 今まではKENDAのタイヤが使われてましたが 今年のモデルからは新たに開発されたオリジナルタイヤを履いてます 耐久性、転がりと性能も高く更に乗りやすくなったモデルです カラーリングもマット調になっており 白がなくなって新たにベージュが追加されてます さてお次はMTBの老舗GTです 最安値のパロマーが少し値上がりしまして ¥41,800 +taxとなりました これはスプロケットが以前まではボスフリーでしたが カセット式に変更になったことで価格が変わりました なので仕様やフレームは従来通りです アグレッサーやアバランチェは新型フレームになりました シートステーとシートチューブがくっついてないのです ドマーネみたいな感じですかね でもこっちは完全に分離してます パロマーは従来通りのフレームです また、ほぼほぼデ

人気車種台数僅かですが入荷してます

真夏日が続いてます 最近の小学校は学校が休みでもプールの開放ってやってないんですね むかーしはあったように思ったんですが もしかしたら一部の学校だけかもしれませんね。。。 ホットな気温ですが 更にホットな情報があります 入荷2,3ヶ月待ちの人気モデル入荷です GIOS MISTRAL ¥51,000 +tax まぁ人気車種です どれくらい人気かというと 自転車を並べてたとして「これください」って言われるくらいには 人気のモデルです 鮮やかなブルー すこし紫も入ってるようにも見えるカラー 最大の特徴はシマノフルスペックですね ブレーキやクランク、スプロケだけでなく WH-R501ホイールとホイールまでシマノスペック もはやフレームのお値段は一体いくらなんだ。。。 と言わんばかりのスペックです タイヤも後々に太くして少しファット気味にすることも可能です また 限定カラーもあります こちらはお値段は ¥53,000 +taxと少しお値段アップです ただ限定カラーなので 無くなり次第終了です 夏のサイクリングに使えるスポーツバイクです 夏が終われば通勤や通学にそのままシフトもできます 次回の入荷は10月くらいでしょうか? お探しの方はお早めにどうぞ

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags

© 2017 by Shimizu Bicycle Site

Orange Bike Co., LTD.